琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
東日本大震災後の活動報告
3月11日の東日本大震災以来、多くの方々がかつてない被害受け、且つ未だ度重なる余震に怯え、眠れぬ夜を過ごされているこの頃、微力ながらも私達に何かお役に立てることはないかと、ボランティア活動を考えました。
せめて一時でも心安らぐ時を送っていただけたらと、4月上旬から中旬にかけて、市内の各施設を廻り慰問活動をすることにしました。
「特養老人ホーム」6ヶ所と、「老人の集い」、また、風評被害に苦しめられている「農村女性の集い」等へ出向き、「故郷」ほか童謡10曲、「草津節」ほか民謡5曲、「旅の夜風」ほか懐メロ3曲等々計20曲ほど演奏し、手足を動かす遊びを取り入れたコーナーも作りました。
「ご一緒にどうぞ。」と申し上げても最初は声も出されなかった方々も、次第に音楽の魅力で雰囲気が和み、大きな声で歌ったり手拍子が出たりと、表情がとても明るくなりました。
70代後半の女性は、「今日は懐かしい曲ばかり聴かせてもらい、今まで一度も歌など歌うことさえできなかったけど・・・」と目に涙を一杯ためて、「また来て欲しい。一緒に歌わせてください。」と握った手を放そうとしませんでした。
今まで表情を失った方々でさえ、これほど生き生きと甦らせる大正琴の素晴らしさは、指導者として琴伝流から認められた証を、この時期に一部であっても喜びに変えることができ、「互いに助け合う」という真心が伝えられたかなという数日でした。
(H23.05、茨城県・廣戸榮先生、村上睦枝先生、細山みつ子先生のお便り)

琴伝流大正琴・茨城県・廣戸先生1
2011.09.16 Friday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
95歳の田中いねさんが小学生と共演
大正琴誕生100周年に合わせて、琴伝流が募集した満95歳以上の現役愛好者に田中いねさんを推薦させていただき、このたび表彰状が届きました。
田中いねさんは、西尾市の通所介護施設「いこいの里」で月3回大正琴を習っています。
指導するサタデープランの小学生とともに「いこいの里」を訪れ、一緒に演奏した後、子供たちが表彰状を手渡しました。
9月の全国大会に田中さんが紹介されると伺い、本人も大変喜んでおります。

サタデープランの子供たちより
○ぼくは、「いこいの里」でぼくたちより長く大正琴をやって、賞状をもらえたおばあさんはすごいと思いました。
○「いこいの里」で演奏すると聞いたとき、「ふーん、そうなんだ」とくらいしか思っていなかったけど、ホームの人も一緒に弾くと聞いておどろきました。
○まちがえないで弾けるか心配だったけど、「スキー」「富士山」「きらきら星」など一生懸命弾きました。
(H23.02、愛知県・石川先生のお便り)

琴伝流大正琴・愛知県・石川先生2

琴伝流大正琴・愛知県・石川先生1・三河新報
2011.09.01 Thursday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
自作の「千曲恋唄」が通信カラオケで配信中です
このたび私が作曲しました「千曲恋唄」が、通信カラオケ配信会社UGAで配信されています。
大正琴用譜面も作りましたので、聴いてみてください。
(H23.05、長野県・足立先生のお便り)
2011.08.31 Wednesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
デイサービスでの個人指導を振り返って
「まだまだ遊べる、まだまだ学べる、もっともっと楽しめる」というコンセプトで、いろいろなプログラムを組んで、利用者が好きなことを選ぶことから一日が始まるというデイサービスの施設から、大正琴の演奏のほかに利用者に個人指導をしてほしいとの要望がありました。
そこで、ボランティアグループ「ことね会」を立ち上げ、月2回、6〜7名で訪問を始めて一年が経ちました。
皆さん「難しいけれど楽しい」と意欲的で、熱心さが伝わってきます。
私達もボランティアのできる立場に感謝し頑張らなくてはと思っています。
利用者、施設職員から感想をいただきましたのでご紹介いたします。

私は昨年から主人とデイサービスに通い始めました。
木曜日は音楽クラブで初めて大正琴に出会い、その音色に感動しました。
個人指導では右手と左手が合わず、なかなか弾けませんでしたが、大正琴をお借りして家でも練習して何とか弾けるようになりました。
やみつきになっていた頃、突然娘が大正琴をプレゼントしてくれ、今では好きな時間に自由に大正琴を楽しんでいます。大正琴に出会って本当に良かったと思っています。
ことね会の皆様、今後ともよろしくお願い申し上げます。
(H23.03、福島県・佐藤先生のお便り)

琴伝流大正琴・福島県・佐藤先生1

琴伝流大正琴・福島県・佐藤先生2

琴伝流大正琴・福島県・佐藤先生3
2011.08.30 Tuesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
叙勲祝賀会で演奏させていただきました
昨年11月30日に、元運輸大臣の叙勲祝賀会が東京赤坂の俳優渡辺文雄さんが営んでいる料亭で開かれました。
このようなお祝いの場で大正琴の演奏依頼をお受けして、大勢の生徒さんの中から7名の若い方を選んでお伺いしました。
当日は、森元内閣総理大臣を始め、30名の方々が出席され、私達は金屏風の前で、緊張の中「祝い船」と「黒田節」を演奏しました。
すると、森元総理大臣からアンコールをいただき、「故郷」を演奏しました。
演奏後、皆様と写真撮影をし、翌日は国会議事堂を見学させていただきました。
大正琴のお陰で最高の幸せを感じております。
(H23.03、愛媛県・石丸先生のお便り)

琴伝流大正琴・愛媛・石丸先生
2011.03.17 Thursday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
厚生労働大臣より感謝状をいただきました
平成11年4月、大阪より故郷大分県佐伯市に帰り10年余り過ぎました。
故郷へ帰った時、大正琴を通して2つの夢を持っていました。
ひとつは「コンサートに出演できるようなチームを作りたい」、もうひとつは地域社会の中でたくさんの人とふれあい楽しんでいきたい」と。
引っ越した年の5月に教室を開くと同時に、近くの老健施設で「大正琴に合わせて歌い、踊り、遊びましょう」と、ボランティアの訪問演奏を始めました。
2つ目の夢もたった一人で始めるつもりが、すぐ生徒が司会を申し出てくれ、2年目には他の生徒が自分達も参加したいと申し出てくれました。
聞いてくださる方のほうがボランティアのような状況でしたが、“笑顔”だけをモットーでやってきました。
9月に二千回の演奏会を迎えることができ、11月には厚生労働大臣より感謝状をいただきました。
今までの活動を通じていただいた感謝状は、10本の指では足りません。
また、地元新聞やケーブルテレビに取り上げていただき、地元の人気グループ(?)になっています。
琴伝流大正琴に出会えたお陰で多くの方々とふれあうことができ、心豊かな人生を送られることに感謝しています。
(H22.12、大分・嶋田先生のお便り)

琴伝流大正琴・大分・島田先生・大分合同新聞
2011.02.26 Saturday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
大津市長より感謝状をいただきました
11月9日、大津市より「平成22年度大津社会福祉大会」の式典にお招きいただき、「市長感謝状」を受賞いたしました。
社会福祉事業に貢献したご褒美との由、会員一同大変恐縮に存じております。
毎年定期演奏会を開催するたびに会場にお運びいただく多くの方々、会員の仲間から募金の協力をいただき、福祉のお役に立てたようでございます。
今後もできうる限り長く続けて皆様に喜んでいただけたらと思います。
有難うございました。
来年は25周年を迎えます。
更なる努力をして参ります。
(H22.12、滋賀・前谷先生のお便り)

琴伝流大正琴・滋賀・前谷先生
2011.02.24 Thursday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
能生小学校のクラブ活動で大正琴の指導をしました
能生小学校に大正琴の指導に行き、お手紙をもらいましたので報告します。

先日はお忙しい中にもかかわらず、能生小学校のクラブのご指導をいただき、心よりお礼申し上げます。
子ども達はクラブ活動を毎回とても楽しみにしていました。
講師の皆様の熱心なご指導のおかげで、子ども達は活動の楽しさを味わいながら技術を身につけていくことができました。
たくさんの人と関わりながら夢中になって活動し、子ども達にとってクラブ活動の時間は楽しく心地良い時間になっていたようです。
(H22.12、長野・篠原先生のお便り)

琴伝流大正琴・長野県・篠原先生1

琴伝流大正琴・長野県・篠原先生2
2011.02.23 Wednesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
会社見学の赤穂南小学校先生よりお便りをいただきました
10月にはご多用のところ子ども達の学習のために時間を割いて工場見学させてくださり有難うございました。
大正琴が一つ一つ手を掛けて組み立てられていく過程がよく分かり、子ども達は興味津々で見入り、説明に耳を傾けていました。
大正琴の移り変りやギネス記録などもとても印象的だったようです。
また、大正琴の演奏体験はとても楽しかったようで、家の人に「買って」「習わせて」などと話した子ども達も多かったようです。
身近なところに存在した日本一を知り、駒ヶ根市の産業の一つとして大変印象的な学習になりました。
(H22.11、長野・赤穂南小学校のお便り)

赤穂南小学校3年生の皆さん
2011.02.22 Tuesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
「第9回メリーゴーラウンドチャリティーコンサート」を終えて
去る10月31日(日)、青梅市民会館にて「第9回メリーゴーラウンドチャリティーコンサート」を開催いたしました。
前日のリハーサルは思いがけない台風の接近で荒れ模様となりましたが、当日は幸い天候に恵まれ、一昨年以来2年ぶりのコンサートを楽しみにしてくださったお客様で会場は満席になりました。
コンサートは2部構成で、第1部の「思い出のアルバムを開いて」では、昨年迎えたメリーゴーラウンド10周年を記念して、これまでのコンサートから思い出のメロディーを、第2部の「銀幕の世界へようこそ」では、ノスタルジックな青梅の雰囲気に合わせて懐かしい映画音楽をそれぞれ特集しました。
第1回コンサートからずっと舞台・音響を担当している気心が知れたスタッフの協力のもと、第1部では演奏とともに思い出話に花が咲き、第2部ではこの日のために特別に描かれた映画看板が飾られ、軽妙なナレーションとともに小道具のカチンコが鳴って会場の笑いを誘いました。
賛助出演にヴァイオリン、フルート、友情出演に大正琴、パーカッション、尺八、ナレーターと多彩な方々をお迎えし、会場のお客様も思い出の歌を口ずさむなど、華やかで暖かみのあるコンサートになりました。
最後にアンコール曲の余韻が響く中、一人ずつ客席に降りて直接お客様と手をふれ合い言葉を交わしながら退場いたしましたが、そのとき改めてこれまでの10年の歩みを支えてくださったたくさんの方々へ心からの感謝で胸がいっぱいになりました。
(H22.12、東京・田治米先生のお便り)

琴伝流大正琴、東京都・田治米先生1

琴伝流大正琴、東京都・田治米先生2
2011.01.15 Saturday | 会員からのお便り | trackbacks(0)

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ