琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
全国大会の初心者グループに飛び入りしませんか
4月27日(土)、28日(日)に、横浜市の横浜国際平和会議場(パシフィコ横浜)大ホールで開催される、「琴伝流大正琴第28回全国大会」では、大正琴を始めて間もない方や、全くの初心者の皆様が舞台に立つ「初心者グループ」を企画しています。
事前の出場申し込みは既に締め切りましたが、当日の飛び入りも大歓迎です。
有料の演奏会のため入場料が1,500円かかりますが、当日手ぶらでお越しいただければ、演奏曲目の「荒城の月」の楽譜をお渡しし、事前に無料のレッスンも随時行います。
大正琴を全く経験したことのない方でも大丈夫。
出演時間は両日ともお昼前後です。
ご家族の応援できた方も、想い出に琴伝流全国大会の大舞台に立ってみませんか。
詳しくは、琴伝流本社(TEL0265-81-7500)までお問い合わせください。
2013.04.11 Thursday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
「第26回琴伝流コンサート」出場グループ決定!
多くのご応募をいただきました「第26回琴伝流コンサート」の審査が終わり、出場グループが決定しました。
今回は、琴伝流コンサートの門戸を広げるため、メンバー全員がこれまで琴伝流コンサートに出場したことのない初出場グループの出場枠を設けたところ、広島、日比谷の各会場とも初出場グループが2グループずつ出場することになりました。
日比谷会場の初出場グループには、昨年9月からラジオ番組「大正琴こころのメロディー」の企画でコンサート出場をめざし練習を重ねてきたCBC中部日本放送の渡辺美香アナウンサー、永岡歩アナウンサー、小川健太アナウンサーらのグループも出場します。
入場券は両会場とも全席指定の3,000円で、現在予約受付中です。
ご希望の方は琴伝流本社(TEL0265-81-7500)までお問い合わせください。

「第26回琴伝流コンサートin広島」
 【日時】平成25年6月15日(土)12:30〜16:30予定
 【会場】アステールプラザ(広島市)
   1.必殺仕掛人「荒野の果てに」(上田雪子)
   2.明日に架ける橋(中元明美)
   3.待つわ(本間美智子)
   4.無言坂(足立典子)
   5.能登はいらんかいね(畔柳楽安)
   6.庄内平野風の中(萬代知子)
   7.桃色吐息(石川幸栄)
   8.夜のプラットホーム(藤森とし子)
   9.日本のあそび歌(大森茂子)
   10.契り(阿部和子)
   11.風雪ながれ旅(有吉聖子)
   12.影法師(金谷栄)
   13.碧空(池ヶ谷愛美)
   14.懐しのボレロ(村本陽子)
   15.月物語(岩澤幸子)
   16.夢芝居(福山珠恵)
   17.君よ知るや南の国(山本淑子)
   18.黒田節(仲地京子)
   19.旅立ちの光〜蝶々夫人より(中山啓子)
   20.Begin the Beguine〜ビギン・ザ・ビギン〜(川住有慧)
   21.私鉄沿線(伊藤真由美)
   22.未来へ(茅野京子)
   23.アメリカ橋(伊藤強)
   24.ピアノソナタ8番より「悲愴」(大西英男)
   25.いとしのエリー(山本啓子)
   26.櫻(黒田澤子)
   27.太陽にほえろ!メドレー(川越スマ子)
   28.朧月夜〜祈り(吉田裕子)
   29.風が吹いている(須江泉)
   30.希望の歌〜交響曲第九番〜(城葉月)

「第26回琴伝流コンサートin日比谷」
 【日時】平成25年7月6日(土)12:30〜16:30予定
 【会場】日比谷公会堂(東京都千代田区)
   1.チャンピオン(茂木長子)
   2.軍隊行進曲(前田房弦)
   3.櫻(小中美津江)
   4.サボテンの花〜After The Rain(吉嶺凉子)
   5.アカシアの雨が止むとき(藤田ますゑ)
   6.トルコ行進曲(細井信子)
   7.私鉄沿線(浅井マリ子)
   8.珍島物語(三谷のり子)
   9.帰れソレントへ(矢野久子)
   10.契り(三嶋晴香)
   11.あの素晴らしい愛をもう一度(佐野哲子)
   12.聖母たちのララバイ(伊藤真由美)
   13.I Got Rhythm〜アイ・ガット・リズム〜(本間美智子)
   14.ラストダンスは私に(田中千賀)
   15.ラテン・アラカルト(仁木奈々華)
   16.映画「ひまわり」より主題歌(盒興啝辧
   17.女々しくて〜ゴールデンボンバーより〜(宮沢智子)
   18.民謡「木曽節」に基づく小狂想曲(神津ことえ)
   19.序章じょんがら〜夢のタンゴ(永谷和子)
   20.ありがとう(永森由美子)
   21.初恋(大開紀代江)
   22.愛傷歌(藤井玲歌)
   23.Ditective Story〜刑事物語〜(鬼塚桂子)
   24.星のフラメンコ(松田みどり)
   25.LOVE LOVE LOVE(渡辺美香)
   26.三日月(吉口玉子)
   27.女人高野〜通りゃんせ〜(岩澤幸子)
   28.風が吹いている(鈴木安寿)
   29.雪深深(吉田裕子)
   30.天城越え(伊藤比奈湖)
2013.04.02 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
コンサートがケーブルテレビで放映されました
10月27日、日立市にある「吉田正音楽記念館」で、私達の「琴京介大正琴バンド」が、昨年に続き3度目のコンサートを行いました。
当日はケーブルテレビJWAYの取材を受け、この様子が「デイリーひたち」という番組で繰り返し放送されました。
今回のコンサートは、今も歌い継がれている名曲「丘を越えて」、「夜明けのスキャット」から始まり、「下町の太陽」、「懐しのボレロ」を披露し、最後は「美しい十代」、「高原の駅よさようなら」等、計10曲を演奏させていただきました。
アンコールでは「いつでも夢を」を会場の皆さん全員に歌っていただき、本当に楽しいコンサートになりました。
今回の放映では、琴伝流大正琴の魅力である、ソプラノ、アルト、テナー、ベース大正琴を使った合奏の楽しさについてアナウンサーの方に紹介してもらい、テレビを見た方にはそれらが少しは伝わったのではないかと思っています。
私達の活動は、福祉施設の慰問演奏が中心ですが、これからも琴伝流大正琴アンサンブルの素晴らしさ、楽しさをもっともっと色々なところで、色々な人達にPRできたらと思っています。
(茨城県・降旗先生のお便り)

茨城県・降旗先生H24

茨城県・降旗先生H24
2013.04.01 Monday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
ラジオ番組再編のお知らせ
琴伝流では、「大正琴こころのメロディー」をTBSラジオとCBCラジオで放送していますが、3月31日をもってTBSラジオでの放送が終了し、CBCラジオのみの放送になります。
また、現在文化放送で行っている「天気予報」の提供を取り止め、同局の新番組「キニナル」内に新コーナー「琴伝流ハートフルミュージアム」としてスタートします。
「大正琴こころのメロディー」では引き続き大正琴の情報や魅力をご紹介し、「キニナル」では、大正琴の音色にのせて、リスナーの皆様の心の琴線に触れたできごとを紹介する予定です。
変更後の放送時間等は次の通りですので、引き続き琴伝流の大正琴アンサンブルの魅力をお楽しみいただきますようお願いいたします。

「大正琴こころのメロディー」
   CBC中部日本放送 毎週日曜日 朝8:25〜8:35

「キニナル」
   JOQR文化放送  毎週日曜日 夕方18:00〜20:00
    <パーソナリティー>
      岡田眞善(俳優、ラジオDJ、写真家などマルチに活躍。)
      加納有沙(愛知県出身。4月から文化放送へ。)
    新コーナー「琴伝流ハートミュージアム」 18:45頃
2013.03.29 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
今月の耳寄り情報 〜Pick up〜 13
世界保健機関(WHO)は、1月31日に成人の塩の摂取量を1日5g未満とする指針を公表しました。
同時に、塩分の排出を促すカリウムを糖尿病や腎臓病の方を除き、1日3.51g以上摂取するよう勧めています。
厚生労働省の2011年のデータでは、日本人の平均摂取量が男性11.4g、女性9.6gとWHOの指針を大幅に上回っています。
一方、カリウムは男性2.3g、女性2.2gとこちらは不足しています。
そこで、お勧めするのが国産タマネギを粉末にした「エミール」。この商品には血液サラサラでお馴染みのポリフェノール(ケルセチン)だけでなく、日本人に不足しているカリウムのほか、カルシウム、マグネシウムなども含まれています。もちろん塩分は含んでいません。
百歳になっても笑顔で大正琴を楽しんでもらいたい。そんな願いをこめた「エミール」を是非どうぞ。
100g1袋  税込価格1,000円

国産タマネギの皮100%「エミール」
2013.03.28 Thursday | 耳寄り情報PickUp | trackbacks(0)
今月の大正琴川柳
大正琴を楽しむ皆様が日常を詠んだ大正琴川柳です。

 生きがいは 大正琴と 胸を張り     東京都・前田たか子
 間違えて しらぬふりして 舞台降り   奈良県・菊本章夫
 琴の音に 負けじとひ孫 ピアノ弾く   三重県・岸田智恵子
 八十路にて ますます元気 ドレミファソ 宮城県・阿部治子
 琴仲間 今日も勇んで 脳作業      青森県・佐藤むつ子
 琴弾けば ストレス飛ぶよ ランランラン 岩手県・佐々木良子
 名曲も 迷曲となる 我が琴音      神奈川県・藤崎紀英
                        <会報H25年3月分、敬称略>
皆様からのご投句をお待ちしています。
大正琴を習っていない方や、琴伝流以外の方もお気軽にお寄せください。
2013.03.27 Wednesday | 大正琴川柳 | trackbacks(0)
飯島中学校3年3組が大正琴で卒業記念コンサート
琴伝流発祥の地である長野県飯島町の飯島中学校3年3組が、卒業式を終えた3月20日に、保護者や地域の皆様をお招きして、飯島文化館で大正琴で卒業記念コンサートを行いました。
このクラスは、1年生の時から総合学習の時間に大正琴を学び、2年次と3年次に大正琴協会が主催する「全国子ども大正琴コンクール」に出場し、昨年度は優秀賞、今年度は最優秀賞に輝くなど、勉強や部活動とともにクラス全員で大正琴を継続してきました。
卒業記念コンサートでは、初めて習った「ドレミの歌」やコンクール入賞曲など9曲を演奏し、サプライズとして保護者31名が子どもに負けじと練習した「ふるさと」の演奏もあり、中学生活を締めくくる良い想い出になったようです。
学級長の井口さんの「大正琴でクラスの団結が強まり、今日は最高の団結力で演奏できた。」という言葉が、琴伝流にとっても何より嬉しい一言でした。
卒業してもクラスの絆を大切に、4月からの新生活でも頑張ってほしいと思います。

信濃毎日新聞(H25.3.21)
飯島中学校3年3組卒業記念コンサート(信濃毎日新聞H25.3.21)

中日新聞(H25.3.21)
飯島中学校3年3組卒業記念コンサート(中日新聞H25.3.21)

長野日報(H25.3.21)
飯島中学校3年3組卒業記念コンサート(長野日報H25.3.21)
2013.03.26 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
ラジオ出演をして
私達楽遊は、今年でやっと6年というまだ歩み始めたばかりのグループです。
今迄、地元の教育委員会の行事「子供の体験教育」などいろいろしてきましたが、今回はグループの中からアンサンブルチーム『ドルチェ』を6名で結成したところ、ご縁があり「ならどっとエフエム784」のラジオの「ハートフルサウンド」という音楽番組の生放送に30分出演させていただきました。
短時間ではありましたが、大正琴の魅力、琴伝流についてや、新しい仲間作りのための宣伝を行って参りました。
常に努力と行動をしていないと実を結ばないということを、身をもって感じる日々です。
これからも精力的に活動して行きたいと思います。
最後になりましたが、いつも応援してくださる諸先輩の先生方、大正琴ファンの方に感謝するとともに、生徒の皆様に感謝を忘れず頑張って参ります。
(京都府・村上先生のお便り)
2013.03.25 Monday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
教本「大正琴曲集(入門編)」復活いたしました
琴伝流の発足間もない頃から、大正琴の入門教本として親しまれてきた「大正琴曲集(入門編)」は、免状制度の変更に伴い新しい教本「新しい大正琴教本(初級編)・(上級編)」に切り替わりましたが、皆様から再版を望む声が非常に多かったため、再版復活しました。
「大正琴曲集(入門編)」には、比較的初級レベルの楽曲がたくさん入っています。
教則本としては「新しい大正琴教本」をお使いいただき、これを補完する形で色々な曲をお楽しみいただければ幸いです。

大正琴曲集(入門編)
2013.03.22 Friday | 新商品情報 | trackbacks(0)
活動の報告です
平成24年11月29日、埼玉県知事公館において、「文化ともしび賞」を受賞して参りま
した。
この賞は、地道に大正琴を伝えてきたことでの受賞とのこと、私には身に余る光栄で
す。
東松山市での個人の受賞は34年ぶりだそうです。
これまで、福祉施設慰問は20年、登校ボランティアは6年間、毎日続けています。
これからも精一杯大正琴の指導とボランティア活動に取り組んでいきたいと思いま
す。
(埼玉県・勝田先生のお便り)

埼玉県・勝田先生H24
2013.03.21 Thursday | 会員からのお便り | trackbacks(0)

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ