琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
「大正琴絆基金」のお礼のお便りをご紹介します
琴伝流が東日本大震災で被害を受けた仲間を支援したいと、5月から始めた「大正琴絆基金」による大正琴の寄贈は12月現在で131台となりました。
このほか東北大会の参加料を無料にして、被災地の皆様に笑顔のひとときをお届けすることができています。
こうした全国の皆様からの温かい支援に、感謝の言葉が寄せられていますのでご紹介します。

このたび東日本大震災に伴い、「大正琴絆基金」の全国の仲間から心温まるご支援をいただき、誠に有難く感謝申し上げます。
菅原智琴教室の生徒全員怪我もなく無事でしたが、家、物置、車庫、車とも津波で流された人、家の全壊、半壊、床上床下浸水と、様々な生徒がおりました。
6月の宮城県大会同様、9月の「菅原智琴教室25周年記念コンサート」を中止しました。
先日、琴伝流東北本部から11月の東北大会は開催されますとの知らせが入り、当初は休むつもりでしたが、明るい兆しが見えてきた教室があったので、「大正琴絆基金」を寄せていただいた全国の皆様にも一歩前進の証を報告したいと思いました。
8年前の宮城県北部内陸地震の時も、琴伝流の仲間の皆様からFAXや手紙で激励をいただきました。
大正琴の仲間の素晴らしさに改めて感謝申し上げます。
私事ですが、5月から12回各施設のボランティア活動を再開し喜ばれております。
東北大会出演に向け再び笑顔で大正琴を奏でられるよう頑張っていきます。
いろいろとご心配をおかけしました。
琴伝流の仲間の皆様、健康第一です。お元気でね。
(宮城県・菅原先生より)

6月14日、宮城県にも梅雨の季節が訪れ、今日は朝から雨が降ったりやんだりです。
私は、増澤先生のもとで大正琴を教えていただいているものです。
過日の大震災で津波の浸水を受け大事な琴を駄目にしてしまい力を落としていました。
ところが、皆様のお陰で昨日大正琴を再び弾くことができ、嬉しいやら、申し訳ないやらで感慨無量です。
今回の震災で物や人や心をたくさん失ってしまいましたが、昨日の練習で増澤先生が「前に進むしかないのよ、前に進めば必ず何か見えてくるから」と話され、動くことにより切り開いていくことを教わったような気がしました。
乱雑ですみません、とりあえずお礼状をと思い書いてみました。
全国の皆様、有難うございました。
(宮城県・林様より)

このたびは東日本大震災のお見舞いとして、どこより誰より早く対応していただき、琴音会一同心より感謝申し上げます。
東北本部始め会員の皆様からの励ましのお言葉、温かいご支援をいただき、大正琴の会員であったことを心強く感じました。
本当にありがとうございました。
東日本大震災では、過去に類を見ないほど私たちの住む町は一変してしましました。
会員の自宅も道路もどこにどうなったか分からないくらい皆無くなってしまいました。
でも少し落ち着いて、ある日被災された会員さんと娘さんが見えて、「もう一度家の母にお琴を続けさせてください。」と娘さんから言われたとき、ハッと気付きました。
私も本当はその気がなくなっていたのに、皆さんに励まされ、また会員の皆様と心を一つに力を合わせて頑張りたいと思っております。
贈っていただいた大正琴は、みんなで大切に使用させていただきます。
大正琴子ども教室も無報酬で続けたいと思っています。
微力ながら少しでもお役に立てれば幸いです。
皆様、心よりありがとうございました。
全国大会始め、東北大会にもまた頑張りたいと思います。
(宮城県、桑島先生より)

先日は、「銀河」3台をお送りいただきましてありがとうございました。
教室の方も10月開講となり、6ヶ月ぶりにお稽古できる日を楽しみにしております。
支援をいただきました8名の仲間に代わり、厚く御礼申し上げます。
(宮城県、渋谷先生より)
2011.12.22 Thursday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
ピース538「私からあなたへ」にメッセージをいただきました
昨年の「第26回全国大会」のゲストとしてお招きし、会場でお披露目いただいた大正琴誕生百年メモリアル大使さくらまやさんの新曲「私からあなたへ」が先月ピースとして発売されました。この曲を歌うさくらまやさんと、さくらさんの事務所の親会社社長でこの曲の作曲者でもある「新聞少年」でお馴染みの山田太郎さんから、琴伝流の皆様にメッセージが届きましたのでご紹介します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私の苦手な寒い季節、私はホッカイロを背中に貼って頑張っていますが、琴伝流大正琴のみなさんはお変わりありませんか?
日本武道館では皆さんを前に初めての一人喋りと歌を歌わせていただき緊張でガチガチのステージでしたが、とても良い経験となりました。
「私からあなたへ」が楽譜になったという嬉しいお話を聞き、「これは自分も弾けなくてはいけないな」と思っています。
その時には一緒に弾いてください。宜しくお願いいたします。
                                【さくらまや】
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
弊社タレントの「さくらまや」が全国大会でお世話になりました事、深く御礼申し上げます。
また、この度は「私からあなたへ」を大正琴演奏用に譜面化して頂いた事、非常に嬉しく思っています。
この「私からあなたへ」は私が作曲し、西條みゆき先生が作詞を手がけた会心の一曲。
全国のおじいちゃんおばあちゃんに日頃の感謝を伝える曲で、催し物やご家族での集まりにこの曲を弾き語り、ご年配の皆さまに感謝の気持ちを伝えて頂きたい、「私からあなたへ」の気持ちを広めて頂きたい、そのような思いでおります。
一期一会、さくらを通して大正琴の皆様と出会えたことを感謝し、これからも琴伝流大正琴の皆様とより良い関係を築いていければ幸いでございます。
                                 【山田太郎】
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さくらまやさん・山田太郎さんメッセージ
2011.12.20 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
琴伝流会報に新コーナー「大正琴川柳」スタート
琴伝流では会報「ふれあい通信『大正琴アンサンブル』」を毎月発行していますが、紙面の都合上、会員の皆様からの投稿を全てをご紹介できていません。
そこで、もっと気軽に皆様の日頃の様子をご紹介できるよう「大正琴川柳」をスタートします。
皆様の投句は会報のほかこのホームページにも掲載し、応募が増えれば年末に「大正琴川柳大賞」も設けたいと考えています。
思わず吹き出してしまう川柳や、そうそうと頷いてしまう川柳を奮ってお寄せください。
川柳の堅苦しい決まりごとのないスタイルは、どこか琴伝流の理念に通ずるものがあります。
指導者のみならず、生徒の皆様にもご応募いただき、大正琴の楽しみが様々な視線から表現されることを期待します。
2011.12.16 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
「社団法人大正琴協会第38回通常総会」開催
去る12月7日(水)に、東京都港区のメルパルク東京にて「社団法人大正琴協会第38回通常総会」が開催されました。
東京での開催ということもあり、理事長の海部俊樹元内閣総理大臣のほか理事の竹山裕元科学技術庁長官もご出席され、賑やかな総会となりました。
総会では大正琴誕生100周年を記念して、大正琴の発売日である9月9日(重陽の節句・菊の節句)を「大正琴の日」とすることが決議され、節目の年に相応しい意義のある総会でもありました。

大正琴協会第38回通常総会(理事会)

大正琴協会通常総会(講演会)
2011.12.15 Thursday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
社団法人大正琴教会主催「大正琴誕生100年記念合同演奏会」入場券発売
平成24年2月12日(日)に、名古屋市の名古屋国際会議場で開催される「大正琴誕生100年記念合同演奏会」の入場券を発売します。
ご希望の方は、琴伝流本社までお電話またはメールにてお知らせください。
◆日時:平成24年2月12日(日)開場10:00、開演10:30、終演16:50(予定)
◆価格:1枚2,000円(一般席内全席自由)
◆申し込み先:琴伝流本社 TEL 0265-81-7500、e-mail info@kindenryu.co.jp
◆前売終了日:平成24年2月3日(金)
2011.12.13 Tuesday | 演奏会のご案内 | trackbacks(0)
琴伝流本社から見た中央アルプスの朝焼け
今日12月12日は、12月らしい冷え込みとなりました。
本社から見える中央アルプスも、朝日に照らされて一段と鮮やかでした。
空気が乾燥する季節です。
インフルエンザや風邪には十分注意しましょう。

琴伝流大正琴本社から見た中央アルプス
2011.12.12 Monday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
一年の締めくくりの兵庫県大会終わる
今年最後の県大会となる「琴伝流大正琴第9回兵庫県大会」が、12月1日(木)に兵庫県明石市の「明石市民会館」で開催されました。
今年は大正琴誕生100周年の大正琴愛好者にとって節目の年でしたが、東日本大震災の発生により愛好者を含め多くの方が心を痛めた一年でもありました。
ちょうどこの日の神戸では、阪神淡路大震災復興のシンボル「神戸ルミナリエ2011」が始まり、琴伝流の兵庫県大会も被災地への特別な思いが込められた演奏会となりました。
少しでも被災地の皆様のお役にたちたいと行っている義援金や大正琴寄贈の取り組みは、贈る側にとっても今一度大正琴の仲間の有難さを考える機会となったように思います。
「大正琴の絆」を幾重にも紡いで、これからも仲間の笑顔あふれる琴伝流を目指して参ります。

「琴伝流大正琴第9回兵庫県大会」
2011.12.07 Wednesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
平成23年大正琴演奏曲人気ベスト10
毎年の大正琴音楽大賞の基礎データとなる主な大正琴演奏会での演奏回数を発表します。
今年は東日本大震災の影響で中止となった県大会が多く、トータル演奏数が例年より若干少なくなっていますが、そんな中、加藤登紀子さんが歌った「百万本のバラ」が最多演奏曲目となりました。
このデータに、ラジオ番組「大正琴こころのメロディー」へのリクエスト数を加味して今年の大賞曲が決まります。
大正琴音楽大賞の発表は、年末頃に行なう予定です。
【平成23年大正琴演奏回数ランキング】
  1位 33回 百万本のバラ
  2位 26回 北の旅人
  3位 23回 また君に恋してる
  3位 23回 はぐれコキリコ
  5位 19回 昴
  5位 19回 地上の星
  7位 18回 風雪ながれ旅
  7位 18回 夜桜お七
  7位 18回 あの素晴らしい愛をもう一度
 10位 15回 あの鐘を鳴らすのはあなた
 10位 15回 草原の輝き
  ※琴伝流の県大会以上の演奏会および大正琴協会主催演奏会を対象
  ※延べ演奏数1,733曲

H23大正琴人気演奏曲
2011.11.29 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
大正琴協会総会のご案内
社団法人大正琴協会では、12月7日(水)に第38回通常総会を開催いたします。
既に同協会正会員の皆様には開催通知が届いていると思いますが、総会成立の要件を満たすため、出席できない方は同封の委任状の提出をお願いします。
<社団法人大正琴協会第38回通常総会>
 日時:平成12月7日(水) 13:00〜13:50
 会場:メルパルク東京(東京都港区芝公園2-5-20、03-3433-7212)
 その他:総会終了後、講演会を予定しています。
     「初心者の心をほぐす楽しい音楽療法」
      講師:佐々木菜穂子氏(株式会社音あそび教室代表)
2011.11.28 Monday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
日本大正村「大正百年まちづくり交流会」開催
琴伝流が建立した「大正琴誕生百年記念之碑」がある、岐阜県恵那市明智町の財団法人日本大正村では、大正百年に向け平成19年から大正百年事業を行なってきました。
7月31日(日)には「大正百年改元記念式典」を盛大に開催し、11月20日(日)にその最後の事業となる「大正百年まちづくり交流会」を「かえでホール」で開催し、一連の事業が幕を閉じました。
交流会では、大正をテーマにまち作りを行なっている、福島県会津若松市の「七日町通りまちなみ協議会」、埼玉県さいたま市の「与野銀座商店街協同組合」、兵庫県神戸市の「大正筋商店街振興組合」と、日本大正村によるそれぞれ活動報告とパネルディスカッション。
連携宣言の後、「青い山脈」を合唱して閉会となりました。
琴伝流も記念碑建立で深いご縁をいただいた日本大正村を、これからも応援していきたいと思います。
来年は長野で全国大会を開催しますので、東海地区や西日本から参加のグループの方は、道中に日本大正村にお立ち寄りいただければ幸いです。

大正百年まちづくり交流会
2011.11.25 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ