琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
「小さな親切実行章」をいただいて
このたび、「小さな親切」運動本部(東京)の実行章を受章し、先日地元で伝達式が行なわれました。
琴操会は平成12年4月に発足いたしました。
そしてその年の10月から老人福祉施設や、地元の催事などで演奏するボランティア活動を始め、今年で10年目になります。
毎月定期的に訪問をする施設、四季毎に訪問する施設、依頼されたときに出かける施設、回数にすると120回を上回ります。
1ヶ月に3ヶ所も重なったりした時は、みんな都合をつけて頑張りました。
催事ではアンサンブル演奏をし、大正琴でこんな奥行きのある演奏もできるということを一般の方に知っていただいています。
施設での演奏会は1部と2部に分け、1部はメロディーなどを聴いていただき、2部は季節に合わせた童謡などを、大正琴の演奏に合わせて一緒に歌っていただく形式を続けています。
利用者の皆さんが歌えそうな曲、季節に合わせた曲、会員が弾ける曲と選曲は大変です。
でも、利用者の皆さんが大きな声で活々と歌ってくださり、また、認知症が進んだ方もメロディーに合わせて笑顔で口ずさむ姿を見ると、大変さは吹き飛んでしまいます。
会員の優しい心と利用者の皆さんの「また来てね!」の声に励まされ今日まで続けて来ましたが、これからも自分達の楽しみはもちろん、大勢の方々に大正琴を楽しんでいただきたいと思います。
(H22.09、山形県・寺西先生のお便り)

琴伝流大正琴、山形県・寺西先生
2010.12.16 Thursday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
上富良野・カムローズ友好都市提携25周年記念事業に参加して
私達綺羅羅会4名で、上富良野とカナダのカムローズの友好都市25周年記念事業文化交流に参加しました。
初めての海外演奏で、カナダまでは飛行機9時間、時差16時間の長旅。
準備段階では海外の音響の違いや琴の発送等不安は募るばかりで、本部の先生にも何度かアドバイスをいただきました。
8月2日に上富良野を出発し、新千歳、成田、バンクーバー、エドモントと乗り継ぎ、空港からはバスで現地に着きました。
ホテルに着き早速琴の点検をし、異常が無くホッと一安心でした。
野外演奏とホテルでのレセプション演奏は、現地の方々の協力の下、音響設備も大変良く、私達の不安はどこへやら、安心して演奏することができました。
翌日はカムローズの市内見学やエドモントの世界最大級のショッピングモールも見学し、冬季オリンピックの開催地バンクーバーはとても街並みが整備されていて綺麗でした。
夢にまで見たカナダの雄大な小麦畑、菜の花畑、牧場等を見ることができ、また食事も美味しくいただけたことに感謝したいと思います。
このような素晴らしい貴重な体験ができたことも、大正琴を続けていたからです。
これからも国内外ボランティアをとおして、大正琴の楽しさを伝えていけたらと思っています。
(H22.09、北海道・本田先生のお便り)

琴伝流大正琴、北海道・本田先生
2010.12.11 Saturday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
琴紘会師範研修会交流懇親会を終えて
酷暑の中、去る7月8日、琴紘会の師範研修生69名の約半分が参加して、意義のある一日を過ごしました。
午前中は新しく発刊された「大正琴教本」の初級編から、初伝が6級に、中伝が5級にというように全面的な改正がなされたことや、そのほか置き指(三指交差)など名称も変更になったことを学びました。
長澤先生に補足していただきながら変更された点を学びつつ、今まで習ってきたことを振り返る良い機会となりました。
この教本は、これからお琴を始められる方にとって、解説が大変分かりやすいのではないかという感想も聞かれ好評でした。
学習の最後には、役員全員で「きらきら星」「もみじ」など5曲を演奏しました。
会場の参加者にも合唱していただき、楽しい雰囲気の中で研修会を終えることができました。
昼食後は、アトラクションを参加者全員で楽しみました。
ビンゴゲーム、歌に踊りにと大いに盛り上がりました。
舞台の上で輪になって「炭坑節」や「亀岡音頭」を踊り、会場には笑顔の花が咲きました。
私が大正琴と出会って25年。
その間には苦しいことも数多くありましたが、私の恩師長岡先生、中川先生のご指導のおかげで師範免状をいただくことも叶いました。
このような会に参加するたびに、お琴を続けて来て本当に良かったと感じます。
何より一緒に学び合う仲間ができた喜びは何ものにも代え難いものです。
これからも、楽しみながら少しでも長く続けていきたいと思っています。
(H22.10、京都府・畑先生のお便り)

琴伝流大正琴、京都府・畑先生
2010.10.29 Friday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
小学校3年生の孫のミニコンサート
6月初め、小学校3年生の孫(男児)が学校から帰るなり、「僕は今度大正琴をやる。」と言い出してビックリしました。
小さい頃から私たちの練習に付いて来ていたので、いつか自分もやってみたいと思っていたのでしょうか。
「誰か他にもやる人がいるの?」と聞くと、「一人でやる。」と言い、またビックリしました。
ミニコンサートは、6月23日で二週間後だとのことで、とても心配でした。
私の古い大正琴を学校へ持って行き、休み時間に一人で練習していました。
校長先生も関心を持たれたようで、「練習の様子を見に来てくれたよ。」と言っていました。
受け持ちの先生も感心していたようです。
一本指で一生懸命練習をしていました。
曲は「カエルのうた」「さくらさくら」「夕やけこやけ」でした。
急所急所は少し見てやりましたが、子供なりにやるのだからと思いあまり口出しはしませんでした。
当日、マイク付きの大正琴に変え取り付けの面倒を見てやりました。
先生方始め児童達もとても感心し好評でした。
一本指でしたが、延ばすところ、間の置き方もでき、一度も間違えずしっかりやれて安心しました。
私達の大正琴への情熱が子ども達に伝わっていたことをつくづくと感じました。
私達も楽しみながらこんなに長く続けていられることに本当に感謝しています。
(H22.08、静岡県・山口先生のお便り)

琴伝流大正琴、静岡県・山口先生
2010.09.22 Wednesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
男性グループがんばってます!
琴龍会男性グループ12名は、大師範窪田龍峰先生のもとで毎月2回、合奏練習をしています。
17名居たメンバーも少なくなりましたが、今年の三重での全国大会は4名参加できました。
昨年12月のクリスマス・コンサート、今年3月の第21回中・西播磨定期演奏会の後、少しのんびりしていましたが、この8月の関西地区大会、12月の兵庫県大会への参加が決まり、頑張って練習しています。
私事になりますが、今年の6月6日の誕生日に家内に傘寿の祝いをしてもらいましたが、まだ80歳、若者にぴったりついていきます。
朝、目が覚めたらすぐ大正琴のところへ飛んで行き、自称「アホの無茶弾き」をして指ならしをします。
この指のウォーミングアップを毎日30分間やるとその日の体調もわかり、演奏する曲の集中力が整い、その力で男性グループの曲が楽しく弾けると思っています。
それから琴伝流にお礼を言いたいのは、十数年前から待ち望んでいた新大正琴教本(初級編・上級編)が発刊されたことです。
ほかの楽器には夫々立派な教則本が揃っていたので、ピアノのバイエルに匹敵する教本が欲しかったのです。
新教本は指導者にとっても初心者にとっても理解しやすく、素晴らしいので本当に喜んでいます。
私も初心に帰り、みんなと頑張ります。
(H22.08、兵庫県・山本先生のお便り)

琴伝流大正琴、兵庫県・山本先生
2010.09.21 Tuesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
第21回全国女性行政書士交流会inとちぎ
7月3日(土)、栃木県の鬼怒川温泉にある「鬼怒川グランドホテル夢の季」において「第21回全国女性行政書士交流会inとちぎ」が開催され、依頼を受けて演奏して参りました。
ハープ&ハーツは、大正琴を心を込めて演奏するという意味のグループ名で、10年前に指導者4名で結成されました。何度かメンバーの入替えがあり、昨年からは5名にて活動中です。
内容は税理士会や女性経営者会、行政書士会など各団体の総会や記念パーティーでの演奏が主ですが、地域の敬老会、老人ホームでの演奏もさせていただいております。
今回は全国から集まった女性ばかりの会でしたので、オープニングは夏らしく「アロハ・オエ」で始まり、「百万本のバラ」「桃色吐息」など7曲を演奏した後、皆さんで「青春時代」「浜辺の歌」を歌っていただきました。
旅や会議の疲れなど微塵も感じさせず、指揮者まで現れて賑やかに過ごした時間はお互いの心に深く刻まれたようでした。
選曲はいつも悩みの種ですが、楽しんでいただけて本当に良かったと思います。
また明日からは次の演奏会に備え、レパートリーを増やすべく新しい楽譜に挑戦です。
(H22.07、栃木県・関先生のお便り)

栃木県・関先生
2010.09.04 Saturday | 会員からのお便り | trackbacks(1)
吉田正音楽記念館でのコンサートを終えて
去る4月24日茨城県日立市にあります吉田正音楽記念館で、琴京介大正琴バンドのデビューコンサート行い、大盛況の内に終了する事ができましたのでご報告致します。
琴京介大正琴バンドは一昨年結成した4人組の大正琴バンドで、月1回の合奏練習を重ねながら、普段は福祉施設での慰問演奏中心の活動をしております。
今回、吉田正音楽記念館の月例コンサートへ出場し、一部では「寒い朝」などの吉田メロディーを5曲演奏、二部では「恋はみずいろ」など5曲を演奏させて戴きました。
アンコール曲の「みかんの花咲く丘」では、会場の皆さん全員に唄って戴いて、大変盛り上がった演奏をする事ができ、本当に楽しい演奏会になりました。
吉田正音楽記念館は、茨城県日立市神峰公園の一番高い所に位置し、5階のレストランからは日立市街と太平洋が一望できて素晴らしい処ですので、近くまでお越しの時は、是非足を延ばして見ては如何でしょうか。
私達もこれから琴伝流大正琴アンサンブルの素晴らしさ、楽しさを、もっともっと色々な処で、色々な人達にPRして行きたいと思っておりますので、今後共ご指導の程よろしくお願い致します。
(H22.07、茨城県・降旗先生のお便り)

琴伝流大正琴・茨城県・降旗先生
2010.08.30 Monday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
エムウェーブでの「大人の文化祭」に参加
6月6日、「琴伝流コンサートin長野」の翌日、“きっと見つかる!何かが変わる!”をキャッチフレーズに、SBC信越放送主催の「大人の文化祭」の参加型リフレッシュゾーンに出演いたしました。
輸入車ショー、エコライフフェア、フラワーコンテスト等、たくさんの催しの中で、アロハフラや太極拳などを実際に体験し楽しむゾーンです。
限られた時間ではありましたが、演奏の合間に客席の皆さんを誘い、大正琴に触れる時間を取り、「ふるさと」「かえるの合唱」をメンバーが手ほどき。
最初は、「わかんなーい」、「エッエー!難しい!」と言っていた参加者も、ペンペン、ジャンジャーンと様になって、「できたよ。やったね!」と拍手も起き、楽しんでもらえたと顔を見合わせました。
最後に、オリオンズとしてコンサートで演奏した「アルルの女」を演奏し、もっと時間があればなーと思いつつ演奏を終了しました。
(H22.07、長野県・宮沢先生のお便り)

琴伝流・長野県・宮沢先生1

琴伝流・長野県・宮沢先生2
2010.07.09 Friday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
第25回全国大会に寄す
4月11日、新潟県能生から谷浜、直江津、長野で全員揃う。
桜花の眺望のこの時期、全国大会出演は楽しみの年中行事だ。
野沢菜やナスが薄い小麦粉の皮に包まれた信州名物のおやきが賑やかな車内に配られる。
かつて全国大会参加時に車内で配り大変好評だったことから、それなら今年もと、いつしか私たちの会「余絃社」の朝食に定着している。
参加した仲間が作られた句を紹介します。
春風に 琴音響けり 伊勢の空
春宵の ほのかに鳥羽の 海匂う
桜貝 耳をすませば 波の音
さくら鯛 志摩におどるや 波にのり
春灯り 陽気やわらかき 琴の旅(天照)
春夕照 沖に琴音ぞ 値千金
うららかに 八十路杖ゆく 五十鈴川
                たかこ
(H22.06、長野県・篠原先生のお便り)
2010.07.08 Thursday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
愛知行政書士会昭和支部総会で演奏して
私達スイングハープ・ミューズは、4月24日に名古屋市大須のローズコートホテルにおいて、愛知県行政書士会昭和支部総会後のアトラクションに出演いたしました。
当日出席された会員の皆さんに、日頃の演奏が披露できたこと、嬉しく思っております。
曲目もドラムも入れた「インザムード」のほか、「愛のままで…」「風雪ながれ旅」「千の風になって」「影を慕いて」「野に咲く花のように」の6曲余りでした。
これからも日頃の練習の成果を、慰問活動やイベントに参加して、素晴らしいアンサンブルの音色を伝えることができたらと願っています。
(H22.06、愛知県・川住先生のお便り)

琴伝流大正琴・愛知県・川住先生
2010.07.07 Wednesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ