琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
長野日報コラム「八面観」で趣味の勧め
長野県の南信地域を中心に発行している長野日報の1面コラム「八面観」に、琴伝流が取材された際にお話しした会話が紹介されました。
記者の方と雑談をしていて、大正琴を高齢になっても続けられるのは、大正琴がいくつになっても始められるという理由だけではなく、現在の愛好者の多くが若い頃から夢中になって練習した貯金があるからという話題になりました。
趣味を選ぶときに、いくつまで続けられるか考えながら選んでいる人はあまりいないと思います。
今楽しいことももちろん大切ですが、今楽しく、いつまでも楽しいという視点で自分の趣味を点検してみるのも良いかもしれません。
いつまでも楽しい趣味を早くから始めて貯金を作り、いくつになっても挑戦し続けられる毎日を過ごしていただきたいと思います。
あなたも大正琴を始めてみませんか。

長野日報「八面観」(H24.3.15)
2012.03.27 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
今月の耳寄り情報 〜Pick up〜 2
大正琴で良い音を出すためには、テクニックや楽器の善し悪しも重要ですが、弦も大きな要因になります。
「大正琴は弦があって初めて音が出る」
当たり前のことなのですが、案外おろそかになりがちです。
指で弦を押さえるギターでさえ2週間くらいと言われる弦の寿命は、音を出すたびに金属のキー板と金属のフレットで挟まれ、傷つけられる大正琴ではもっと短くなります。
もちろん使用頻度や押さえる力により差はありますが、それでも新しい弦を張った瞬間から劣化が始まり、音質も悪くなっていくと思ってください。
それだけに、定期的な弦の交換が大切となります。
2012.03.26 Monday | 耳寄り情報PickUp | trackbacks(0)
健康調味料「笑顔百年(エミール)」パッケージ変更のお知らせ
大正琴誕生100周年に合せ、皆様に100歳まで笑顔で大正琴を楽しんでいただきたいとの願いを込めて発売した「笑顔百年(エミール)」は、玉葱の普段食べている部分よりはるかに多いポリフェノール(ケルセチン)を含む、国産玉葱の皮100%の健康調味料です。
2年前の発売以来、継続してご愛用いただいている方も多く、このたび琴伝流オリジナルパッケージの予定製造数を完売いたしました。
引き続きご愛用いただく方には、中身が同一の商品「エミール」をお届け致します。
玉葱の皮100%で塩分を含まないため、血圧の高い方も安心してご利用いただけます。
パッケージが変わっても、引き続き「エミール」をご利用ください。
2012.03.23 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
栄村から長野県北部地震のお礼の手紙が届きました
琴伝流では、昨年3月12日に発生した長野県北部地震に対し、東日本大震災への支援のほかに、昨年6月長野県飯山市で開催された「第7回信州大会」の運営費の中から被害の大きかった栄村に義援金をお贈りしましたが、このたび村から支援に対する礼状が届きました。
栄村の島田村長のメッセージと一緒に入っていた地元中学生や村民の皆様の絵手紙が印刷された紙には、全国から寄せられた支援の気持ちに感謝する言葉がたくさん綴られていました。
まだ完全に復興を遂げたとは言えない状況が続いていますが、全ての村民の皆様が一日も早くもとの暮らしを取り戻せることを願っています。

長野県栄村からの礼状
2012.03.22 Thursday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
大正琴音楽大賞「百万本のバラ」が新聞でも紹介
2月21日(火)に授与式が行なわれた第6回大正琴音楽大賞の様子が、中日新聞(2月28日夕刊)、中日新聞(3月2日長野県版)、長野日報(2月26日)で紹介されました。
大正琴をやっていると、何か楽しいことや明るい話題に出逢えると皆様に思っていただけるよう、これからもPR活動に努めて参ります。

第6回大正琴音楽大賞(中日新聞H24.2.28)

第6回大正琴音楽大賞(長野日報H24.2.26)
2012.03.21 Wednesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
第27回全国大会会員ブース出店募集
第27回全国大会の飲食・お土産ブースでは、会員の交流を図れるよう、琴伝流会員コーナーも用意したいと思います。
滞在時間中に販売できるよう短時間の出店も可能ですので、JA女性部のグループやメンバーに特産品を販売している仲間がいる方は、バスに地元の自慢の特産品を積んで、地元のPRをしてみてはいかがでしょうか。
全国大会に出場しない会員の方の出店も歓迎します。
また、PRしたい商品はあっても販売員(売り子)がいないという方のために、委託販売もお請けできないか業者と調整もしています。
自分達で販売する場合も委託販売する場合も、出店ご希望の方には申込用紙をお送りします。
詳しくは琴伝流本社にお問い合せください。
2012.03.20 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
臨時休業のお知らせ
琴伝流本社では毎週日曜日と第2土曜日を定休日としていますが、来週3月19日(月)を臨時休業日とします。
琴伝流各本部も毎週月曜日が定休日のため全社一斉休業となります。
ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します。
2012.03.17 Saturday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
SBCラジオ(信越放送)60周年記念番組のお知らせ
長野県のSBCラジオでは、3月23日(金)から25日(日)まで放送開始60周年を記念した60時間の特別番組を放送します。
この一環として、24日の朝6時30分から30分間、大正琴の魅力を紹介する番組が放送されることになりました。
長野県にお住まいの皆様は是非お聴きください。
まだ大正琴を始めていない方にもお声掛けいただき、新たな仲間作りにもお役立てください。
 SBCラジオ60周年特別番組「琴伝流大正琴ものがたり」
  【放送局】  SBCラジオ(信越放送)
  【放送日時】 3月24日(土)6時30分〜7時
2012.03.16 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
社団法人大正琴協会指導者研修会開催
社団法人大正琴協会主催の平成23年度指導者研修会が、講師に「音あそび教室」代表の佐々木菜穂子先生をお招きし、3月7日(水)に栃木県宇都宮市のホテルサンシャインで開催されました。
心を解きほぐす簡単な遊びで始まった講演会は、知識を学ぶだけでなく身体全体も使った楽しい講座となりました。
大正琴の演奏会でも演奏者と観客が一体となって楽しむヒントが盛りだくさんで、受講された方には今後の活動に今回学んだことを是非活かしていただきたいと思います。

社団法人大正琴協会平成23年度指導者研修会
2012.03.15 Thursday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
国民文化祭「大正琴の祭典」感謝状が新聞で紹介
去る2月22日(水)に、第26回国民文化祭・京都2011「大正琴の祭典」の感謝状をダブルでいただいたことが、長野日報(2月25日)、中日新聞(3月3日)に掲載されました。
今後、徳島県、山梨県、秋田県と開催される国民文化祭でも、大正琴音楽文化の発展のためにお声が掛かれば琴伝流は大正琴事業に協力を惜しみません。
また、琴伝流の地元長野県では今後国民文化祭が開催されることが予想されます。
県内の大正琴愛好者の皆様とともに、盛大な「大正琴の祭典」を実現する日を楽しみに待っています。

国民文化祭感謝状(長野日報H24.2.25)

国民文化祭感謝状(中日新聞H24.3.3)
2012.03.14 Wednesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ