琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
今月の大正琴川柳
大正琴を楽しむ皆様が日常を詠んだ大正琴川柳です。

 たわむれに 始めし琴も 早八十路    新潟県 澤海幸子
 夫源病 琴の音聞けば 医者要らず    岐阜県 大内時子
 五線譜の 上に置きたし ネギぼうず   神奈川県 吉田千鶴子
 夢叶う 皆の和一つ 大舞台       茨城県 眄來菷枝
 コンサート 同じ琴とは 思えない    福島県 佐藤ヒサ子
                        <会報H29年10月分、敬称略>
皆様からのご投句をお待ちしています。
大正琴を習っていない方や、琴伝流以外の方もお気軽にお寄せください。
なお、ご投句をもって会報等の琴伝流の出版・掲示物に川柳を使用することにご承諾をいただいたものといたします。
2017.10.27 Friday | 大正琴川柳 | trackbacks(0)
交流懇親のつどいを終えて
この度、会主の長澤ちか子先生が琴伝流の永年指導者表彰を受賞されたのを機会に、以前にオーストラリア国オペラハウスで出演した会員が合同演奏会を開催しました。
昭和60年10月に長澤先生が亀岡市内の琴伝流の先駆けとして中央公民館を拠点に発足し、南丹市や大阪方面にも広めてくださったおかげと感謝しています。
私達は今後も大正琴の継続を目指し、琴伝流のこの美しい音色の輪を広げたいと思っています。
(京都府・湯浅先生のお便り)

京都府・湯浅先生H29
2017.10.26 Thursday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
「小さな親切」運動で表彰されて
平成29年5月に、盛岡市の岩手銀行本店の総会の席上で「小さな親切」運動実行賞をいただいてきました。
今年1月に福祉施設の誕生会に呼ばれて、大正琴で童謡などを弾いたことが新聞に載って、「小さな親切」運動に推薦していただきました。
私達があちこち慰問してみんなを喜ばせたことが推薦の理由だそうです。
表彰式では偉い方の前で2曲演奏し、県大会より緊張しましたが、大きなミスもなく演奏できました。
「小さな親切」運動で大正琴が表彰されたのは初めてとのことで、皆さん興味深く前のめりになって見ていたようです。
琴伝流の宣伝ができて嬉しかったです。
(岩手県・佐々木先生のお便り)

岩手県・佐々木先生H29
2017.10.25 Wednesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
「風花お楽しみ会」に参加して
私達の教室「風花」は、いつもは地域ごとに数名集まって、先生に来ていただいてお稽古しています。
大会出場を目標にしてのお稽古ばかりで、人前でひとりで弾いたことは一度もありませんでしたが、誰からともなく今年は一人で弾いて、みんなで聴き合うのもいいんじゃないということになりました。
発表会にするとみんな緊張するからお楽しみ会にして、料亭の舞台で一人に曲ずつ弾きました。
私は「千曲川」と「長良川艶歌」を先生にお手伝いしてもらいながら、ドキドキする心臓で何とか弾きました。
先生の今までのご指導の成果が大きな花となって舞台に開いたようで、私は思わず感動の涙を流しました。
二部は各自持参の衣装に身を包み、カラオケ、フラダンス、踊りなどで盛り上がり、時間をオーバーしてしまいました。
親睦の中でますます絆が強くなり「これからも頑張りましょうね」を合言葉に、お互いに名残を惜しみながら解散しました。
私は改めてこれまでのこの道を極めてこられた先生のお姿と、素晴らしい皆さんの演奏に限りない拍手を送りたいと思います。
(京都府・佐々木とみ子さんのお便り)

宮城県・佐々木様H29
2017.10.24 Tuesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
「第7回大正琴まつり」終了のお礼
10月21日(土)に、「第7回大正琴まつり」が終了しました。
雨の一日となりましたが、弱い雨だったため予定通り屋外のテントも使い賑やかに開催することができました。
ご来場いただいた皆様に心から感謝いたします。
この様子は改めてご紹介します。
2017.10.23 Monday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
「第7回大正琴まつり」が明日に迫りました
琴伝流の手作りのイベント「第7回大正琴まつり」が、いよいよ明日21日(土)に長野県駒ケ根市の琴伝流本社で開催されます。
天候が心配されますが、雨でも建物内でお過ごしいただけます。
昨日から会場設営を始め、徐々に各コーナーの準備ができてきました。
今年はどんなお楽しみがあるかどうぞご期待ください。

第7回琴まつり準備
アウトレットコーナーの大正琴の一部             出番を待つ看板

琴伝流本社地図
琴伝流本社地図
・駐車場は限りがありますので乗りあわせてご来場ください。
・JR飯田線の伊那福岡駅からは1.5kmほど距離があります。
2017.10.20 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
初めて大舞台で大正琴演奏 楽しかった!!
「第5回大正琴の祭典in城陽」が、平成29年3月19日(日)に文化パルク城陽で開催されました。
城陽市立古川小学校の2年生から5年生の12名の児童は、初めての大舞台にびっくりしたようですが、「春の小川」「さくらさくら」「世界に一つだけの花」の3曲を演奏しました。
城陽市内の小学生の出演は初めて。
「緊張したぁ」、「頑張って弾いたョ」、「少し間違えた〜」、「校長先生の顔見えた」と口々に話す子供達。
みんなとても楽しかったようです。
当日ゲスト出演いただいた琴伝流本部師範4人の演奏にうっとり。
会場全体が引き込まれ聴き入りました。
「次回も是非」との声が多く寄せられました。
(京都府・能勢先生のお便り)

京都府・能勢先生H29
2017.10.19 Thursday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
中学生へ大正琴の魅力を伝えに
愛知県豊田市の梅坪台中学校で3回の講習を行い、1年生から3年生の19名の希望者が集まりました。
初めての生徒さんがほとんどで最初は大変でしたが、3回目は何曲も弾くことができ、「真白き富士の嶺」の曲は、明治43年に逗子開成中学校の生徒12名が乗ったボートが悪天候のため転覆して全員亡くなった事故を歌った曲です。
人への思いやり、そして自分を大切にしてくださいと話をしてきました。

<生徒の感想文>
愛知県・大杉谷先生H29
(愛知県・大杉谷先生のお便り)
2017.10.18 Wednesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
「第7回大正琴まつり」にお越しください
10月21日(土)に「第7回大正琴まつり」を開催します。
毎年恒例となったこのイベントは、大正琴の演奏を楽しむだけでなく琴伝流本社スタッフが心を込めて作った豚汁を無料で振る舞い、先生・生徒の区別もなく和気藹々と楽しむ手作りのお祭りです。
琴まつり限定のアウトレットコーナーには超お買い得な大正琴がたくさんあるほか、空くじなしの抽選もご来場の全員の方にお楽しみいただけます。
また、大正琴製造の過程で出た木端を、工作や薪ストーブの薪として希望の方に無料で差し上げます。
昨年デビューした本社社員グループ「GENBAR'S(ゲンバーズ)」も、他の出演者に負けまいと猛練習中です。
大正琴愛好者でない方も楽しめるお祭りですので、外出のついでにお気軽にお立ち寄りください。

「第7回大正琴まつり」
  日時:平成29年10月21日(土)開始10:00、終了15:00
  会場:琴伝流本社(駒ヶ根市赤穂14-545)
  入場料:無料

第7回大正琴まつりチラシ

第7回大正琴まつりプログラム1

第7回大正琴まつりプログラム2
2017.10.17 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
宅配業者運賃値上げに伴う送料変更について
この10月から琴伝流の契約する宅配業者の運賃が値上げされました。
これに伴い、10月10日から商品発送時の送料を値上げさせていただいています。
皆様にはご迷惑をお掛けしますが、ご理解をお願いいたします。
なお、値上げ幅は地域や梱包の大きさにより異なりますので、詳細はご注文時にお問い合わせください。
2017.10.16 Monday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ