琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
「第22回琴伝流コンサートin滋賀」観客を魅了
7月19日(日)に大津市の「びわ湖ホール」で、滋賀県で初めてとなる「第22回琴伝流コンサートin滋賀」が開催されました。
午前中にはMBS毎日放送の「日曜出勤生ラジオ」の生中継があり、リハーサルの様子や大正琴の説明に続き、大正琴は初めてと言いながら即興で演奏にもチャレンジするなど、レポーターの方にも楽しんでいただけたようです。
JR大津駅には11時を過ぎるとこのコンサートに向かう方が増え始め、開場と同時に約1,500名の観客が一斉にホールに入場し、開演前からホールは熱気に包まれていました。
また、CBC中部日本放送の渡辺美香アナウンサーも会場に駆けつけ、番組のホームページ用にと舞台の上から客席の風景を写真に収めていました。
来年のコンサートは6月に長野市の「ホクト文化ホール(旧:長野県民文化会館)」、7月に東京都千代田区の「日比谷公会堂」の2会場で開催されます。
これからも「大正琴最高峰のコンサート」の名に恥じない舞台をお届けできるよう準備を進めて参ります。

MBSラジオレポートと渡辺アナの一コマ

大ホールに響き渡る大正琴アンサンブル

全員笑顔で今年のコンサートが終了
2009.07.23 Thursday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
「第22回琴伝流コンサートin日比谷」終了
去る7月5日(日)に「第22回琴伝流コンサートin日比谷」が開催されました。
全国から選りすぐりの24グループの大正琴アンサンブルに、観客の皆様から「今年は特にレベルが高いと感じた。」とのお言葉もいただきました。
また、昨年に続きインターネットライブも行われ、遠方の方にも琴伝流コンサートをお楽しみいただくことができました。
前回はアクセス集中により視聴ができないというトラブルがありましたが、今回は4グループずつチャンネルを分けたことで支障なくご覧いただけたようです。
会場では琴伝流オリジナルのハローキティーグッズも販売され、開演前と休憩時間には品定めをする人でロビーが賑わいました。
1929年に建設された日比谷公会堂は、間もなく開設80周年を迎えます。
毎年コンサートでお世話になっている琴伝流としても、次回も日比谷公会堂の節目の年に相応しいコンサートを行いたいと思います。

日比谷公会堂と琴伝流オリジナルグッズ

演奏に華を添えた豪華な舞台

コンサート恒例の終演お見送り

インターネットライブ画面
2009.07.23 Thursday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
平成21年度免状授与式が行われました
平成21年度の免状授与式が5月26日(火)に東京都中野区の「なかのZEROホール」で開催されました。
主に関東周辺の昇格者とその指導者合わせて約250名が出席し、琴伝流の指導者としての心構えや、大正琴を取り巻く環境についての話を聞き指導者としての気持ちを新にしました。
式典が終わると会場を中野サンプラザに移し祝賀会が催されました。
式典とは一転して和やかな雰囲気で、日頃練習を重ねているグループ以外の方とも交流を深める良い機会となったようです。
現在琴伝流では東京のみで免状授与式を行っていますが、名古屋・大阪などの東京以外の大都市での開催も検討しています。
免状を発行する時期がグループにより異なるため、年に一度の授与式では参加が難しいという実態もありますが、指導者の皆様のご意見を伺いながら進めたいと思いますので、ご意見・ご要望のある方はお気軽に本社までお寄せください。

平成21年度免状授与式
2009.07.01 Wednesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
平成21年度大正琴協会功労者表彰に16名
6月3日(水)に、名古屋市の名古屋ガーデンパレスにおいて社団法人大正琴協会第33回通常総会が開催されました。
総会審議終了後には平成21年度功労者表彰式が行われ、4流派から総勢42名が表彰を受けました。
うち琴伝流は最多の16名が受賞し、全国各地における指導者の活動が高く評価されています。

平成21年度大正琴協会表彰
2009.06.30 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
「第22回琴伝流コンサートin富山」開催
5月24日(日)に、富山市の富山国際会議場で「第22回琴伝流コンサートin富山」が開催されました。
新型インフルエンザの報道が連日なされコンサートの開催が心配されましたが、入場者全員にマスクを用意するなどの対策を行い、24グループ200名の出演者による琴伝流の大正琴アンサンブルの世界を堪能いただきました。
観客の中には、初めて生で大正琴の演奏を聴くという方もいて、「大正琴でこんな演奏がされているなんて全く知らなかった。認識不足でした。」と驚かれていました。
こうした方が一人でも多く大正琴の仲間に加わっていただけるよう、琴伝流は様々なPRを行います。
なお、7月の日比谷と滋賀のコンサートについては、新型インフルエンザの流行状態の予想がつきませんが、開催時点で地元自治体から集会自粛要請がなければ行う予定です。
今後大量のマスクを準備することが困難になると思われますので、必要に応じて各自でマスク等をご用意いただくようご協力をお願い致します。

観客にマスクを配る渡辺アナウンサー

幻想的な大正琴アンサンブルの舞台

出演代表者が揃って舞台で手を振り終演
2009.06.11 Thursday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
新型インフルエンザによる臨時休業のお知らせ
琴伝流では新型インフルエンザの感染予防のため、関西本部と神戸会場の2教室を5月25日(月)まで臨時休業といたします。
既にこの期間に講習の予定のある方には、担当者より順次連絡をさせていただいておりますが、各教室からの連絡に従って日程変更等をお願い致します。
なお、現在のところ26日以降は通常営業する予定ですが、今後の政府および該当府県からの情報により、営業再開日を変更する場合もありますので予めご了承ください。
2009.05.19 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
琴伝流のハローキティの仲間が増えました
琴伝流とハローキティは同い年。
昨年のハローキティ根付大正琴バージョンの発売は、琴伝流はもちろん、他流派の方や大正琴を弾いたことがない方からも多くの反響をいただきました。
第2弾のハローキティ根付の発売は既にご案内のとおりですが、先月の全国大会で更に新しいキティグッズが仲間入りしましたのでご紹介します。

キティタオル琴伝流
「ハローキティフェイスタオル」大正琴バージョン
   サイズ:横79cm、縦34cm
   税込価格900円

キティマグカップ琴伝流
「ハローキティマグカップ」大正琴バージョン
   サイズ:高さ7cm、外径7cm(取っ手含まず)
   税込価格800円

※サイズは何れもおよその大きさです。
根付を含め商品は全て琴伝流の本社と直営教室でお買い上げいただけます。
お電話やメールでのご注文も承っていますのでお気軽にお問い合せください。(お送りする場合は送料のご負担をお願いしています。ご了承ください。)
2009.05.16 Saturday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
中京大会に頼もしいメンバーが出演
去る5月10日に名古屋市公会堂で「第18回中京大会」が開催され、社団法人名古屋青年会議所のメンバー20名余りが「世界にひとつだけの花」を手話付きで演奏してくれました。
皆様は今年6月に行われるJC青年の船「とうかい号」の洋上研修に参加し、目的地である台湾で日本の文化として大正琴の演奏を披露する予定とのことです。
名古屋JCの皆様とのお付き合いは、昨年2月の例会で名古屋発祥の文化として大正琴演奏に挑戦していただいたことに始まりました。
一般的な大正琴愛好者とは立場の違う、行動力溢れる良き理解者を得られたことを大変心強く思います。
洋上研修が参加者にとっても台湾の皆様にとっても、意義深いものとなることを心よりお祈りしています。

名古屋JCの皆さんの演奏
2009.05.16 Saturday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
開港150周年で賑わう横浜で「第24回全国大会」開催
全国大会24-1

1859年の開港から150周年の節目を迎えた横浜横浜で「琴伝流大正琴第24回全国大会」が開催されました。
初日はあいにくの空模様となったものの、横浜中華街からお招きした龍舞のアトラクションのほか、ロビーには週刊文春のイラストレーターとしても有名な種村国夫さんご夫妻による「横浜開港150周年記念港の絵画・写真展」も催され、お祭りムード溢れる大会となりました。
今年も「大正琴こころのメロディー」パーソナリティーのCBC渡邊美香アナウンサーも合同グループに加わり、演奏を終えて番組のPRのためにマイクを握ると、それまでの緊張がほぐれようやく落ち着かれたようです。
また、琴伝流35周年を記念して製作された金箔をあしらった「ハローキティ大正琴」などの新商品の展示コーナーや、「大正琴キティタオル」や「大正琴キティマグカップ」を始めとする琴伝流オリジナル商品の土産ブースも大好評でした。
大正琴誕生100周年の前年となる来年の全国大会は、開催地の伊勢に相応しい幻想的な全国大会にしたいと既に準備を進めています。
伊勢神宮の観光を兼ねて是非多くに皆様にご参加いただきたいと思います。

全国大会24-2

全国大会24-3

全国大会24-4

全国大会24-5
2009.05.16 Saturday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
平成20年度大正琴協会指導者研修会開催


社団法人大正琴協会の平成20年度事業の指導者研修会が、2年前に全国大会を開催したさいたまスーパーアリーナ近くの「ラフレさいたま」で3月4日に開催されました。
琴伝流からは約20名が参加し、大正琴協会の研修会では各地でお馴染みの邦楽家山田隆先生の講演をお聞きし、邦楽に関する知識はもちろん、自らも篠笛の奏者として多くの優秀な人材を育て上げた経験に基づき、日頃の指導の参考となるお話しをお聞きしました。
埼玉県では今年10月末から「第21回全国生涯学習フェスティバルが開催され、10月31日(土)には大正琴協会主催の合同演奏会も予定されています。
今年の合同演奏会も各流派が交流を深め、それぞれの良さを再確認する場となることを願っています。
2009.04.03 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ