琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
ブラジルの大正琴グループ初来日・演奏
4月、8年間通い続けて育てたブラジルの大正琴クラブ14名が初来日し、18日に粉河ふるさとセンターでジョイントコンサートを開催しました。
立ち見まで出るほど盛況で、アットホームな楽しいコンサートになりました。
また、4月25日の「琴伝流大正琴第24回全国大会」に行き大喜び。
会場では和歌山琴美会の演奏前に紹介されライトアップされ皆さんに手を振る場面がありました。
マスコミ各社にも国際交流の情熱が紹介されました。
(H21.08、和歌山県・畑先生のお便り、写真:毎日新聞)

大正琴国際交流コンサート
2009.08.17 Monday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
10周年記念大会を終えて
5月17日に「第5回サウンドK発表会」を行いました。
平成12年に第1回を開催して以来、2年に一度の発表会も今年で10周年を迎え、節目の大会となり立ち見も出るほどの大盛況でした。
その中の2グループを紹介したいと思います。
一つ目のグループは、孫とおばあちゃんで構成する7名で「ドレミの歌」と「手のひらを太陽に」を演奏し、「大正琴は年齢に関係なく一緒に楽しめる楽器」をアピールしました。
もう一つのグループは、私が音楽療法の一環として携わっているデイサービスグループです。
平均年齢85歳(最高年齢92歳)の10人のおばあちゃん達、最初の曲が「エーデルワイス」続いて「きらきら星」、「荒城の月」の3曲を披露しました。
演奏後は割れんばかりの拍手!
スタッフや会場の皆さんに感動を与え、感極まって涙ぐむ人も…。
私自身元気をもらい、まさに大正琴は音楽療法として素晴らしい楽器だと実感しました。
これからも微力ではありますが、大正琴を通して地域に根付いた生涯学習を目標に活動を続けていきたいと思います。
(H21.08、沖縄県・屋宜先生のお便り)

第5回サウンドK発表会1

第5回サウンドK発表会2
2009.08.17 Monday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
「大正琴用調湿シート」が活躍する季節です
梅雨明けが遅れた地域が多かった今年ですが、「大正琴用乾燥剤」が活躍した梅雨が明けると、これからは「大正琴用調湿シート」が頼りになります。
「調湿シート」は発売以来3年が経過し、発売当初にご購入いただいた方は既に交換の時期(使用開始後2年)を大幅に経過しています。
まだ「調湿シート」をお使いでない方もこれを機会にお試しいただければ幸いです。
県大会などで手入れの不十分な大正琴を多く見かけますが、音響上のトラブルの原因となる場合が多く、指導者の皆様は生徒さんの大正琴の状態にもご注意いただきたいと思います。
2009.08.17 Monday | 新商品情報 | trackbacks(0)
琴伝流35周年記念ハローキティ大正琴発売
琴伝流とハローキティは今年揃って35周年を迎えました。
琴伝流ではこれを記念して「ハローキティ大正琴」を100台限定で生産します。
金沢の職人による金箔仕上げにキティのシルク印刷の天板、黒のメタリック塗装の本体、キティのシルエットのサウンドホールと、細部に至るまでこだわって作りました。
本体に貼られる001から100までのシリアルナンバーが、世界に1台の証です。
更に、キティの刺繍のワンポイントが入ったピンクの布貼り専用ケースや、キティが印刷されたピックやクロスと、持っているだけで幸せな気分にさせてくれます。
大正琴が大好きで、ハローキティも大好きという方、2度と入手できないハローキティ大正琴を、宝物にしてはいかがですか。

「琴伝流35周年記念ハローキティ大正琴」
 ◇セット内容  ハローキティ大正琴(マイク別売)
         付属品 : 専用ケース、専用ピック、専用クロス
 ◇税込価格   100,000円
 ◇商品発送   8月以降受付順に順次生産し発送します。(シリアル發倭べません)
 ◇その他    写真は合成です。大きさの比率は実際の物と異なります。

ハローキティ大正琴
2009.07.31 Friday | 新商品情報 | trackbacks(0)
「第22回琴伝流コンサートin滋賀」観客を魅了
7月19日(日)に大津市の「びわ湖ホール」で、滋賀県で初めてとなる「第22回琴伝流コンサートin滋賀」が開催されました。
午前中にはMBS毎日放送の「日曜出勤生ラジオ」の生中継があり、リハーサルの様子や大正琴の説明に続き、大正琴は初めてと言いながら即興で演奏にもチャレンジするなど、レポーターの方にも楽しんでいただけたようです。
JR大津駅には11時を過ぎるとこのコンサートに向かう方が増え始め、開場と同時に約1,500名の観客が一斉にホールに入場し、開演前からホールは熱気に包まれていました。
また、CBC中部日本放送の渡辺美香アナウンサーも会場に駆けつけ、番組のホームページ用にと舞台の上から客席の風景を写真に収めていました。
来年のコンサートは6月に長野市の「ホクト文化ホール(旧:長野県民文化会館)」、7月に東京都千代田区の「日比谷公会堂」の2会場で開催されます。
これからも「大正琴最高峰のコンサート」の名に恥じない舞台をお届けできるよう準備を進めて参ります。

MBSラジオレポートと渡辺アナの一コマ

大ホールに響き渡る大正琴アンサンブル

全員笑顔で今年のコンサートが終了
2009.07.23 Thursday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
「第22回琴伝流コンサートin日比谷」終了
去る7月5日(日)に「第22回琴伝流コンサートin日比谷」が開催されました。
全国から選りすぐりの24グループの大正琴アンサンブルに、観客の皆様から「今年は特にレベルが高いと感じた。」とのお言葉もいただきました。
また、昨年に続きインターネットライブも行われ、遠方の方にも琴伝流コンサートをお楽しみいただくことができました。
前回はアクセス集中により視聴ができないというトラブルがありましたが、今回は4グループずつチャンネルを分けたことで支障なくご覧いただけたようです。
会場では琴伝流オリジナルのハローキティーグッズも販売され、開演前と休憩時間には品定めをする人でロビーが賑わいました。
1929年に建設された日比谷公会堂は、間もなく開設80周年を迎えます。
毎年コンサートでお世話になっている琴伝流としても、次回も日比谷公会堂の節目の年に相応しいコンサートを行いたいと思います。

日比谷公会堂と琴伝流オリジナルグッズ

演奏に華を添えた豪華な舞台

コンサート恒例の終演お見送り

インターネットライブ画面
2009.07.23 Thursday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
簡単セッティングの演奏台登場
簡単にセットできる演奏台が欲しいというご要望にお応えして、新立奏台ができました。
ワンタッチで調整できるストッパーの採用で、69僂ら102僂泙粘蔽韻帽發気変えられ、椅子に座っても立っても使うことができます。
 サイズ  高さ 69〜102cm、 上板 30cm×80cm、 重さ6.9kg 
 税込価格 22,000円(譜面置き付属)

演奏台
2009.07.23 Thursday | 新商品情報 | trackbacks(0)
「第3回琴伝流シニアコンサート」プログラムのご案内
淺草公会堂から見える浅草寺

8月8日(土)に東京都台東区の浅草公会堂で開催される「第3回琴伝流シニアコンサート」のプログラムをご案内します。
回を重ねるごとに出場グループのレベルも上がり、加えて昨年同様に全国3会場で行われた「第22回琴伝流コンサート」で会場アンケートで上位となった各会場1グループの特別演奏もある、聴き応え十分のコンサートです。
当日券も若干ありますので、是非ご来場ください。

<日時・会場等>
 日時:平成21年8月8日(土) 12:50開演、16:15終演予定
 会場:浅草公会堂(東京都台東区浅草)
 入場料:2,000円(全席指定)

<演奏曲目>(県・グループ代表者)
【第1部】
  1.東京ブギウギ(茨城県・鈴木安寿)
  2.東京の灯よいつまでも(東京都・西川仙子)
  3.風雪ながれ旅(愛知県・本間美智子)
  4.ふたりの大漁節(東京都・渡辺礼子)
  5.三つの汽車のうた(兵庫県・冨井成子)
  6.故郷(兵庫県・山口和美)
  7.星降る街角(宮城県・増澤眞理子)
  8.希望(岡山県・大森茂子)
  9.白い海峡(長野県・大口美代子)
  10.哀愁の湖(長野県・古田清子)
  11.なごり雪(埼玉県・伊藤比奈湖)
  12.愛のままで・・・(愛知県・畔柳正美)
【第2部】
  13.津軽じょんがら節(東京都・矢野久子)
  14.涙そうそう(東京都・小林玲子)
  15.アイネ・クライネ・ナハトムジーク第1楽章(長野県・茂木長子)
  16.みだれ髪(埼玉県・細井信子)
  17.石狩挽歌(埼玉県・大場彩詩)
  18.千の風になって(奈良県・今窪和子)
  19.星のフラメンコ(愛知県・白井敬子)
  20.雨の御堂筋(新潟県・江口玲子)
  21.湯の町エレジー(静岡県・池ヶ谷愛美)
  22.昴(茨城県・石井満里子)
  23.運命(北海道・加藤勝士)
  24.悲しい酒(東京都・藤井玲歌)
【第3部・特別演奏】
  25.魅せられて(富山県・中川睦子)
  26.風の盆恋唄(広島県・岩澤幸子)
  27.「天空の城ラピュタ」より君をのせて(三重県・吉田裕子)
2009.07.23 Thursday | 演奏会のご案内 | trackbacks(0)
今年も琴伝流コンサートライブ中継を行います
「琴伝流コンサート」のインターネットライブ配信を今年も行います。
昨年はアクセスが集中し視聴できなくなるなどご迷惑をおかけしましたが、今年はトラブルを防ぐためコンサートを6つのチャンネルに分け、各チャンネルごとに視聴人数を制限してご覧いただくことになりました。
既に琴伝流ホームページの「ホーム」に表示されているライブ配信のバナークリックすれば下の一覧が表示され、チャンネルごとの曲目やグループ名をチェックできるようになっています。
視聴したい曲名やグループ名を予めチェックして、当日のライブ配信をお楽しみにお待ちください。
なお、様々な対策は行っているものの、それを上回るアクセスがあった場合は視聴に支障が出る場合もありますので予めご了承ください。
<インターネットライブ配信>
 演奏会名: 第22回琴伝流コンサートin日比谷
 予定日時: 平成21年7月5日(日)1回公演…9:50〜13:00、 2回公演…14:00〜17:10
 配信方法: ストリーム形式
 視聴料 : 無料(インターネット接続料等を除く)

インターネット配信チャンネル
2009.07.01 Wednesday | 演奏会のご案内 | trackbacks(0)
平成21年度免状授与式が行われました
平成21年度の免状授与式が5月26日(火)に東京都中野区の「なかのZEROホール」で開催されました。
主に関東周辺の昇格者とその指導者合わせて約250名が出席し、琴伝流の指導者としての心構えや、大正琴を取り巻く環境についての話を聞き指導者としての気持ちを新にしました。
式典が終わると会場を中野サンプラザに移し祝賀会が催されました。
式典とは一転して和やかな雰囲気で、日頃練習を重ねているグループ以外の方とも交流を深める良い機会となったようです。
現在琴伝流では東京のみで免状授与式を行っていますが、名古屋・大阪などの東京以外の大都市での開催も検討しています。
免状を発行する時期がグループにより異なるため、年に一度の授与式では参加が難しいという実態もありますが、指導者の皆様のご意見を伺いながら進めたいと思いますので、ご意見・ご要望のある方はお気軽に本社までお寄せください。

平成21年度免状授与式
2009.07.01 Wednesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ