琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
「平成24年度全国子ども大正琴コンクール」出場者募集
「平成24年度全国子ども大正琴コンクール」が、8月25日(土)に名古屋市の「ウィルあいち」で開催されます。
参加をご検討されている方は応募用紙を琴伝流本社にご請求ください。
平成18年に琴伝流がスタートさせ、平成21年から大正琴協会に移管したこのコンクールは、今では公益社団法人を目指す同協会のメイン事業に位置付けられています。
また、参加グループも琴伝流で習う子供たちが過半数を占め、常に上位入賞も果たしています。
一般的なコンクール同様、会場で演奏し審査する「ライブ参加の部」のほかに、撮影したビデオ映像を送るだけで会場に出向く必要のない「ビデオ参加の部」もあります。
コンクールというと上手なグループばかりではと応募を迷われる方も多いようですが、新年度から始めたグループの参加も少なくありません。
子供たちに目標を持って大正琴を楽しんでもらうことが目的の参加料も不要なコンクールですので、お気軽にチャレンジしてください。
 ◆本選日時 平成24年8月25日(土) 13時〜17時頃(予定) 
 ◆本選場所 ウィル愛知(名古屋市東区)
 ◆参加資格 高校生以下の子供だけで編成されたグループまたは個人
 ◆部 門  ライブ参加の部、ビデオ参加の部
        各部とも平均年齢別に4部門があります。
 ◆応募締切 平成24年7月6日(金)必着
 詳しくは「全国子ども大正琴コンクール」のホームページをご覧ください。
2012.04.18 Wednesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
文部科学大臣からの感謝状が新聞に掲載されました
平成23年度の「全国生涯学習ネットワークフォーラム」参加に対し、文部科学大臣から感謝状をいただいたニュースは過日ご案内しましたが、この話題が平成24年4月1日付けの長野日報に掲載されました。
大正琴に関する話題が多くの方の目に触れることで、大正琴愛好者にみなぎる元気を感じていただき、大正琴を始めるきっかけになってくれれば幸いです。

文部科学大臣感謝状記事(長野日報H24.4.1)
2012.04.16 Monday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
商品価格変更のお知らせ
この4月から大正琴本体を中心に商品価格が一部値上げとなりました。
詳しくは琴伝流本社までお問い合せください。
なお、ホームページの商品カタログは準備ができるまで旧価格のまま掲載します。
ご迷惑をおかけしますがご容赦願います。
2012.04.02 Monday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
文化放送天気予報で琴伝流大正琴が流れます
4月8日(日)から、文化放送の朝の天気予報で琴伝流大正琴の音色が流れることになりました。
時間は毎週日曜日の朝6:55からの5分間です。
関東エリアでは同じく毎週日曜日(5:30〜5:40)にTBSラジオで「大正琴こころのメロディー」を放送していますが、より多くの方に聴いていただきやすい時間帯にも大正琴の音色を流すことで、一層の普及に繋がればと考えています。
是非お聴きいただき、選曲などに対するご意見をお寄せください。
2012.03.30 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
文部科学大臣より感謝状をいただきました
文部科学省が主催する「全国生涯学習フォーラム2011」が、昨年11月5日(土)と6日(日)に東京の文部科学省内で開催されました。
当初は一連の事業を岩手県内各地で開催する予定でしたが、東日本大震災により事業内容を大幅に変更しての実施となりました。
琴伝流では、「全国生涯学習フェスティバル」として開催していた初期の頃から大正琴協会の一員として参加し、これに加えて平成19年からは単独でもブースを出展していたため、是非継続して本事業を支えたいと、東京で開催した関東大会を参加事業として申請し、17ある認定事業のひとつとして大会を開催することができました。
そして、このたび文部科学省から感謝状をいただきましたのでご紹介します。
琴伝流では今後も大正琴で人と人を紡ぎ、文部科学省の推し進める生涯学習活動の一翼を担って参りたいと思います。

全国生涯学習ネットワークフォーラム2011感謝状
2012.03.29 Thursday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
「大正琴こころのメロディー」新コーナー始まる
琴伝流提供のラジオ番組「大正琴こころのメロディー」では、4月から番組の内容を一部変更し、「やってみたい」と「たいしょうこと」を掛け合わせたタイトルの新コーナー「やってみ大正琴!」をスタートさせます。
番組制作局の中部日本放送で「永岡健太」のユニット名で音楽活動もしている永岡歩アナウンサーと小川健太アナウンサーに大正琴に挑戦してもらい、大正琴の楽しさを初心者の目線でリスナーの皆様に伝えていただきます。
もちろん、これまで毎週流していた琴伝流コンサート演奏曲も引き続きご紹介して参ります。
放送エリアにお住まいの方には、4月以降も番組をお聴きいただけますようよろしくお願い致します。
2012.03.28 Wednesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
長野日報コラム「八面観」で趣味の勧め
長野県の南信地域を中心に発行している長野日報の1面コラム「八面観」に、琴伝流が取材された際にお話しした会話が紹介されました。
記者の方と雑談をしていて、大正琴を高齢になっても続けられるのは、大正琴がいくつになっても始められるという理由だけではなく、現在の愛好者の多くが若い頃から夢中になって練習した貯金があるからという話題になりました。
趣味を選ぶときに、いくつまで続けられるか考えながら選んでいる人はあまりいないと思います。
今楽しいことももちろん大切ですが、今楽しく、いつまでも楽しいという視点で自分の趣味を点検してみるのも良いかもしれません。
いつまでも楽しい趣味を早くから始めて貯金を作り、いくつになっても挑戦し続けられる毎日を過ごしていただきたいと思います。
あなたも大正琴を始めてみませんか。

長野日報「八面観」(H24.3.15)
2012.03.27 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
健康調味料「笑顔百年(エミール)」パッケージ変更のお知らせ
大正琴誕生100周年に合せ、皆様に100歳まで笑顔で大正琴を楽しんでいただきたいとの願いを込めて発売した「笑顔百年(エミール)」は、玉葱の普段食べている部分よりはるかに多いポリフェノール(ケルセチン)を含む、国産玉葱の皮100%の健康調味料です。
2年前の発売以来、継続してご愛用いただいている方も多く、このたび琴伝流オリジナルパッケージの予定製造数を完売いたしました。
引き続きご愛用いただく方には、中身が同一の商品「エミール」をお届け致します。
玉葱の皮100%で塩分を含まないため、血圧の高い方も安心してご利用いただけます。
パッケージが変わっても、引き続き「エミール」をご利用ください。
2012.03.23 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
栄村から長野県北部地震のお礼の手紙が届きました
琴伝流では、昨年3月12日に発生した長野県北部地震に対し、東日本大震災への支援のほかに、昨年6月長野県飯山市で開催された「第7回信州大会」の運営費の中から被害の大きかった栄村に義援金をお贈りしましたが、このたび村から支援に対する礼状が届きました。
栄村の島田村長のメッセージと一緒に入っていた地元中学生や村民の皆様の絵手紙が印刷された紙には、全国から寄せられた支援の気持ちに感謝する言葉がたくさん綴られていました。
まだ完全に復興を遂げたとは言えない状況が続いていますが、全ての村民の皆様が一日も早くもとの暮らしを取り戻せることを願っています。

長野県栄村からの礼状
2012.03.22 Thursday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
大正琴音楽大賞「百万本のバラ」が新聞でも紹介
2月21日(火)に授与式が行なわれた第6回大正琴音楽大賞の様子が、中日新聞(2月28日夕刊)、中日新聞(3月2日長野県版)、長野日報(2月26日)で紹介されました。
大正琴をやっていると、何か楽しいことや明るい話題に出逢えると皆様に思っていただけるよう、これからもPR活動に努めて参ります。

第6回大正琴音楽大賞(中日新聞H24.2.28)

第6回大正琴音楽大賞(長野日報H24.2.26)
2012.03.21 Wednesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ