琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
今月の大正琴川柳
大正琴を楽しむ皆様の日常を詠んだ大正琴川柳です。

 流された 琴に替わりて 支援琴    宮城県・阿部治子
 琴弾けば リズムが悩み 消してゆく  京都府・小林ことゑ
 大正琴 奏でる妻に 惚れ直し     長野県・小山一湖
 「夫婦坂」 心たたみつ ピック持つ  栃木県・鈴木タカ
 指先の ピックに込める 心意気    京都府・中島和子
 琴の音は 人と絆の ハーモニー    福島県・ひさ子
 魅せられて たどれば道の 遠いこと  香川県・紅琴
                       <会報H24年7月分、敬称略>
皆様からのご投句をお待ちしています。
大正琴を習っていない方や、琴伝流以外の方もお気軽にお寄せください。
2012.09.19 Wednesday | 大正琴川柳 | trackbacks(0)
第27回国民文化祭・とくしま2012「大正琴アンサンブルの祭典」 その1
9月9日(日)に、徳島市のあわぎんホールで第27回国民文化祭・とくしま2012「大正琴アンサンブルの祭典」が開催され、徳島県内20、徳島県外19の合わせて39グループが出演し、1912年9月9日に大正琴が誕生してまさに100歳の誕生日にふさわしい賑やかな演奏会となりました。
演奏には、次世代の大正琴音楽文化を担う北島町立北島小学校の児童も出演したほか、東日本大震災の被災地福島県や、はるばる沖縄県などからも参加したグループ等々が、日頃の練習成果を披露し交流を図りました。
2部の演奏に入る前には、地元の扇連の皆さんによる阿波おどりも披露され、県外参加者は本格的な阿波おどりの舞台に感激していました。
サプライズ企画のあった式典以降の様子は改めてお知らせします。

国民文化祭・とくしま2012「大正琴アンサンブルの祭典」1
  徳島県大会では恒例の踊りも入った賑やかなオープニング

国民文化祭・とくしま2012舞台
  来年の国民文化祭開催地山梨へのタスキをつなぐ富士山をイメージした舞台

国民文化祭・とくしま2012「大正琴アンサンブルの祭典」3
  アトラクションは扇連の皆様の阿波おどりで盛り上がる
2012.09.18 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
「琴伝流大正琴第27回全国大会」のご紹介 その4
大正琴誕生100周年を記念して結成された「T-century」の長野に住むメンバーが、全国大会のために「T-centuryルーツ」を結成し、若い感性で力強い演奏を披露しました。
大会には大正琴の仲間だけでなく、県内のゆるキャラも駆けつけ、飯島町の「いいちゃん」、長野市の「とがっきー」、山ノ内町の「シガ公」、長野県の「アルクマ」が、お祭り広場や舞台で来場者を歓迎してくれました。

琴伝流大正琴第27回全国大会11
  T-century〜ルーツ〜のメンバーがAKB48の「フライングゲット」を演奏

琴伝流大正琴第27回全国大会16-1
  琴伝流の発祥の地、飯島町の「いいちゃん」

琴伝流大正琴第27回全国大会16-2
  長野市の観光をPRするゆるキャラ「とがっきー」

琴伝流大正琴第27回全国大会16-3
  山ノ内町からは商工会議所が「しが公」を連れてきてくれました

琴伝流大正琴第27回全国大会16-4
  長野県のゆるキャラ「アルクマ」も2日目に駆けつけました
2012.09.17 Monday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
「琴伝流大正琴第27回全国大会」のご紹介 その3
合同グループにはもう常連となったCBC中部日本放送の渡辺美香アナウンサーが登場し、男性グループに出演した永岡・小川両アナウンサーの先輩らしい落ち着いた演奏を披露してくれました。
このほか、社団法人大正琴協会主催の「平成24年度全国子ども大正琴コンクール」で最優秀賞を受賞した琴伝流発祥の地、長野県飯島町の飯島中学校3年3組の皆さんも出演して受賞曲「ルパン三世」を演奏し、その日一番の大きな拍手をもらっていました。

琴伝流大正琴第27回全国大会07
  大正琴の一期一会、全国大会合同グループ

琴伝流大正琴第27回全国大会07-2
  合同グループ連続出場中のCBC中部日本放送渡辺美香アナウンサー

琴伝流大正琴全国大会飯島中学校
  飯島中学校3年3組の「ルパン三世」の演奏
2012.09.14 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
JRT四国放送「ゴジカル!」に生出演
9月7日(金)のJRT四国放送の夕方の番組「ゴジカル!」に、国民文化祭「大正琴アンサンブルの祭典」の事前告知のため、実行委員長で琴伝流徳島支部山本支部長と琴伝流山崎本部長が出演しました。
山本支部長が演奏会の概要を説明、山崎本部長が「川の流れのように」をソロ演奏し、大正琴が奏でる繊細な旋律をお届けしました。
同じ7日には、NHK徳島放送局でも2度にわたり演奏会の告知放送を入れていただき、徳島県が一丸となって国民文化祭を盛り上げる熱意をここでも感じました。

四国放送「ゴジカル!」本番前の琴伝流大正琴山崎本部長
  四国放送「ゴジカル!」本番前のリハーサル風景
2012.09.13 Thursday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
「琴伝流大正琴第27回全国大会」のご紹介 その2
大正琴音楽文化の普及と次世代への大正琴の継承を図るため、大正琴祭りらしいアットホームな企画として、大正琴を初めてまだ間もない方や、当日会場で初めて大正琴にさわり演奏の指導を受けた方が舞台に立つ初心者グループの演奏が行われ、客席の先輩愛好者がかつての自分の姿と重ね合わせ、温かいまなざしで応援してました。
男性グループには、ラジオ番組「大正琴こころのメロディー」の4月からの番組企画『弾いてみたいしょうこと』で大正琴演奏に挑戦中の、CBC中部日本放送の永岡歩アナウンサーと、小川健太アナウンサーが前列の中央に座り「歩」を熱演。
珍しい楽屋での練習風景も合わせてご紹介します。

琴伝流大正琴第27回全国大会08
  当日の飛び入りもあった初心者グループの「荒城の月」演奏

琴伝流大正琴第27愛全国大会09
  琴伝流全国大会名物「男性グループ」演奏(前列中央二人が永岡・小川アナウンサー)

琴伝流大正琴第27回全国大会09-3
  演奏を終え、ホッとした表情で感想を語る永岡・小川アナウンサー

琴伝流大正琴第27回全国大会09-2
  楽屋での男性グループ練習風景。一回限りの練習は真剣そのもの
2012.09.12 Wednesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
「琴伝流大正琴第27回全国大会」のご紹介 その1
先日ご報告しましたザ・大正琴祭り「琴伝流大正琴第27回全国大会」の様子を写真でご紹介します。
今回会場となった長野市にあるビッグハットは、長野オリンピックでアイスホッケーのメイン会場となったアリーナで、平成13年に第16回の全国大会を行った会場でもあります。
長野オリンピックの前には、15年ほど前までの琴伝流全国大会には欠かせない「のぼり旗」が限定復活し、出場者を賑やかに出迎えました。
大会は、朝早くから来場した皆様を、地元の善光寺木遣りの皆様が郷土色豊かに歓迎し幕が開けました。

琴伝流大正琴第27回全国大会04
  快晴に恵まれた全国大会初日の朝

琴伝流大正琴第27回全国大会05
  琴伝流全国大会に欠かせなかった「のぼり旗」の復活

琴伝流大正琴第27回全国大会06
  歴史ある「善光寺木遣り」で祭りの幕開け
2012.09.11 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
おめでとう大正琴満100歳!
本日2012年9月9日は、大正琴の満100歳の誕生日です。
現在徳島県では、文化の国体ともいわれる国の公式事業である「第27回国民文化祭・とくしま2012」が開催されています。
そして、今日大正琴の誕生日に、国民文化祭の一環として『大正琴アンサンブルの祭典』が開催され、その中で大正琴満100歳をお祝いして、1.6メートルもある大きな大正琴の形をしたバースデーケーキが登場し、ご来賓の飯泉嘉門徳島県知事とともに、これまで100年間人々に笑顔をもたらし続けた大正琴に感謝し、大正琴の記念日を祝います。
注目のバースデーケーキは、式典後にロビーに展示しますので、大正琴の演奏をお楽しみいただいた後は、巨大ケーキをバックに記念写真はいかがですか。
開催時間等は先日のお知らせをご覧ください。
2012.09.09 Sunday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
第27回国民文化祭・とくしま2012「大正琴アンサンブルの祭典」のご案内
9月9日(日)に開催される第27回国民文化祭・とくしま2012「大正琴アンサンブルの祭典」のご案内です。
大正琴が1912年9月9日に発売となったことから、昨年12月に社団法人大正琴協会が「大正琴の日」と定め、大会当日が大正琴の満100歳の誕生日にあたります。
この記念すべき日に、国民文化祭という国の行事の一環として大正琴演奏会を主催できることを嬉しく思います。
サプライズにもご期待ください。
入場は無料です。
すでに一度ご案内済みですが、演奏会の概要をお知らせいたします。
<第27回国民文化祭・とくしま2012『大正琴アンサンブルの祭典』>
 日 時  : 平成24年9月9日(日)大正琴の日 9:30開場、10:00開演、16:00終演予定
 会 場  : あわぎんホール(徳島市藍場町2-14)
 参加グループ:全国から39グループ
 入場料  : 無料
2012.09.07 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
ザ・大正琴祭り「琴伝流大正琴第27回全国大会」お陰様で大成功
「琴伝流大正琴第27回全国大会」が、9月1日(土)・2日(日)に、長野市のビッグハットで開催されました。
2007年から始まった「大正琴誕生100周年記念事業」の締めくくりとして、大正琴が満100歳を迎える今年に行われたこの大会は、大正琴新世紀のスタートという位置づけで琴伝流の初心に返り、「ザ・大正琴祭り」と銘打って昭和50年代に愛知県稲沢市にあった稲沢本部で行われていた「大正琴祭り」の再現をテーマに、これまでにないスタイルの全国大会となりました。
会場内には舞台・客席エリアの後方にお祭り広場を設け、広場では大正琴歴史展示「大正100年館」を見たり、飲食コーナーでソフトクリームを食べたり、お土産コーナーで長野県の特産物を買ったりと、すべての空間が大正琴の音色に包まれながら和気藹々とした縁日のような時間を過ごすことができました。
また、全国大会初の置き琴による演奏も、当初は自分の大正琴を持参して演奏するスタイルに慣れている会員の皆様から心配する声もいただいていましたが、舞台だけでなく楽屋にも同様に用意された真新しい大正琴で気持ち良く演奏していただくことができたようです。
大正琴演奏会の常識を覆す斬新な取り組みでしたが、2日間とも終演までたくさんの方が残っていただけたことと、会場の隅々まであふれる参加者の笑顔が、本大会の大成功を物語っていました。
当日まで様々な心配をしながら準備を進めてきた琴伝流としても心から嬉しく思うとともに、固定観念にとらわれない琴伝流らしい発想が、大正琴演奏会の新しいスタイルとしてまたひとつ大正琴の世界に歴史を刻んだと自負をしております。
最後になりましたが、ご後援いただいた文部科学省はじめ多くの皆様、運営にご協力いただいた皆様、そしてご参加ご来場いただいたすべての皆様に感謝いたします。

なお、全国大会のスナップ写真は数回に分けて随時ご紹介します。

琴伝流大正琴第27回全国大会01
   JR長野駅善光寺口に掲げられた歓迎看板

琴伝流大正琴第27回全国大会02
   JR長野駅東口に掲げられた歓迎看板

琴伝流大正琴第27回全国大会03
   タクシーのドアも歓迎ステッカーでお出迎え
2012.09.06 Thursday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ