琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
今月の耳寄り情報 〜Pick up〜 21
今回は、皆さんの大正琴にもきっと付いているアクセサリー「ピックケース」の注意すべきポイントです。

1.ピックケースは天板に取付けない
稀にピックケースを天板の上に付けている人を見かけます。
天板に取付けると、ケースにしまったときにピックケースが蓋に当り、天板を押し下げてしまうことがありますので、絶対に天板には取付けないでください。

2.ハート型ピックケースは普通サイズのピック専用です
皆様のご要望で再販が決まったハート型ピックケースですが、このケースは従来からある普通サイズのピック専用です。
近年発売された一回りサイズの大きな「エンボス加工中ピック」は入りませんのでご注意ください。

3.ネームプレート付ピックケースも改良されました
初期ロットでは、車のトランクなど高温の環境に入れておくと、ピックを押さえているソフトビニールが溶ける不具合がありましたが、事例を報告いただいて押さえの方式をバネ式に変更しましたので、この薄型のピックケースもお勧めです。

4.ベースピックもピックケースに
ベースピックをマイクのボリュームダイヤルの隙間に挟んでいる方もいますが、この部分の故障の原因にもなります。
ベースにはベース専用のピックケースを使いましょう。
2013.11.19 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
「琴伝流大正琴第1回東日本大会」で新たな大正琴の絆
11月9日(土)、10日(日)の2日間、仙台市の仙台サンプラザホールで、「琴伝流大正琴第1回東日本大会」が開催されました。
東北地方を中心に、北海道から岡山県までの87グループ、約1,500名が参加し、一昨年発生した東日本大震災の一日も早い復興を願い、大正琴の音色を響かせました。
両日ともプログラムの中程で、異なる県のグループ同士が姉妹グループとして結ばれる式典も行い、大正琴が縁で偶然出逢ったグループが、ほかの地域とは違う特別な関心と思いを持って、ふとした瞬間にお互いのことを思い合う、そんな心の通い路が幾重にも結ばれた演奏会となりました。
また、今回の大会は大正琴の絆がテーマであったため、親戚の家に遊びに来たような温かい雰囲気にしたいと、来場していただいた皆様に、琴伝流のふるさと長野県の特産物「寒天」のインスタントスープをお土産として終演時に配り、普段の大会以上に会場を去る皆様の姿に笑顔が溢れていたように思います。
本大会には、震災の津波により指導者を失った陸前高田市のグループに、岩手県の岩手めんこいテレビが本大会に出演するまでの道のりと、本大会の様子を取材していました。
出演した1,500名の琴伝流の仲間全員が、それぞれに様々な出来事を乗り越えて舞台に立っています。
そう考えたとき、人生で立ち止まってしまったときに、再び足を進めるための力をゆっくり温かく与えてくれるものが、音楽であり、大正琴であり、大正琴の仲間であると確信した素晴らしい演奏会となりました。

琴伝流大正琴第1回東日本大会演奏風景
東日本大震災復興へのそれぞれの思いを込めた演奏

琴伝流大正琴第1回東日本大会姉妹グループ締結式
大正琴の絆が結ばれた姉妹グループの締結式

琴伝流大正琴第1回東日本大会退場時お土産配布
来場者への感謝の気持ちを表した琴伝流からのお土産
2013.11.18 Monday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
赤穂南小学校3年生が見学に訪れました
10月31日(木)に、長野県駒ヶ根市にある駒ヶ根南小学校の3年生約80名が、琴伝流本社を社会見学で訪れてくれました。
会社の前に整列し、元気よく挨拶をもらった後、クラスごとに3グループに分かれて会社内を見学。
展示コーナーでは古い大正琴やギネス世界記録の大正琴を、工場では木を切る機械や組み立ての様子を見学し、最後に2階のホールで全員揃って大正琴の演奏にチャレンジしました。
短時間ではありましたが、何とか1曲を全員で弾いて見学を終え、最後には「大正琴が欲しい」と言ってくれる児童もいて、琴伝流にとっても楽しく嬉しい社会見学でした。

赤穂南小学校3年生社会見学H25-1

赤穂南小学校3年生社会見学H25-2
2013.11.05 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
「第3回大正琴まつり」無事終了
去る10月26日(土)に、「第3回大正琴まつり」が開催されました。
台風27号の通過により、午前中は雨模様の天候となりましたが、富山県、愛知県、埼玉県などの県外の方を含む100名を超える琴伝流の愛好者と、地域の皆様にお集まりいただき、温かいひとときを過ごすことができました。
中でも、アウトレットコーナーは掘り出し物を見つけた方が早々に買い物をしていたほか、無料の豚汁やおにぎりを召し上がりながらゆっくりしていただけたようです。
規模の大きな琴伝流の全国大会や県大会では、お一人お一人とふれあいの時間を持てなくなっているからこそ、このような手作りの素朴な大正琴イベントを大切にする必要があると考えています。
来年も社員一同知恵を絞って温かいおもてなしを企画しますので、次回も多くの皆様にご来場いただけることを願っています。

琴伝流第3回大正琴まつり(アウトレットコーナー)

琴伝流第3回大正琴まつり(豚汁コーナー)

琴伝流第3回大正琴まつり(演奏コーナー)
2013.10.31 Thursday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
「第7回琴伝流シニアコンサート」迫る
11月17日(日)に、名古屋市公会堂で開催される「第7回琴伝流シニアコンサート」が迫ってきました。
事前審査を通過した60歳以上のメンバーで構成される28グループと、本年度全国子ども大正琴コンクール最優秀賞受賞のソロ演奏や、6,7月に広島と東京で開催した「琴伝流コンサート」で観客の皆様が選んだトップグループも出演し、大正琴の魅力を満喫できる演奏会です。
更に今回は特別演奏として、平均年齢が89歳、90才以上6名を含む15名のグループによる演奏もあります。
琴伝流の層の厚さを会場で是非ご覧ください。
「第7回琴伝流コンサート」
 日時:平成25年11月17日(日) 11:45開場、12:20開演、16:30終演予定
 会場:名古屋市公会堂(名古屋市昭和区鶴舞)
 主催:琴伝流大正琴全国普及会
 後援:公益社団法人大正琴協会、CBCラジオ
 入場料:2,500円(全席指定)
入場券は、名古屋市公会堂でも販売しています。
当日券もあります。

第7回琴伝流シニアコンサート
2013.10.28 Monday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
「第3回大正琴まつり」は予定通り行います
本日(10月26日)開催の「第3回大正琴まつり」は、台風の影響が心配されましたが、演奏会場等全て室内に移して予定通り開催します。
週末の予定が台風により取りやめとなった皆様、温かい豚汁を召し上がりながら、のんびりと大正琴の音色を聴いて過ごされてはいかがでしょうか。
10時から15時まで開催しています。
もちろん入場料など不要で、どなたでもお入りいただけます。
皆様のご来場をお待ちしています。
2013.10.26 Saturday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
「第3回大正琴まつり」にお越しください
一昨年から琴伝流本社で始まった手作りのほのぼのイベント「大正琴まつり」は今年で3回目を迎え、今年は、今週末の10月26日(土)に開催します。
当日は大正琴の演奏に加えて、恒例の大正琴アウトレット市や無料の豚汁など、お得がいっぱい。
更に、福引き大会や、大正琴の製造課程で出た木材の端材の無料配布などもありますので、大正琴をやっていない方も来て損はありません。
台風の接近により週末の天候が心配されますが、雨天でも琴伝流本社建物内にて行います。
スタートは10時で、15時頃に終了する予定です。

琴伝流第3回大正琴まつり
2013.10.23 Wednesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
信州を一つに、長野県大会で地域別グループがメドレー演奏
10月13日(日)に、長野市のホクト文化ホールで長野県芸術祭参加の「琴伝流大正琴第34回長野県大会」が開催されました。
長野県は、北信、東信、中信、南信の4地域に別れ、それぞれが高い山で隔てられています。
今でこそ交通網が整備され、各地域間の交流も盛んになっているものの、日常生活においてはどこか一体感に欠けるのが悩みの種です。
そんな長野県だからこそ、大正琴の絆で県を一つに結びたいと、今回は各地域の有志による合同グループを結成し、リレー形式で演奏を企画しました。
北信地域が童謡をアレンジした「琴伝流春のメドレー」を、東信地域が「琴伝流夏のメドレー」を、中信地域が「琴伝流秋のメドレー」を、南信地域が「琴伝流冬のメドレー」を演奏し、演奏者の皆様も、あらためて県内の大正琴愛好者が一体となって大正琴を楽しむ喜びを感じることができたと思います。
こうした演出もあり、今回の県大会は例年以上に心温まる演奏会となりました。

北信グループ「春のメドレー」

東信グループ「夏のメドレー」

中信グループ「秋のメドレー」

南信グループ「冬のメドレー」
2013.10.22 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
今月の耳寄り情報 〜Pick up〜 20
入門から練習を重ね4級頃になると、リズムや指使いが難しくなり、本人も先生も苦労されているようです。
そんな時はちょっと視点を変えて、テナー大正琴を始めてはいかがでしょうか。
童謡集や流行歌集などは、テナー大正琴(T)でベース音(低音パート)を弾くように書かれており、メロディーより譜面がシンプルで、使うボタンも少なく指使いが簡単なので、実際に弾かせてみると「案外弾けて楽しい」と感じてもらえます。
これらの曲集には、指使いの記号は書かれていませんが、弾きやすい指を考えながら練習するのも勉強になります。
2013.10.18 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
「大正琴こころのメロディー」放送予定曲
CBCラジオ「大正琴こころのメロディー」では、大正琴アンサンブルの最高峰「琴伝流コンサート」で演奏された曲をライブ録音し、番組で毎週1曲ご紹介しています。
今後の放送予定は次のとおりです。

【10月13日】 私鉄沿線(はじめのいっぽ)
【10月20日】 Begin the Beguine 〜ビギン・ザ・ビギン(名古屋ゆうの会)
【10月27日】 あの素晴らしい愛をもう一度(さざなみハーモニー)
【11月3日】  朧月夜〜祈り(琴鈴会P・F・SiS)
【11月10日】 I Got Rhythm 〜アイ・ガット・リズム(スイングハープ“Muse”)

<放送時間>
 CBC中部日本放送 日曜日 8:25〜 8:35
※放送曲目等変更となる場合があります。
2013.10.11 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ