琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
介護老人保健施設で初演奏
5歳児2名と、小学2年生、5年生の子供たちと夏休みの成果を近くの老健施設にて8曲演奏してきました。
1曲弾く度に「上手だね」と声援をいただき、自信とやる気が具わりました。
3歳の孫も土曜の練習にアンパンマンの大正琴を片手に仲間とワイワイしています。
来年の子供大正琴コンクールのライブ部門への参加を目標にして練習です。
(愛知県・石川先生のお便り)

愛知県・石川先生H26-2

愛知県・石川先生H26-1
2014.10.15 Wednesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
梅坪小学校大正琴クラブの活動
梅坪小学校の大正琴クラブが始まって今年で9年目に入りました。
今回校長先生がクラブについて書いてくださいました。
(愛知県・大杉谷先生のお便り)

愛知県・大杉谷先生・梅坪小学校H26.8
2014.09.16 Tuesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
日本・スイス親善コンサートに出演して
日本とスイスの国交樹立150周年の年、スイスとの親善コンサート出演のため、神戸会場日曜教室「さくらチーム」4名と、水曜日教室「ばらチーム」4名が参加しました。
5月11日、成田空港を出発、約15時間後にジュネーブに到着。
2日目には「国連本部」「サン・ピエール大聖堂」等々、ジュネーブの街並みを散策、美しいレマン湖畔の景観を堪能しました。
3日目の午後8時より演奏会、スイスの音楽の殿堂「ヴィクトリア・ホール」にて、あまりにも荘厳な雰囲気に一同緊張の面持ちでいよいよ本番。
緊張も和らぎ「さくらチーム」が「ビューティフル・サンデー」ほか3曲、「ばらチーム」が「愛のロマンス」ほか3曲、両チーム合同で「ふるさとは今もかわらず」ほか2曲、心を込めて思う存分楽しんで演奏することができました。
また、「かわいいね」「とても素敵な音色」「どうやって音が出るのか不思議」と興味津々の手応えで、大正琴の魅力を充分にお伝えできたようです。
2部は創立255年の歴史を有する現地吹奏楽団「ランドヴェール」の素晴らしい演奏を楽しみ、終演後、正面玄関にて初老のご夫妻が目を潤ませ何度も頷きながら熱い拍手で見送ってくださいました。
楽団の親睦会にもご招待いただき、幹部の方々と和やかな一時、両国の親睦を深めることができました。
平素は練習日が違いお付き合いも薄い両チームですが、すっかり打ち解け何物にも代え難い絆ができ、実り多い旅でした。
今後も大正琴を通じ人生を謳歌し次世代へ伝えていきたいと思います。
(兵庫県・山本先生のお便り)

兵庫県・山本先生H26.8
2014.09.10 Wednesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
男性グループ7名、琴は友だち頑張っています!
第29回全国大会出場を終え、また初心にかえり練習が始まります。
84歳を筆頭に、平均年齢77歳、上手く弾けなくても若い人についてゆき、若返りたいと願っています。
この7名をぐっと引っ張って指導してくださるのが窪田先生で、心から感謝しています。
私は毎日大正琴を弾いていますが、上達する手助けに使っているのが次の3つの品です。
「Sチューナー(調弦)」「クリップメトロノーム(速度)」「らくらくレコーダー(録音)」。
正しく演奏するために本当に必要な物で、これを私の「三種の神器」と名付けて練習の時必ず目の前に置いています。
集中力も身についてきました。
最後に、男性の仲間がひとりでも多く入会してくれることを祈ります。
(兵庫県・山本先生のお便り)

兵庫県・山本先生H26
2014.06.12 Thursday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
お借りした大正琴を大切に使わせていただいています
昨年9月から華頂女子中学校・高等学校で、琴伝流からお借りした大正琴を使って、授業の一環として生徒たちが大正琴を学んでいます。
その練習風景と一緒にお便りをいただきました。
ひとりでも多く若い方たちに大正琴の普及ができればと思っています。
(京都府・細谷先生のお便り)

京都府・細谷先生H26
2014.06.10 Tuesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
日本の伝統音楽を学んだ子供たち
山形県東根市小田島小学校で邦楽教室が開催されました。
大正琴を担当して児童から大正琴を始めた理由などのインタビューを受け、その様子が山形新聞に掲載されましたのでご紹介します。
(山形県・日野先生のお便り)

山形県・日野先生H26
2014.06.06 Friday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
宇都宮市立瑞穂野南小学校で大正琴を体験しました
先日琴伝流からお借りした大正琴を使って、宇都宮市立瑞穂野南小学校で大正琴の体験をし、その様子が学区内に回覧する小学校の広報誌に掲載されましたのでお送りします。
(栃木県・宮崎先生のお便り)

栃木県・宮崎先生H26.3-1

栃木県・宮崎先生H26.3-2
2014.04.22 Tuesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
大久保ふれあいまつりに参加して
昨年11月に私たちは地域のおまつりのお誘いを受け、私たち「ながつき会」は初めて野外での演奏を経験しました。
野外演奏は初めてでしたので、天候や衣装などで心配事が多々あり、先生や先輩方の助けを受けながら、無事本番を迎えることができました。
当日は天候に恵まれて風もなくとても暖かい穏やかな陽気でした。
曲目は「千曲川」「東京の灯よいつまでも」「柿の木坂の家」の3曲で、皆さんも一緒に歌ってくださり、私たちも楽しく演奏することができました。
また、ソプラノ、アルト、テナー、ベースの4パートある大正琴の演奏を聴いて、オーケストラのような音色の広がりや深い響きに、「大正琴ってこんなに素敵な楽器だったのか」と、その素晴らしさに感動してたくさんの拍手をいただきました。
アンコールの声もかかりましたが、時間の関係で次回のお楽しみとしていただきました。
終わった後のみんなの顔は、この日の太陽のように輝いていました。
初の野外での演奏、やっと小鳥が飛び立ちました。
これからも、もっともっと大空を飛び回りたいと強く感じた一日でした。
また今年の出演依頼もいただき、今から胸をワクワクさせています。
これからもいろいろな経験をし、大正琴を通して地域に少しでも貢献できるよう頑張っていきたいと思います。
(茨城県・高橋先生、窪木先生先生のお便り)

茨城県・高橋先生、窪木先生先生H26.2
2014.04.14 Monday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
「大正琴の響き」演奏会のお礼と報告
琴伝流、瀬戸内市、文化協会、ボランティア、友人の力添えをいただき、12月8日に「大正琴の響き」が無事終了しました。
報道の記者さんのご好意もあり、新聞の目につく場所に案内を出してくださったほか、市発行の広報誌の催しにも掲載され、昨年の400名より多い方にお越しいただきました。
「また知らせてよ、来させていただくから」と声をかけてくださる方もいて、早速来年の会場予約を行い、1月から市へのお願いなどに伺うつもりです。
また、夢二の生家での演奏会も新聞に出ていました。
間もなく生誕130年になる竹久夢二。
さっそく「宵待草」等の演奏依頼がありました。
計画から実施までいろいろ大変ですが、市民の方の喜びの声を聞けることを楽しみに頑張っています。
(岡山県・立岡先生のお便り)

岡山県・立岡先生H25.12
2014.04.01 Tuesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
オーストラリアチャリティーコンサートを終えて
メルボルンの在豪日本人で構成されるNPO団体ジャワビック(Japan Welfare Association of Victoria Inc)の方々が、東日本大震災への支援のお礼とビクトリア州などで山火事で被害に遭われた方々を元気づけたいと、大正琴チャリティーショーを提案されました。
その思いを受け止め、結婚したばかりの娘さんと親子で参加してくれたメンバーも含め、私達13名が渡豪して参りました。
9日間の滞在で、メルボルンのブライトンタウンホール、日本人学校、現地のガーデンベールスクール、メソジストLCのコンサートホールの4箇所で公演しました。
心配していた音響も素晴らしく、1曲終わるたびに大きな拍手をいただき、「ブラボー」「ワンダフル」と嬉しい掛け声をいただきました。
和服で「さくらさくら」を日本舞踊で舞うサプライズも喜ばれました。
チケットの売上げは全額義援金として贈られました。
多くの方々の笑顔と温かい交流に包まれ、メルボルンでは初めてという大正琴に深く興味を持っていただき、体験にはたくさんの行列ができました。
ひとつの想いがこんなにも大きな力になっていく…、素晴らしい体験をすることができました。
この想いを胸にこれからも一同更なる大正琴への夢を果たしてゆきたいと思っております。
来年はロサンゼルスかなあと想いを馳せています…。
(京都府・永谷先生のお便り)

京都府・永谷先生H25.12

京都府・永谷先生H25.12
洛南タイムス(H25.9.13)

2014.03.31 Monday | 会員からのお便り | trackbacks(0)

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ