琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
第6回「大正琴の響き」を終えて
私達は1年間の練習の成果の発表と、今年は中国国交正常化45周年を記念して、中国の二胡奏者をお迎えして、中国と馴染みのある曲「蘇州夜曲」と「北国の春」を共演しました。
クラリネットとの共演や、会場の皆さんと楽しく歌いましょうと盛りだくさんのプログラムでした。
「素晴らしかったよ」「毎年楽しみにしているよ」と、ご来場の方々に声をかけていただきました。
後日、励ましのお手紙や地元の新聞に感想を投稿してくださった人もあり、来年の演奏会に向けて頑張っていこうと思いました。
(岡山県・立岡先生のお便り)

岡山県・立岡先生H29
2018.03.15 Thursday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
神奈川県から表彰されました
大正琴でのボランティア活動を初めて15年になります。
泉区社会福祉協議会を通して依頼を受け、月に20か所ほど訪問するので、ほとんど毎日、誰かが何処かの施設で大正琴を弾いています。
演奏を聴いていただくだけでなく、季節に合った曲を選び、大きな歌詞カードを作り、お一人ずつに配って皆さんで歌っていただきます。
曲は主に童謡や昭和歌謡なので、「この曲大好き」とか「この映画見ました」など、思い出話で盛り上がったりします。
このような活動が認められ、平成21年に泉区表彰、平成26年に横浜市長表彰を受けて、この度は神奈川県社会福祉協議会から表彰状が届きました。
色々な分野でたくさんのボランティア団体が活動していることを知りました。
神奈川県全地域の中から、泉大正琴サークルを選んでいただき、活動を続けていく大きな励みになります。
この小さな楽器が社会福祉つなげてくれたのです。
本当に「大正琴万歳!!」です。
(神奈川県・小山先生のお便り)

神奈川県・小山先生H29
2018.03.06 Tuesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
台湾大正琴コンサート
昨年台湾での大正琴コンサートに行って参りました。
海外演奏も10回を重ね年齢も重ねてきましたので、これが最後かもしれないと思い参加しました。
インターネット等でPRした効果で、開演前からお客様が行列を作って並んでくださる姿に私達は胸が熱くなり、リハーサルを途中で止めて会場内にご案内しました。
あっという間に会場は満席となり、保安宮のご挨拶の後、一緒に口ずさめる曲等を15曲演奏しました。
16年前、日本に留学に来ていて私の教室で大正琴を習っていた2人も加わり、認定講師の資格を取得した腕前は変わらずでした。
演奏の後、50人位の人達がステージに上がり琴に触れ、「ゆうやけこやけ」を弾いたり、94歳のおばあちゃんが日本の教育勅語を最後まで暗唱したり、舞台は大賑わいでした。
食べ物も美味しく、とても楽しい演奏旅行でした。
(東京都・矢野先生のお便り)

東京都・矢野先生H29
2018.02.28 Wednesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
関西から東北へ 第2弾
3年前の陸前高田と大船渡慰問演奏に続き、今回は気仙沼と大船渡での演奏となりました。
初日の気仙沼は、大正琴と機材を車で運び、メンバーの到着を待っての演奏でした。
集合住宅が建設されて移り住んだばかりのコミュニティーセンターでの演奏。
手拍子や鈴を持って振ってもらったり、演奏後は皆さんとお話し合いする時間を持つことができました。
翌日の大船渡は、被災後建てられた介護施設での演奏。
系列の施設からも演奏を聴きに来ていただき、職員さんの盛り上げの力も加わって演奏は頂点に。
楽しい時間を共にすることができました。
お見送りいただいた姿は今でも忘れることができません。
後日、各所からお礼や感謝の手紙をいただきました。
(滋賀県・園先生のお便り)

滋賀県・園先生H29
2018.02.27 Tuesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
地域交流会「砂川楽」に参加して
立川市民課より昨年度と今年度お話があり「砂川楽」に参加しました。
前回は立川第五中学校2年生、今回は1年生と一緒でした。
地域の方々と手芸、生け花、舞踊、うどん作り、社交ダンス等々、10を超えるサークルが参加し、私達も前回は11人、今回は7人で参加して楽しい一日でした。
昔の学校や子供の頃を思い出して、あの歌やこの歌は知っているかしらと選曲しました。
1時間ちょっとの短い時間でしたが、アニメソング、童謡などの曲を、「時間ですよ」と言われるまで夢中になって弾いていました。

<生徒のお礼状>
大正琴の皆さんへ
私は最初に皆さんの演奏を聴いて、とても難しそうだなと思いました。
でも、優しく分かりやすく教えてくださり、頑張ってやってみようと思い、一生懸命に少ない時間でしたが練習しました。
「綺麗な音だね」とほめてもらった時はとてもうれしかったです。
最後のみんなで演奏した時に上手くいって良かったです。
ありがとうございました。
(東京都・睫鄒萓犬里便り)
2018.02.22 Thursday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
交流懇親のつどいを終えて
この度、会主の長澤ちか子先生が琴伝流の永年指導者表彰を受賞されたのを機会に、以前にオーストラリア国オペラハウスで出演した会員が合同演奏会を開催しました。
昭和60年10月に長澤先生が亀岡市内の琴伝流の先駆けとして中央公民館を拠点に発足し、南丹市や大阪方面にも広めてくださったおかげと感謝しています。
私達は今後も大正琴の継続を目指し、琴伝流のこの美しい音色の輪を広げたいと思っています。
(京都府・湯浅先生のお便り)

京都府・湯浅先生H29
2017.10.26 Thursday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
「小さな親切」運動で表彰されて
平成29年5月に、盛岡市の岩手銀行本店の総会の席上で「小さな親切」運動実行賞をいただいてきました。
今年1月に福祉施設の誕生会に呼ばれて、大正琴で童謡などを弾いたことが新聞に載って、「小さな親切」運動に推薦していただきました。
私達があちこち慰問してみんなを喜ばせたことが推薦の理由だそうです。
表彰式では偉い方の前で2曲演奏し、県大会より緊張しましたが、大きなミスもなく演奏できました。
「小さな親切」運動で大正琴が表彰されたのは初めてとのことで、皆さん興味深く前のめりになって見ていたようです。
琴伝流の宣伝ができて嬉しかったです。
(岩手県・佐々木先生のお便り)

岩手県・佐々木先生H29
2017.10.25 Wednesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
「風花お楽しみ会」に参加して
私達の教室「風花」は、いつもは地域ごとに数名集まって、先生に来ていただいてお稽古しています。
大会出場を目標にしてのお稽古ばかりで、人前でひとりで弾いたことは一度もありませんでしたが、誰からともなく今年は一人で弾いて、みんなで聴き合うのもいいんじゃないということになりました。
発表会にするとみんな緊張するからお楽しみ会にして、料亭の舞台で一人に曲ずつ弾きました。
私は「千曲川」と「長良川艶歌」を先生にお手伝いしてもらいながら、ドキドキする心臓で何とか弾きました。
先生の今までのご指導の成果が大きな花となって舞台に開いたようで、私は思わず感動の涙を流しました。
二部は各自持参の衣装に身を包み、カラオケ、フラダンス、踊りなどで盛り上がり、時間をオーバーしてしまいました。
親睦の中でますます絆が強くなり「これからも頑張りましょうね」を合言葉に、お互いに名残を惜しみながら解散しました。
私は改めてこれまでのこの道を極めてこられた先生のお姿と、素晴らしい皆さんの演奏に限りない拍手を送りたいと思います。
(京都府・佐々木とみ子さんのお便り)

宮城県・佐々木様H29
2017.10.24 Tuesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
初めて大舞台で大正琴演奏 楽しかった!!
「第5回大正琴の祭典in城陽」が、平成29年3月19日(日)に文化パルク城陽で開催されました。
城陽市立古川小学校の2年生から5年生の12名の児童は、初めての大舞台にびっくりしたようですが、「春の小川」「さくらさくら」「世界に一つだけの花」の3曲を演奏しました。
城陽市内の小学生の出演は初めて。
「緊張したぁ」、「頑張って弾いたョ」、「少し間違えた〜」、「校長先生の顔見えた」と口々に話す子供達。
みんなとても楽しかったようです。
当日ゲスト出演いただいた琴伝流本部師範4人の演奏にうっとり。
会場全体が引き込まれ聴き入りました。
「次回も是非」との声が多く寄せられました。
(京都府・能勢先生のお便り)

京都府・能勢先生H29
2017.10.19 Thursday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
中学生へ大正琴の魅力を伝えに
愛知県豊田市の梅坪台中学校で3回の講習を行い、1年生から3年生の19名の希望者が集まりました。
初めての生徒さんがほとんどで最初は大変でしたが、3回目は何曲も弾くことができ、「真白き富士の嶺」の曲は、明治43年に逗子開成中学校の生徒12名が乗ったボートが悪天候のため転覆して全員亡くなった事故を歌った曲です。
人への思いやり、そして自分を大切にしてくださいと話をしてきました。

<生徒の感想文>
愛知県・大杉谷先生H29
(愛知県・大杉谷先生のお便り)
2017.10.18 Wednesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ