琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
全国大会・県大会
琴伝流主催の全国大会や県大会をご紹介します。
グループが心をひとつにして演奏する大正琴音楽をお楽しみください。
(開演・終演時間は都合により変更となる場合があります。)
新型コロナウイルス感染予防対策のため中止または延期となった大会は◆・▲印が付いています。
◆・▲印の付いていない大会も、今後中止または延期とする場合があります。
【7月7日(火)】
 ◆中止:第34回東京大会
     東京/江戸川区総合文化センター/
【7月8日(水)】
 ▲延期:第33回琴伝流コンサートin鹿児島 →12月10日(木)へ
     鹿児島/かごしま県民交流センター/
【7月12日(日)】
 ◆中止:第21回栃木県大会
     栃木/栃木文化会館/9:40〜16:00
【7月15日(水)】
 ◆中止:第24回福島県大会
     福島/とうほうみんなの文化ホール/10:00〜15:00
【7月17日(金)】
 ◆中止:第14回大阪大会
     大阪/豊中市立文化芸術センター/10:00〜16:00
【7月21日(火)】
 ◆中止:第26回北海道大会
     北海道/旭川市大雪クリスタルホール/
【8月2日(日)】
 ◆中止:和歌山フェスティバル
     和歌山/粉河ふるさとセンター/
 ◆再延期:第17回宮崎県大会
     宮崎/宮崎市民プラザオルブライトホール/12:30〜16:00 →来年へ
【8月5日(水)】
 ◆中止:第19回山形県大会
     山形/伝国の杜置賜文化ホール/10:30〜15:00
【8月23日(日)】
 ◆中止:第36回岐阜県大会
     岐阜/各務原市民会館/
【9月6日(日)】
 ◆中止:第22回岩手県大会
     岩手/岩手県民会館/
【9月13日(日)】
 ◆中止:第30回記念西日本大会
     山口/下関市民会館/10:00〜15:00
【9月22日(火)】
 ▲延期:第31回静岡県大会
     静岡/静岡市民文化会館/ →R3年3月11日(木)へ
【9月26日(土)】
 ・第31回新潟県大会
     新潟/越後妻有文化ホール段十ろう/
【9月27日(日)】
 ・第22回徳島県大会
     徳島/徳島郷土文化会館あわぎんホール/
【9月29日(火)】
 ◆中止:第31回神奈川県大会
     神奈川/海老名市文化会館/10:00〜15:00
【10月10日(土)】
 ◆中止:第36回埼玉県南部地区大会
     埼玉/ウィズもろやま/10:00〜15:40
 ◆中止:第11回沖縄県大会
     沖縄/国立劇場おきなわ/12:00〜16:00
【10月11日(日)】
 ・第41回長野県大会
     長野/上山田文化会館/
【10月24日(土)】
 ・第10回大正琴まつり
     長野/琴伝流本社/
【11月3日(火)】
 ・第23回東北大会
     宮城/仙台サンプラザホール/
【11月8日(日)】
 ■検討中:第35回国民文化祭・みやざき2020「大正琴の祭典」
     宮崎/宮崎市民会館/
     ※公益社団法人大正琴協会主催
     ※国文祭は延期が決定しています。
【11月18日(水)】
 ・第14回琴伝流シニアコンサート
     神奈川/鎌倉芸術館/
【11月28日(土)】
 ・第17回香川県大会
     香川/三木町文化交流プラザ/10:00〜15:00
【12月6日(日)】
 ・第17回兵庫県大会
     兵庫/赤穂ハーモニーホール/ 【12月10日(木)】
 ・第33回琴伝流コンサートin鹿児島
     鹿児島/かごしま県民交流センター/
【12月16日(水)】
 ・第22回京都大会
     京都/京都コンサートホール/
令和3年
【3月11日(木)】
 ・第31回静岡県大会
     静岡/静岡市民文化会館/
2020.07.02 Thursday | 演奏会のご案内 | -
7月の琴伝流の営業について
7月の琴伝流本社の営業は、6月同様に営業予定だった第2、第4土曜日を休業とするほかは通常営業します。
各本部教室も、引き続き感染予防対策を行って通常営業を行います。
ただし、本部は都合により不定期で臨時休業とする場合がありますので、本部にお越しの際は事前に営業をご確認ください。
先月から全国のほとんどの教室が再開し、琴伝流にも活気が戻りつつあります。
新型コロナウイルスの感染者が暫く発生していない地域も、油断せず感染予防の基本を実行して大正琴を楽しみましょう。
2020.07.01 Wednesday | 琴伝流ニュース | -
アマビエ大正琴バージョン待受けが新聞に掲載されました。
大正琴愛好者のお守り「アマビエ大正琴バージョン」の待受け画面の話題が新聞で紹介されました。
「アマビエ大正琴バージョン」の可愛いイラストが、多くの方の気持ちを前向きにしてくれることを願っています。

左:中日新聞(R2.6.21)、右:長野日報(R2.6.22)
アマビエ待受け(中日新聞・長野日報)
2020.06.30 Tuesday | 琴伝流ニュース | -
大正琴協会第8回通常総会が終了しました
6月18日(木)にオンラインにより「公益社団法人大正琴協会第8回通常総会」が開催されました。
今年は新型コロナウイルスが文化活動に長期に亘って影響を及ぼすことが予想されることから、少しでも大正琴の普及に携わる方々の負担軽減を図るため、令和2年度の正会員会費の免除に関する議案も諮られ、賛成多数で可決されました。
また、2年に一度の役員改選も行われ、琴伝流会長北林篤が副理事長に就任しました。
平成5年に4,500名の正会員で発足した大正琴協会は、愛好者の高齢化等により正会員が3,300名に減少し、活動の原資である年会費も減少しています。
これに今回の年会費免除が加わり、当面は活動もままならない厳しい状況での門出となりますが、大正琴音楽文化の発展を第一に、協会加盟非加盟に関わらず全ての大正琴愛好者が笑顔で充実した人生を過ごすため、公益社団法人副理事長としての役割を果たして参ります。
2年間よろしくお願いいたします。
2020.06.29 Monday | 琴伝流ニュース | -
「アフターコロナの文化活動要望書」が新聞に掲載されました
6月8日に駒ヶ根市に提出した「アフターコロナの文化活動要望書」が新聞に掲載されましたのでご紹介します。

アフターコロナ要望書(中日新聞R2.6.11)
中日新聞(R2.6.11)

アフターコロナ要望書(長野日報R2.6.9)
長野日報(R2.6.9)
2020.06.26 Friday | 琴伝流ニュース | -
YouTubeに「東京の灯よいつまでも」レッスン動画追加
YouTube琴伝流専用チャンネル「大正琴ミュージアム」のレッスン動画第2弾を公開し始めました。
曲名は「東京の灯よいつまでも」で、この曲は次回全国大会の合同グループ演奏曲のひとつでもあります。
全国大会にこの曲で参加される方は、ソプラノパート抜きの動画を使って合同グループの演奏練習もできます。
もちろん前回の「パプリカ」同様に、今後順次公開される動画で他のパート練習もできます。

「東京の灯よいつまでも」ソプラノ編

なお、これまで琴伝流の製本された曲集は流派を問わずご購入いただけましたが、ピース楽譜は琴伝流の指導者限定販売となっていました。
購入を希望される他流派の方が増えていることから、初版発行から一定期間経過したピース楽譜に限り流派を問わずご購入いただけることとし、この「東京の灯よいつまでも」(4部合奏)も税込500円で販売します。
ご希望の方は琴伝流本社(TEL0265-81-7500)までお問い合わせください。
琴伝流で指導者の皆様には著作権法順守の徹底をお願いしています。
他流派の皆様も楽譜のコピーは禁止されていますので、お使いになる人数分のご購入をお願いします。
2020.06.25 Thursday | 琴伝流ニュース | -
「国民文化祭・みやざき2020」が来年に延期されました
今年10月17日から12月6日の日程で開催予定だった「第35回第35回国民文化祭・みやざき2020」と「第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」が、新型コロナウイルスの影響により来年7月上旬から10月中旬の開催に延期されることが県公式ホームページで発表されました。
来年10月30日から11月21日には「第36回国民文化祭・わかやま2021」と「第21回全国障害者芸術・文化祭わかやま大会」が開催され、異例の年2回開催となります。
今年11月8日(日)に宮崎市民文化ホールで開催を予定していた公益社団法人大正琴協会主催「大正琴の祭典」につきましては、同協会からの発表があり次第改めてお知らせします。

第35回国民文化祭宮崎県実行委員会、第20回全国障害者芸術・文化祭実行委員会事務局
公式ホームページ
2020.06.24 Wednesday | 琴伝流ニュース | -
置き琴による演奏会の運営方法変更について
琴伝流主催の演奏会は8月まで中止や延期が決定しており、早期の再開を望む声がたくさん届いています。
現在、演奏会再開に向け開催方法等を検討していますが、多くの出場者が舞台にセットされた大正琴を共用する置き琴の演奏会は、感染予防の観点からグループ入れ替えごとの消毒が必要になり運営に大きな支障が出てしまいます。
そこで、今後演奏会が再開できた場合であっても置き琴を予定していた全て各自で大正琴を持参していただく方式に変更する場合があります。
お互いの健康を守るためにご理解をお願いします。
2020.06.23 Tuesday | 琴伝流ニュース | -
駒ヶ根市にアフターコロナの文化活動要望書を提出しました
文化は長い歳月をかけて人の交流により高められ、人々を幾重にも繋ぐ大切な社会インフラの役割も果たしてきました。
文化愛好者にとって生甲斐である教室活動や発表会が新型コロナウイルスの感染防止のために次々と中止となり、文化活動はかつてない危機に直面しています。
憲法25条には「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」とあり、文化を守り高めることは新型コロナウイルスから健康を守ることと並んで国民生活の根幹です。
その両立を図るべく、「新しい生活様式」の意図に沿った対策を各文化団体が創意工夫して、行政と力を合わせてこの難局を乗り切るために駒ヶ根市の文化団体有志により、6月8日(月)に駒ヶ根市の伊藤祐三市長へ次の項目の要望書を手渡しました。

<市民の文化活動に関する要望>
 1.生き甲斐の源となる発表の場の確保(文化祭等の一律中止の回避)
 2.施設利用料、登録料、冷暖房費等の減免または補助
 3.換気のため窓を開放して文化活動を行うことへの施設並びに市民の理解啓発
 4.消毒液等の感染予防措置を主催者が準備できない場合の支援
 5.大ホール等の短時間で効率的な換気方法の検討
 6.施設利用に関する基本ルールの柔軟な対応

伊藤市長は前職の共同新聞社社員の頃から東京で琴伝流の全国大会やコンサートをご覧いただいており、大正琴愛好者の文化活動をよくご存じです。
今回の要望書に対しても「これまでは暮らしを守ることを最優先に行ってきたが、文化の大切さも再確認したので今後の政策に生かしていきたい」とのお言葉をいただきました。
「健康で文化的な生活」をキーワードとしたこの流れが全国に広がることを期待しています。

アフターコロナ文化活動要望書
アフターコロナ文化活動要望書を読み上げる北林琴伝流会長
2020.06.22 Monday | 琴伝流ニュース | -
出場グループ募集(全国大会・県大会)
現在出場グループの募集をしている琴伝流の全国大会や県大会をお知らせします。
申込先の連絡先は、ホームページ上メニューボタン「琴伝流の歴史の紹介」内の右メニューボタン「本部教室」のページをご覧ください。
また、ほとんどの県大会が他県のグループの参加も可能です。
仲の良いメンバーで旅行を兼ねて参加されてはいかがでしょうか。
詳細は申込先本部にお問い合わせください。

【締切の近い順】
◆第23回東北大会
  期 日 :令和2年11月3日(火・祝)
  会 場 :仙台サンプラザ(仙台市)
  人 数 :1グループ 10〜36名
  出場料 :1曲…1人1回3,000円(10名以下30,000円)
  申込先 :琴伝流東北本部または本社
  申込締切:7月15日(水)
  申込方法:次の項目を記入の上、ハガキまたはFAXでお申し込みください
       (1)グループ名、(2)人数、(3)演奏曲目、(4)代表者名、(5)連絡先
  その他 :全国各地からご参加いただけます

※新型コロナウイルス感染状況によっては延期または中止となる場合は、申込代表者に個別に連絡します。
※新型コロナウイルス感染拡大の影響により、教室活動ができない地域が多くあることに配慮して、締切日を過ぎても一定期間申し込みを受け付けます。
2020.06.19 Friday | 演奏会のご案内 | -

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ