琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
出場グループ募集(全国大会・県大会)
現在出場グループの募集をしている琴伝流の全国大会や県大会をお知らせします。
申込先の連絡先は、ホームページ上メニューボタン「琴伝流の歴史の紹介」内の右メニューボタン「本部教室」のページをご覧ください。
また、ほとんどの県大会が他県のグループの参加も可能です。
仲の良いメンバーで旅行を兼ねて参加されてはいかがでしょうか。
詳細は申込先本部にお問い合わせください。

【開催日順】

◆第11回北陸大会
  日 時 :平成30年7月1日(日)
  会 場 :黒部市国際文化センター(黒部市)
  人 数 :1グループ 〜35名
  出場料 :1人1回3,000円(10名以下は30,000円)
  申込先 :琴伝流本社
  申込締切:平成30年3月10日(土)
  申込方法:次の項目を記入の上、ハガキまたはFAXでお申し込みください
       (1)グループ名、(2)人数、(3)演奏曲目、(4)代表者名、(5)連絡先
  パート人数:置き琴による演奏会です。
        各パート最大人数 S16、A16、T2、B2
  その他 :全国各地からご参加いただけます。

◆第17回山形県大会
  日 時 :平成30年8月5日(日)
  会 場 :寒河江市市民文化会館(寒河江市)
  人 数 :1グループ 〜28名
  出場料 :1人1回3,000円
  申込先 :琴伝流東北本部または琴伝流本社
  申込締切:平成30年4月4日(水)
  申込方法:次の項目を記入の上、ハガキまたはFAXでお申し込みください
       (1)グループ名、(2)人数、(3)演奏曲目、(4)代表者名、(5)連絡先
  その他 :全国各地からご参加いただけます。

◆第29回神奈川県大会
  日 時 :平成30年9月14日(金)
  会 場 :海老名市文化会館(海老名市)
  人 数 :1グループ 12〜40名
  出場料 :1人1回3,000円
  申込先 :琴伝流関東本部または琴伝流本社
  申込締切:平成30年3月23日(金)
  申込方法:次の項目を記入の上、ハガキまたはFAXでお申し込みください
       (1)グループ名、(2)人数、(3)演奏曲目、(4)代表者名、(5)連絡先
  パート人数:置き琴による演奏会です。
        各パート最大人数 S21、A14、T3、B2
  その他 :練習室はありません。

◆第28回西日本大会
  日 時 :平成30年9月15日(土)
  会 場 :宝山ホール(鹿児島市)
  人 数 :1グループ 12〜54名
  出場料 :1人1回3,500円
  申込先 :琴伝流九州本部・所属本部または琴伝流本社
  申込締切:平成30年5月10日(木)
  申込方法:次の項目を記入の上、ハガキまたはFAXでお申し込みください
       (1)グループ名、(2)人数、(3)演奏曲目、(4)代表者名、(5)連絡先
  パート人数:置き琴による演奏会です。
        各パート最大人数 S28、A22、T2、B1

◆第12回琴伝流シニアコンサート
  日 時 :平成30年10月20日(土)
  会 場 :仙台サンプラザホール(仙台市)
  人 数 :1グループ 〜20名
  出場料 :1人1回7,000円(5名以下は35,000円)
  参加資格:メンバー全員が60歳以上のグループ
  申込先 :琴伝流本社
  申込締切:平成30年7月6日(金)
  申込方法:専用の応募用紙に応募曲を録音したSDカード(CD-R)を添えて
       お申し込みください
  その他 :事前審査通過グループのみが出場できます。
       詳細は琴伝流本社へお問い合わせください。
2018.03.09 Friday | 演奏会のご案内 | trackbacks(0)
平昌オリンピック演奏の様子が新聞に掲載されました
2月10日と11日に韓国江陵(カンヌン)で行った、平昌冬季オリンピック文化交流事業の様子が新聞に掲載されました。
スポーツの祭典を文化で盛り上げることの意義を改めて感じ、今後の活動の励みとしたいと思います。

平昌オリンピック演奏新聞記事(長野日報H30.2.15)
長野日報(H30.2.15)
2018.03.08 Thursday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
大正琴・周辺商品
大正琴と周辺商品でカタログ更新後に新発売ならびに販売終了となったものをお知ら
せします。
                   (価格表示は全て税込み)
【新発売】
  ・キャラクター保冷バッグ   税込価格   600円
  ・琴伝流矢絣手ぬぐい     税込価格   500円
  ・アンプ(ローランド)KC-80  税込価格 48,000円
  ・ICレコーダー V-862     税込価格  7,500円
  ・軽量ケース(テナー用)   税込価格 12,000円
  ・楽曲目録2018        税込価格   300円

【価格変更】
   更新後の追加はありません

【仕様変更】
   更新後の追加はありません

【販売終了】
   アンプローランド KC-60(KC-80へモデルチェンジ)
   新らくらくレコーダー DP-301
   リズミーナ
   年賀ピック(戌)
   黒ケース(テナー用)
   折りたたみ譜面台
2018.03.07 Wednesday | 新商品情報 | trackbacks(0)
神奈川県から表彰されました
大正琴でのボランティア活動を初めて15年になります。
泉区社会福祉協議会を通して依頼を受け、月に20か所ほど訪問するので、ほとんど毎日、誰かが何処かの施設で大正琴を弾いています。
演奏を聴いていただくだけでなく、季節に合った曲を選び、大きな歌詞カードを作り、お一人ずつに配って皆さんで歌っていただきます。
曲は主に童謡や昭和歌謡なので、「この曲大好き」とか「この映画見ました」など、思い出話で盛り上がったりします。
このような活動が認められ、平成21年に泉区表彰、平成26年に横浜市長表彰を受けて、この度は神奈川県社会福祉協議会から表彰状が届きました。
色々な分野でたくさんのボランティア団体が活動していることを知りました。
神奈川県全地域の中から、泉大正琴サークルを選んでいただき、活動を続けていく大きな励みになります。
この小さな楽器が社会福祉つなげてくれたのです。
本当に「大正琴万歳!!」です。
(神奈川県・小山先生のお便り)

神奈川県・小山先生H29
2018.03.06 Tuesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
曲集・歌集・ピース譜面
カタログ更新後に新しく発売された曲集・歌集・ピース譜面をお知らせします。
                       (価格は全て消費税込み)
【教本】
   更新後の追加はありません
【曲集】
  「青春のうた 第2集」 1973〜1978
    五番街のマリーへ、僕の胸でおやすみ、結婚するって本当ですか、
    22才の別れ、岬めぐり、「いちご白書」をもう一度、サボテンの花、
    シクラメンのかほり、時代、卒業写真、なごり雪、無縁坂、池上線、
    青春時代、いい日旅立ち
  「青春のうた 第3集」 1978〜2004
    夢一夜、異邦人、贈る言葉、乾杯、シルエット・ロマンス、
    桃色吐息、百万本のバラ、少年時代、サライ、春よ,来い、
    未来へ、地上の星、涙そうそう、栄光の架橋、ハナミズキ
  「美空ひばり曲集◆
    あの丘越えて、裏町酒場、お夏清十郎、おまえに惚れた、
    悲しき口笛、車屋さん、素敵なランデブー、花笠道中、
    人恋酒、みだれ髪、港町十三番地、私は街の子
  「美空ひばり曲集」
    哀愁出船、哀愁波止場、角兵衛獅子の唄、悲しい酒、
    川の流れのように、しのぶ、人生一路、東京キッド、
    長崎の蝶々さん、ひばりの花売り娘、リンゴ追分、別れの宿
【歌集価格改定】
   更新後の追加はありません
【ピース新刊】(カッコ内は主な歌手名等)
  625 愛人(テレサ・テン)      4部編成・難易度3 500円
  626 バス・ストップ(平浩二)    4部編成・難易度4 500円
  627 あなたの心に(中山千夏)    4部編成・難易度3 500円
  628 銀座カンカン娘(高峰秀子)   4部編成・難易度4 500円
  629 男の絶唱(氷川きよし)     4部編成・難易度3 500円
  630 「いちご白書」をもう一度    4部編成・難易度3 500円
  631 小さな旅(岩崎宏美)      4部編成・難易度3 500円
  632 笑って許して(和田アキ子)   4部編成・難易度4 500円
  633 異邦人(久保田早紀)      4部編成・難易度3 500円
  634 学園広場(舟木一夫)      4部編成・難易度3 500円
  635 雨が止んだら(朝丘雪路)    4部編成・難易度4 500円
  636 わたしの青い鳥(桜田淳子)   4部編成・難易度3 500円
【今後のピース発行予定】
  襟裳岬(森進一)
    ※発売順が変更となる場合があります
【今後の歌集発行予定】
   更新後の追加話ありません
【シングル新刊】
   更新後の追加はありません
【ピース改定再版発行】
   更新後の追加はありません
【ピース再版】
   更新後の追加はありません
【歌集完売・廃刊】
  「永遠の古賀メロディ」
【価格改定】
  「童謡・唱歌集」春〜冬   新価格 税込2,000円(再版分より)
  「流行歌集」A〜F     新価格 税込2,000円(再版分より)
2018.03.05 Monday | 新商品情報 | trackbacks(0)
出張講習の予定
講習日が不定期の本部および本部職員が出張にて講習を行う会場を中心に掲載いたします。
それぞれの講習内容と本部教室の講習予定は、直接担当本部にお問い合わせください。

【広島】(広島アステールプラザ)
  ・3月14日(水)
  ・3月15日(木)
  ・4月19日(木)
【高松】(高松テルサ)
  ・3月 6日(火)
  ・3月13日(火)
  ・3月20日(火)
【高知】(高知市弥右衛門ふれあいセンター)
  ・3月29日(木)
【熊本】(大江公民館)
  ・3月 6日(火)
  ・3月27日(火)
【宮崎】(安楽寺会館)
  ・3月15日(木)
【鹿児島】(ファミリープラザ明和)
  ・3月14日(水)
【沖縄】(沖縄船員会館)
  ・3月17日(土)
  ・3月18日(日)
2018.03.02 Friday | 出張講習予定 | trackbacks(0)
平昌冬季オリンピック文化交流事業報告 その5
片付けを終えバスでソウルまで再び3時間半ほどかけて移動し、市内で夕食を済ませホテルにチェックイン。
出演者全員で遅くまで賑わう明洞の繁華街を散策し、名残惜しい韓国最後の夜を楽しんだようです。
翌12日は早朝にホテルを出発し午前中の便で金浦空港から羽田に帰国し、韓国国内の片道時間を上回る4時間半かけて駒ヶ根に戻ってきました。
寒さが心配されましたが、滞在中は琴伝流本社のある駒ヶ根市とさほど変わらない気温で、体調を崩す人もなく国内移動を含め4泊5日の全日程を無事終えて責任を果たせたことに安堵しています。
同行の長野県職員の皆様、現地ガイドの皆様に心から感謝いたします。

平昌オリンピック演奏(羽田空港)
羽田空港で帰路のバスに乗車して肩の荷が下り笑顔の出演者
2018.03.01 Thursday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
台湾大正琴コンサート
昨年台湾での大正琴コンサートに行って参りました。
海外演奏も10回を重ね年齢も重ねてきましたので、これが最後かもしれないと思い参加しました。
インターネット等でPRした効果で、開演前からお客様が行列を作って並んでくださる姿に私達は胸が熱くなり、リハーサルを途中で止めて会場内にご案内しました。
あっという間に会場は満席となり、保安宮のご挨拶の後、一緒に口ずさめる曲等を15曲演奏しました。
16年前、日本に留学に来ていて私の教室で大正琴を習っていた2人も加わり、認定講師の資格を取得した腕前は変わらずでした。
演奏の後、50人位の人達がステージに上がり琴に触れ、「ゆうやけこやけ」を弾いたり、94歳のおばあちゃんが日本の教育勅語を最後まで暗唱したり、舞台は大賑わいでした。
食べ物も美味しく、とても楽しい演奏旅行でした。
(東京都・矢野先生のお便り)

東京都・矢野先生H29
2018.02.28 Wednesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
関西から東北へ 第2弾
3年前の陸前高田と大船渡慰問演奏に続き、今回は気仙沼と大船渡での演奏となりました。
初日の気仙沼は、大正琴と機材を車で運び、メンバーの到着を待っての演奏でした。
集合住宅が建設されて移り住んだばかりのコミュニティーセンターでの演奏。
手拍子や鈴を持って振ってもらったり、演奏後は皆さんとお話し合いする時間を持つことができました。
翌日の大船渡は、被災後建てられた介護施設での演奏。
系列の施設からも演奏を聴きに来ていただき、職員さんの盛り上げの力も加わって演奏は頂点に。
楽しい時間を共にすることができました。
お見送りいただいた姿は今でも忘れることができません。
後日、各所からお礼や感謝の手紙をいただきました。
(滋賀県・園先生のお便り)

滋賀県・園先生H29
2018.02.27 Tuesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
平昌冬季オリンピック文化交流事業報告 その4
1時間半ほどのオリンピックパーク散策を終え演奏会場に戻り、暖かい弁当を食べた後、13時から「Art on stage」と題された私達の公演がスタート。
出演者の覚えたての韓国語による自己紹介に暖かい拍手をいただいて気持ちよく演奏を始め、前日と同じ7曲を演奏し終えると、今度は大きな拍手に送られて舞台を降りました。
この演奏が最後ということで、衣装の法被に付けた琴伝流のピンバッヂを舞台裏で出番を待つ各国の公演団の方にプレゼントしたところ、ラオスの公演団の方からはお返しにキーホルダーをいただくなど、公演団間の交流も図ることができました。

平昌オリンピック演奏(江陵アートセンターパンフレット)
「Art on stage」パンフレットには各国の公演団の紹介も掲載

平昌オリンピック演奏(江陵アートセンター)
「アンニョンハセヨ」と韓国語の自己紹介に一気に会場が和む
2018.02.26 Monday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ