琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
駒ヶ根高原大沼湖畔桜まつりで地元グループが演奏
4月29日に、琴伝流の本社のある駒ヶ根市の駒ヶ根高原で、「大沼湖畔桜まつり」が開催されました。
大沼湖畔には昭和42年の植樹で植えられた200本の桜と、10年ほど前から始まった記念植樹による170本の桜があります。
この「桜まつり」は、記念植樹に関わった団体等が主催し今年から始まったイベントで、東千家による野点ての会のほか、地元愛好者による大正琴やハーモニカ演奏が催されました。
天候にも恵まれ、イベントを知らずに訪れた観光客の皆様にも、桜舞い散る静かな湖畔でのんびりとしたひとときを過ごしていただけたようです。

大沼湖畔桜祭り2

大沼湖畔桜祭り1
2012.05.17 Thursday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
フジテレビ系列昼ドラ「ママたちのPTA奮闘記〜7人の敵がいる」に琴伝流が協力
フジテレビ系列で4月から全国で放送が始まった昼の連続ドラマ「ママたちのPTA奮闘記〜7人の敵がいる」(毎週月〜金、13時30分〜14時、東海テレビ制作)で、ドラマ内の大正琴を弾くシーンの技術指導を琴伝流が行ないました。
そのシーンの放送は5月11日(金)と14日(月)の2回に分けて放送される予定です。
お時間のある方は是非ご覧ください。
(放送日・放送内容はテレビ局の都合で変更となる場合があります。)
2012.05.10 Thursday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
民生児童委員総会で大正琴を演奏しました
去る4月24日(火)に、長野県飯島町の飯島文化館で開催された「平成24年度上伊那郡民生児童委員総会」の総会で、アトラクションとして地元で活動する「みこま」の皆さんが大正琴の演奏を披露しました。
総会では、毎年総会開催地に因んだアトラクションを行なっているとのことでしたが、今回は飯島町発祥の琴伝流大正琴に白羽の矢が立ち、約200名の民生委員の方に「宇宙戦艦ヤマト」や「夜桜お七」などの大正琴アンサンブルをお楽しみいただきました。
琴伝流には全国にアトラクション演奏のできるグループが活動していますので、こうした演奏依頼も随時お請けしています。
地元グループによる大正琴演奏は、あまり費用がかからないのも魅力です。
ご興味のある方はお気軽に琴伝流にお問い合せください。

長野県上伊那郡民生児童委員総会演奏
2012.05.08 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
文化放送「純喫茶・谷村新司」で琴伝流を紹介していただきました
琴伝流では、昨年の大正琴誕生100周年記念事業の一環として、谷村新司さんに記念歌「さようならば」を作っていただき、琴伝流の全国大会ほか各地の大会で、大正琴の演奏と客席の皆様の歌声で節目の年を祝ってきました。
去る4月27日、文化放送の人気番組「純喫茶・谷村新司」で、谷村新司さんに届いた一通の手紙からこの話題に触れ、琴伝流と琴伝流大正琴愛好者のバイタリティーを全国の皆様に紹介してくれました。
楽曲発表から2年近く経った今なお、谷村さんが大正琴愛好者のことを心に留めていただいていることを嬉しく思います。
2012.05.07 Monday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
最新流行歌集を特別割引にて販売します
民謡名曲集と最新流行歌集を、琴伝流の方に限り特別値引きで販売いたします。
生徒さんはお習いの先生を通じてご注文いただくようお願いいたします。

・民謡名曲集 1,800円を900円(カセットTK114 700円を350円)
・最新流行歌集(第1、3、10〜23集) 1,000円を500円(各カセットも定価の半額)
  ※第3集は620円を310円、第11集は820円を410円です。
  ※最新流行歌集のカセットは無いものもあります。
2012.04.27 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
学校での大正琴普及活動を支援します
社団法人大正琴協会では、今年度も学校への再生大正琴の寄贈と講習の支援を行ないます。
支援枠に限りがありますが、大正琴協会正会員の方で学校への寄贈や講習の予定がある方は琴伝流本社へご相談ください。
 ◆対象講習
   小中高校の授業、課外活動、クラブ活動および学童保育等の3回以上の講習
 ◆対象期間
   平成24年4月1日から平成25年2月末まで
 ◆申請締切り
   平成24年5月21日(月)
 ◆その他
   助成対象の決定は大正琴協会が行ないます。
2012.04.24 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
文化放送「サエラと歌おう桜の歌声パーティー」開催
文化放送の企画する「サエラと歌おう桜の歌声パーティー」が、4月12日(木)に東京の東京プリンスホテルで約100名のお客様を迎えて開催されました。
第1部は文化放送で「サエラと歌おう〜ニッポニアソング」のパーソナリティーのピアノとボーカルの女性ユニットサエラが歌声喫茶スタイルで進行し、第2部は琴伝流の6グループが2曲ずつ演奏し、1曲は合唱を交えて、1曲は大正琴アンサンブルを聴いていただくという、楽しい演奏会となりました。
今年は桜の開花が遅れたため、当日は桜舞い散る中、ケーキと飲物を楽しみながらのひとときとなり、歌が大好きなお客様と大正琴が大好きな琴伝流の仲間がそれぞれに満足していただけたと思います。
発表会の最後に大正琴の演奏に合わせて客席の皆様にも歌っていただくという例は時々見られますが、歌を歌っていただくための演奏会も意外な出逢いもあり面白いと感じました。

サエラと歌おう桜の歌声パーティー1

サエラと歌おう桜の歌声パーティー2
2012.04.23 Monday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
平成23年度学校等への再生大正琴寄贈および講習活動実績
平成23年度の社団法人大正琴協会事業である、学校等への再生大正琴の寄贈と講習実績の琴伝流分をご報告します。
<再生大正琴寄贈先> 27校
  池田町立利別小学校(北海道)、美幌町立東陽小学校(北海道)、
  東金市立鴇嶺小学校(千葉県)、あさしな児童館(長野県)、
  糸魚川市立糸魚川小学校(新潟県)、島田市立金谷小学校(静岡県)、
  島田市立島田第三小学校(静岡県)、島田市立神座小学校(静岡県)、
  島田市立島田第四小学校(静岡県)、島田市立五和小学校(静岡県)、
  吉田町立中央小学校(静岡県)、島田市立六合小学校(静岡県)、
  豊田市立梅坪小学校(愛知県)、高山市立宮小学校(岐阜県)、
  王寺町立王寺北小学校(奈良県)、京都市立伏見住吉小学校(京都府)、
  京都教育大学附属京都中学校(京都府)、高槻市立上牧小学校(大阪府)、
  忠岡町児童館(大阪府)、北島町立北島小学校(徳島県)、
  宮崎市立住吉小学校(宮崎県)、那覇市立松川小学校(沖縄県)、
  那覇市若狭公民館(沖縄県)、那覇市若狭児童館(沖縄県)、
  沖縄尚学高等学校(沖縄県)、那覇市立若狭小学校(沖縄県)、
  沖縄市立泡瀬小学校(沖縄県)

<大正琴講習先> 40校
  池田町立利別小学校(北海道)、美幌町立東陽小学校(北海道)、
  八王子市立大和田小学校(東京都)、横浜市立葛野小学校(神奈川県)、
  東金市立鴇嶺小学校(千葉県)、飯能市立富士見小学校(埼玉県)
  あさしな児童館(長野県)、飯島町立飯島中学校(長野県)、
  柏崎市立柏崎小学校(新潟県)、柏崎市立大洲小学校(新潟県)、
  糸魚川市立糸魚川小学校(新潟県)、島田市立金谷小学校(静岡県)、
  掛川市立西山口小学校(静岡県)、島田市立島田第三小学校(静岡県)、
  島田市立神座小学校(静岡県)、島田市立島田第四小学校(静岡県)、
  島田市立五和小学校(静岡県)、吉田町立中央小学校(静岡県)、
  島田市立六合小学校(静岡県)、豊田市立梅坪小学校(愛知県)、
  高山市立宮小学校(岐阜県)、王寺町立王寺北小学校(奈良県)、
  京都市立伏見住吉小学校(京都府)、京都教育大学附属京都中学校(京都府)、
  高槻市立上牧小学校(大阪府)、忠岡町立東忠岡小学校(大阪府)、
  忠岡町児童館(大阪府)、廿日市市立宮内小学校(広島県)、
  北島町立北島小学校(徳島県)、朝倉市立金川小学校(福岡県)、
  朝倉市立三奈木小学校(福岡県)、和水町立菊水西小学校(熊本県)、
  宮崎市立七野小学校(宮崎県)、宮崎市立住吉小学校(宮崎県)、
  那覇市立松川小学校(沖縄県)、那覇市若狭公民館(沖縄県)、
  那覇市若狭児童館(沖縄県)、沖縄尚学高等学校(沖縄県)、
  那覇市立若狭小学校(沖縄県)、沖縄市立泡瀬小学校(沖縄県)
2012.04.20 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
「平成24年度全国子ども大正琴コンクール」出場者募集
「平成24年度全国子ども大正琴コンクール」が、8月25日(土)に名古屋市の「ウィルあいち」で開催されます。
参加をご検討されている方は応募用紙を琴伝流本社にご請求ください。
平成18年に琴伝流がスタートさせ、平成21年から大正琴協会に移管したこのコンクールは、今では公益社団法人を目指す同協会のメイン事業に位置付けられています。
また、参加グループも琴伝流で習う子供たちが過半数を占め、常に上位入賞も果たしています。
一般的なコンクール同様、会場で演奏し審査する「ライブ参加の部」のほかに、撮影したビデオ映像を送るだけで会場に出向く必要のない「ビデオ参加の部」もあります。
コンクールというと上手なグループばかりではと応募を迷われる方も多いようですが、新年度から始めたグループの参加も少なくありません。
子供たちに目標を持って大正琴を楽しんでもらうことが目的の参加料も不要なコンクールですので、お気軽にチャレンジしてください。
 ◆本選日時 平成24年8月25日(土) 13時〜17時頃(予定) 
 ◆本選場所 ウィル愛知(名古屋市東区)
 ◆参加資格 高校生以下の子供だけで編成されたグループまたは個人
 ◆部 門  ライブ参加の部、ビデオ参加の部
        各部とも平均年齢別に4部門があります。
 ◆応募締切 平成24年7月6日(金)必着
 詳しくは「全国子ども大正琴コンクール」のホームページをご覧ください。
2012.04.18 Wednesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
文部科学大臣からの感謝状が新聞に掲載されました
平成23年度の「全国生涯学習ネットワークフォーラム」参加に対し、文部科学大臣から感謝状をいただいたニュースは過日ご案内しましたが、この話題が平成24年4月1日付けの長野日報に掲載されました。
大正琴に関する話題が多くの方の目に触れることで、大正琴愛好者にみなぎる元気を感じていただき、大正琴を始めるきっかけになってくれれば幸いです。

文部科学大臣感謝状記事(長野日報H24.4.1)
2012.04.16 Monday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ