琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
今月の大正琴川柳
大正琴を楽しむ皆様が日常を詠んだ大正琴川柳です。

 嫁姑 互いに褒めて 競いあう      長野県・琴伝流子
 老い若き 琴の音響く 絆の和      宮城県・小野寺直子
 初孫に 琴の音聞かせ 夢たくす     埼玉県・折鶴五喜
 古希を祝い 七十番 お免状かな     愛知県・佐治勝代
 親はなし 母に届けと 琴の音か     大阪府・川中美枝
 恙なく またおだやかに 琴を弾く    福島県・佐藤寿峰
 この春は 大会いっぱい きばらんと   京都府・前川淳子
                        <会報H25年2月分、敬称略>
皆様からのご投句をお待ちしています。
大正琴を習っていない方や、琴伝流以外の方もお気軽にお寄せください。
2013.02.19 Tuesday | 大正琴川柳 | trackbacks(0)
今月の耳寄り情報 〜Pick up〜 11
昨年長野市で開催された全国大会は、琴伝流としては初めて置き琴を使った演奏会となりました。
全て新品で調弦の整った琴で「音色がきれい」「弾きやすい」「上手になった気がした」等々の声をいただきました。
特に発表会の慌ただしい中、先生が生徒全員の調弦をするのはとても大変です。
生徒さんにも調弦次第で演奏の質が大きく変わることを知ってもらい、普段から自分の楽器は自分で調弦する習慣を身につけてもらいましょう。
琴伝流が大手メーカーSEIKO(セイコー)と共同開発した大正琴用チューナーは、その使いやすさから他流派でも多く使われています。
なお、チューナーを用いた調弦の手順は、「教本(初級編)」や「大正琴の手引き」を参考にしてください。
2013.02.18 Monday | 耳寄り情報PickUp | trackbacks(0)
修学旅行で大正琴の体験をしていただきました
2月5日(火)に、和歌山県立和歌山商業高校2年生の生徒の皆さんが、修学旅行で琴伝流本社にお越しくださいました。
2年前にも同校の皆さんを受け入れましたが、今回は前回を上回る41名の生徒が訪れてくれ、琴伝流の大正琴歴史展示コーナー「大正100年館」のほか、大正琴の製造現場を見学した後、全員でもうすぐ迎える春にちなみ、AKB48の「桜の栞」にチャレンジ。
わずか30分程度の練習時間で主旋律を演奏できるようになり、最後に琴伝流スタッフがベース大正琴などで伴奏を入れて全員で合奏して見学を終えました。
次世代を担う高校生達に、再び大正琴を紹介できる機会をいただけたことを嬉しく思います。
琴伝流ではこうした修学旅行や団体旅行での大正琴体験の受け入れも積極的に行って参ります。
ご希望の方はお気軽にご相談ください。

和歌山商業高校修学旅行・会社見学&大正琴体験
2013.02.15 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
第7回大正琴音楽大賞中日新聞にも掲載されました
和田アキ子さんの「あの鐘を鳴らすのはあなた」が、第7回大正琴音楽大賞を受賞し
たニュースが、中日新聞にも掲載されました。
大正琴の周りには様々な楽しい出来事が待っているということを、こうした記事を通
じて皆様にお伝えできれば嬉しく思います。

第7回大正琴音楽大賞(中日新聞H25.1.29)
2013.02.12 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
社団法人大正琴協会主催「大正琴定期演奏会」大盛況
2月3日(日)に、大阪府高槻市の高槻現代劇場で、「平成24年度大正琴定期演奏会」が開催されました。
当日は全日の春ような天気から一転して大変寒い朝となりましたが、開場時間の1時間以上前からお客様が並び始め、開演時には客席は既に満席となるほどたくさん皆様にご来場いただき、終演まで賑やかな演奏会が繰り広げられました。
琴伝流も一般7グループ、子ども2グループ、指導者1グループが参加し、「まつり」や「川の流れのように」などの定番曲から、「聖者の行進」や「GIVE ME FIVE!」といった大正琴ではなかなか聴くことができない曲まで、大正琴アンサンブルの琴伝流の名に相応しい演奏で観客を魅了しました。
子どもグループも、琴伝流だけでなく大正琴音楽文化の未来に夢を抱かせる素晴らしい演奏でした。
今回の演奏会で、改めて琴伝流の層の厚さを示していただいた出場者の皆様に心から感謝いたします。

H24年度大正琴定期演奏会(大正琴協会主催)
2013.02.08 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
大正琴協会主催「大正琴定期演奏会」にお越しください
社団法人大正琴協会では、2月3日(日)に大阪府高槻市の高槻芸術劇場で、「平成24年度大正琴定期演奏会」を開催します。
同協会加盟の3流会派の25グループによる演奏会です。
一般グループのほかに、昨年8月に行われた「平成24年度全国子ども大正琴コンクール」の最優秀賞受賞グループの演奏や、指導者グループのハイレベルな演奏もお聴きいただけます。
入場は無料ですので、お近くの方は是非ご来場賜り、大正琴の魅力に触れてみてください。
<平成24年度大正琴定期演奏会>
  日 時 : 平成25年2月3日(日)10:30開場、10:30開演、16:05終演予定
  会 場 : 高槻芸術劇場(高槻市野見町2-33徳島市藍場町2-14)
  入場料 : 無料

大正琴協会定期演奏会プログラム
2013.01.31 Thursday | 演奏会のご案内 | trackbacks(0)
第7回大正琴音楽大賞が新聞で紹介されました
和田アキ子さんが「第7回大正琴音楽大賞」を受賞した記事が、1月21日の東京中日スポーツにカラー写真付きで掲載されました。
更に1月24日には長野日報ににも掲載され、大正琴に縁のない方にも琴伝流の元気な活動を紹介することができました。
またひとつ琴伝流の大正琴で明るい話題を提供できたことを嬉しく思います。

第7回大正琴音楽大賞新聞記事(東京中日スポーツH25.1.21)   第7回大正琴音楽大賞(長野日報H25.1.24)
2013.01.30 Wednesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
今月の耳寄り情報 〜Pick up〜 10
「音が出ない」、「雑音が入る」などの原因で一番多いのがコードの不具合です。
そこでコードの管理の注意点をいくつかご紹介します。
(1)コードを抜くときはプラグ部分を持ち、ケーブル部分を引っ張らない
(2)椅子などの脚でケーブルを踏まないよう気をつける
(3)差し込み部分(金属部分)を時々綺麗な布で拭く
(4)小さく巻くとよじれ癖がつくので直径20儖幣紊亡く
(5)よじれず絡まない「8の字巻き※」で巻く
「8の字巻き」の巻き方は本部社員にお尋ねください。
2013.01.29 Tuesday | 耳寄り情報PickUp | trackbacks(0)
らくらくレコーダーDP−201発売
発表会の録音に、コンパクトなカセットテープレコーダーをお使いの方も多いと思います。
最近は、大手メーカーがこうした機種の製造を中止し、お使いのテープレコーダーの調子が悪くても買い換えもできず、修理に高額な費用がかかってしまったという声も聞きます。
今、録音の主流は「ICレコーダー」となっていますが、そのほとんどは機能が満載で使いこなせません。
そこで、携帯電話「らくらくホン」のようにシンプル設計のオリンパス製「らくらくレコーダー(DP-201」を発売します。
これならテープレコーダー感覚で誰にでも使えます。

らくらくレコーダーDP−201    税込価格4,900円
【特徴】
 …彰凝に使えるシンプル・デザイン
   複雑な操作を徹底的に排除し、録音、再生、消去も簡単。
   テープレコーダーそのままの日本語表示の大きなボタンや、
   大きな液晶画面に大きな文字表示もグッド。
 大正琴の練習に最適「ゆっくり再生」
   音程を変えず0.5倍、0.75倍で再生できる「ゆっくり再生」は家での練習に最適。
   更に、1.25倍、1.5倍の「スピード再生」で、飛ばし聴きもできます。
 J慷なカレンダー機能
   録音は自動的に日付ごとに表示され、聴きたいときは録音した日付を日めくり感
   覚で選んで再生できます。
 ぅセットテープ不要のたっぷり最長202時間録音
   カセットテープを使わないので保管もかさばりません。
 イ気泙兇泙幣賁未蚤膤萍
   教室や発表会、病院や薬局の説明録音、買い物のメモ代わりに便利に使えます。
 Χ彭僧だけの親切なサービス
   初期設定(日時の設定)を、希望の方には琴伝流が行って出荷します。
   すぐ使い始められるので、先生が設定してあげる必要もありません。

らくらくレコーダー「DP-201」  練習に便利!ゆっくり再生
 大きなボタンと大きな画面で迷わず操作          全て日本語表示でわかりやすい
2013.01.28 Monday | 新商品情報 | trackbacks(0)
第7回大正琴音楽大賞「あの鐘を鳴らすのはあなた」和田アキ子さん受賞
平成18年度から始まった大正琴音楽大賞の第7回目となる平成24年度の受賞曲が和田アキ子さんの歌った「あの鐘を鳴らすのはあなた」に決定し、表彰式を1月20日にTBS本社内で「アッコにおまかせ!」生放送終了後に行いました。
受賞曲の大正琴演奏が流れる中、これまで大正琴をあまりよく知らなかったという和田さんは、大勢でアンサンブルができる楽器であることを驚くとともに、大正琴愛好者のこの曲に込めた東日本大震災の被災者を思い復興を願う気持ちに、大変感激されていました。

<和田アキ子さんからのメッセージ>
「第7回大正琴音楽大賞」をいただき有難うございます。
「あの鐘を鳴らすのはあなた」が、多くの大正琴愛好者の皆様に演奏されていることを、 大変光栄に思います。
東日本大震災の後、被災地復興への願いを込めて全国各地の演奏会で演奏されたとお聞きしました。
私も、今になってこの歌の意味を、もっと深く理解してきました。
「あの鐘を鳴らすのはあなた」の「あなた」。私は、今まで出会ってきた全ての人を想い歌っています。
大正琴愛好者の皆様も、それぞれの大切な「あなた」を想い、これからも演奏していって頂けたら嬉しく思います。
 音楽は人の心を明るく元気にする力があります。
大正琴愛好者の皆様も、いつまでもお元気で大正琴の演奏をお楽しみください。

第7回大正琴音楽大賞「あの鐘を鳴らすのはあなた」授与式
2013.01.27 Sunday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ