琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
伊那谷の新名勝?「バレンタイン・ベアー」
琴伝流本社のある長野県駒ヶ根市から15kmほど南に位置する、松川町と高森町の中央自動車道路周辺から東の南アルプス方向を見ると、毎年この時期にはクマのプーさんに似た可愛い雪形が見られます。
中央自動車道を名古屋方面から上り線を走ると、飯田ICの手前からは正面遠方に見えます。
よく見ると、顔の先にはハートマークのような雪形もあり、両手を挙げて投げキッスをしているようです。
バレンタインデーにこの雪形をバックに写真を撮ると、その二人は結ばれるというような話はまだありませんが、そんなカップルが増えるといいですね。

幸せを呼ぶ「バレンタイン・ベアー」雪形

(写真は7年前に撮影したもので、本日の様子と異なります。)
2012.02.14 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
今月の大正琴川柳
琴伝流では、大正琴を楽しむ皆様の日常を詠んだ大正琴川柳を、先月から会報でスタートさせました。
ホームページでは、会報掲載作品だけでなく、誌面の都合で掲載できなかった作品も紹介して参ります。

 新年の 思いも新たに 琴(事)はじめ  愛知県・河野惠津子
 ピックない! 探しまわって 琴の中   茨城県・阿部愛子
 実感す お琴奏でる 幸せを       福島県・ひさ子
 琴の音に ほほ笑み返す 雪椿      石川県・長谷川直哉
 初音会 琴伝流の 旗まぶし       栃木県・鈴木タカ
                       <H24年1月分、敬称略>
皆様からのご投句をお待ちしています。
大正琴を習っていない方や、琴伝流以外の方もお気軽にお寄せください。
2012.02.06 Monday | 大正琴川柳 | trackbacks(0)
第27回国民文化祭「大正琴アンサンブルの祭典」追加募集のお知らせ
すでにご案内のとおり、今年9月1日から徳島県で第27回国民文化祭が開催されます。
大正琴が大正元年に誕生してちょうど100歳の誕生日にあたる9月9日(日・大正琴の日)には、

「大正琴アンサンブルの祭典」が徳島市のあわぎんホールで行われます。
すでに一次募集の締め切りを過ぎましたが、徳島県外のグループに若干の余裕がありますので

追加募集します。
<第27回国民文化祭・とくしま2012「大正琴アンサンブルの祭典」>
◆期日:平成24年9月9日(日)
◆場所:あわぎんホール(徳島市藍場町2-14)
◆募集グループ数:徳島県外5グループ
◆出場料:ひとり1回2,000円
◆1グループ人数:10〜42名
◆演奏曲数:1曲(演奏5分以内、出入り2分以内)
◆応募方法:琴伝流のグループ
       必要事項を記入の上、ハガキで申込み。
        .哀襦璽很勝↓⊃与堯↓1藾婉別棔↓ぢ緝充毀勝↓ハ⇒軅
      琴伝流以外のグループ
       詳細確認のため専用申込書(演奏録音MD添付)で申込み。
◆申込先:琴伝流本社 〒399-4117長野県駒ヶ根市赤穂14-545 TEL0265-81-7500
◆応募締切:平成24年2月17日(金)必着
◆選考基準:応募多数の場合、徳島県外グループは多人数を優先します。
◆選考結果発表:3月上旬に参加可否を直接通知
◆リハーサル:前日8日(土)の午後にリハーサルを予定しています。
      (全グループできない場合もあります。)
◆集音方法:大正琴内蔵マイクによるライン入力により集音します。
       ソプラノ・アルト大正琴…ミニジャック
       テナー…ミニまたは標準ジャック
       ベース…標準ジャック
      (上記以外の集音には原則対応できません。)
2012.02.01 Wednesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
社団法人大正琴協会正会員更新および新規入会のお願い
社団法人大正琴協会では平成24年度の正会員更新手続きと新規募集を行います。
琴伝流の認定指導者で現会員の皆様には次年度の年会費納入用紙をお送りしますので、更新をお願いいたします。
【大正琴協会新規正会員募集要項(琴伝流内規)】
 ◆入会資格 師範代以上の免許取得者または講師資格取得者
 ◆会 費  3,000円(新規の方は入会金として別途1,000円かかります)
 ◆申込方法 琴伝流本社または各本部教室に電話にてお申し込み下さい。
2012.01.30 Monday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
ラジオ番組「大正琴こころのメロディー」よりお年玉
「大正琴こころのメロディー」制作の中部日本放送が販売している、アナウンサーの写真入りカレンダー「アナカレ!2012」は毎年大人気で、今年のカレンダーは既に完売となっています。
この貴重なカレンダーを琴伝流の会員の方にもお使いいただきたいと、番組から3部いただきました。
琴伝流会報で希望を募って過日抽選を済ませ、当選の方には間もなくカレンダーが届くと思います。
残念ながらはずれた方も、引き続き番組と琴伝流を応援していただくようお願いいたします。

いただいたCBCアナカレ!2012
2012.01.27 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
社団法人大正琴協会指導者研修会参加者募集
大正琴協会では左記の通り指導者研修会を開催します。参加料は無料で、大正琴協会正会員が対象です。ご希望の方は2月17日(金)までに琴伝流本社へお知らせください。
 ◆日時 平成23年3月7日(水)13時30分〜15時
 ◆場所 ホテルサンシャイン(宇都宮市東宿郷)
 ◆人数 各流派20名程度
 ◆講師 佐々木菜穂子先生(蟆擦△修啅擬実緝宗法
 ◆演題 未定(音楽の心と身体の健康作りに与える効果についての講演)
2012.01.26 Thursday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
琴伝流がカラオケボックス「ビッグエコー」(第一興商)と提携
公民館等で大正琴の練習をされている方から、公共施設では臨機応変に利用時間を変更することができないため、メンバーが休んで練習できなかった場合などの調整に苦労しているとの声がありました。
そこで、琴伝流では少人数も気軽に利用できるカラオケボックスの利用を考え、「ビッグエコー」を運営する株式会社第一興商と提携し、琴伝流会員限定の室料割引券をいただきました。
割引券は会報1月号に印刷しています。(提示のみで利用可能なため何回でも使えます。)
店舗によっては大正琴練習に不向きな部屋もあるとは思いますが、コンセントもあるということですので音量を気にせずアンプを繋いでの演奏も可能です。
もちろん、カラオケのみの割引利用も可能です。
食事を兼ねての利用もでき、大正琴で練習する前にカラオケで歌って曲想を確認することもできるカラオケボックスで、最近の新しい曲にもチャレンジしてはいかがでしょうか。
2012.01.23 Monday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
那覇市健全育成功労者賞受賞しました
私は、30年前にあさひが丘癸瓜匐_颪魴訐し、多くのリーダーを育成しました。
それから15年前に孫と一緒に子供大正琴「きらら1」を若狭公民館で始めて現在まで活動しています。
その結果、今回大正琴の普及活動が認められ表彰いただけたことが大変嬉しく、琴伝流大正琴のご協力に感謝申し上げます。
(沖縄県・與那覇先生のお便り)

琴伝流大正琴・沖縄県・与那覇先生
2012.01.20 Friday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
ケーブルテレビJWAY番組に出演しました
昨年5月28日、吉田正音楽記念館にて私達「琴京介大正琴バンド」コンサートを開催することができ、ケーブルテレビJWAY番組の「ほっとかわらばん」という番組で2日間に亘り放送されました。
コンサートでは、1960〜80年代にヒットした「京都の恋」「ブルーライト・ヨコハマ」「ソーラン節」「北国の春」「無錫旅情」「桃色吐息」など10曲と、アンコールで「寒い朝」を演奏し、大変盛り上がりました。
また、10月9日から一週間は「みんなのテレビ」という番組で、練習風景が放送されました。
琴伝流大正琴の素晴らしさを伝える絶好の機会と捉え、ソプラノ、アルト、テナー、ベース各々の特徴と、合奏の楽しさをお話しして、視聴者の皆さんにアンサンブルの魅力が少しは伝わったのではないかと思っています。
私達の活動は、福祉施設の慰問演奏等が中心ですが、これからも色々な人たちに琴伝流大正琴アンサンブルをPRできたらと思っています。
私達「琴京介大正琴バンド」のホームページも是非ご覧ください。
http://www.net1.jway.ne.jp/taisho-koto
(茨城県・降旗先生のお便り)

琴伝流大正琴・茨城県・降旗先生1

琴伝流大正琴・茨城県・降旗先生2
2012.01.19 Thursday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
文化芸術功績賞をいただいて
第26回国民文化祭・京都2011「大正琴の祭典」は、無事にかつ盛大に終了することができてホッといたしております。
全国各地よりいろいろな流派のグループが城陽市に集って、日頃の練習の成果を思う存分発揮され、そして京都観光も加えて満足なご気分でお帰りいただけたことと思っております。
私達も企画委員としていろいろな角度から大変良い勉強になりました。
さて、このたび城陽市より「平成23年度城陽市文化芸術功績賞」を受賞いたしまして、11月8日に表彰式に出席して参りました。
これは城陽市内で10年以上地域活動をしていて文化芸術の振興に貢献し、多大な業績を上げている個人または団体に贈られる賞です。
私は20年ほど前から城陽市内にサークルを作り、普通の事をしてきただけと思っていましたので、本当に身に余る光栄と驚いております。
これは偏に琴伝流大正琴のご指導と、私の教室「琴正会」会員のみんなの協力があってこそと感謝しています。
これからも、琴伝流大正琴を楽しみながら多くの人にも楽しんでいただけるよう日々精進し、務めて参りたいと思っております。
(京都府・細谷先生のお便り)

琴伝流大正琴・京都府・細谷先生1

琴伝流大正琴・京都府・細谷先生2
2012.01.18 Wednesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ