琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
西日本豪雨チャリティーイベント開催
岡山国際交流センターで、岡山在住の外国人代表が集まってチャリティーイベントが開催されました。
中国、韓国、ブラジル、フィリピン、ベトナム、ペルー等8か国の人々が集まり、犠牲者に対し黙祷した後、各国の代表が母国語で「頑張ろう岡山」「募金に協力を」と呼びかけました。
続いて民族衣装も華やかにステージ発表に移り、ベリーダンス、バンブーダンス、サンバダンス、ソンチャンゴの舞や二胡の演奏が繰り広げられました。
日本からはソプラノ歌手による歌曲と、琴伝流大正琴遊琴子が「糸」「与作」の2曲を演奏し募金に協力しました。
最後に募金の贈呈式が行われ、短時間でしたが11万3千円の浄財が岡山県国際課を通じて被災地に届けられることになりました。
(岡山県・立岡先生のお便り)

岡山県・立岡先生H30
2018.11.27 Tuesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
琴歌会30周年記念演奏会に参加して
東海市芸術劇場の大ホールにて、佐治琴歌先生の琴歌会30周年記念大会が盛大に開催され、私が指導する小学生なかよしグループが出演し思い出に残る大会になりました。
子供達に大正琴を指導して15年、地域の老人保健施設へ慰問活動を継続しています。
慰問が終わり帰る時には、子供達がご利用者さんの全席を握手して回り、会話しながら涙を浮かべて「また来てね!」と言われます。
写真は西尾中学校へ大正琴の贈呈に伺った時のものです。
1年生の2学期、オアシスタイムで数十名を8回に亘って大正琴の指導を行います。
短期間ですが、有意義な練習に持っていくよう夢を描いています。
人生100歳時代到来です。
琴歌会40周年の大会に向けて皆様頑張りましょう。
出会いに感謝して、40周年に呼んでいただけるように精進してまいります。
(愛知県・石川先生のお便り)

愛知県・石川先生H30
2018.11.26 Monday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
仲間と心を一つに
ミニコンサートの開催が地方紙に掲載されました。
僅かな時間でしたがとても楽しいひと時を過ごしました。
いただいた琴伝流グッズを記念品に体験コーナーを設け、お客様に大正琴の体験もしていただきました。
一人でも多くの仲間をゲットしたいとの思いですがなかなかです。
来年も行いたいと思っています。
(新潟県・坂井先生のお便り)
新潟県・坂井先生H30
2018.10.26 Friday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
第19回青空会定期演奏会を終えて
「第19回青空会定期演奏会」に祝電等をいただき有難うございました。
当日はあいにくの天候にもかかわらず、愛好者の方々がたくさん訪れ2時間余りの演奏会を楽しむことができました。
地元の新聞も取材に来られ掲載されましたのでご報告します。
(兵庫県・寺田先生のお便り)

兵庫県・寺田先生H30
神戸新聞(H30.5.31)
2018.10.24 Wednesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
学ぶ喜び教える喜び
私が住む久喜市では、「放課後子ども教室」で地元の人達がスポーツや編み物、囲碁、フラダンスなどを年に8回程教えています。
発表の会場が今年は地元の文化会館で開催され、2校で教えている私も、1年生5名、2年生9名、3年生5名、4年生3名で出演しました。
「キラキラ星」「春の小川」「ドレミの歌」を演奏し、「良かったよ」とか「隣に座っていたおばあちゃんが泣いていたよ」とうれしい結果でした。
介護施設にも毎月10か所程一人で手作りの歌集を持参して回り、「主役は皆さんですよ」と一緒に歌ってもらっています。
発声練習、季節の動揺・歌謡曲、頭の体操をして、最後に「ああ人生に涙あり」と「故郷」を歌って1時間。
私も楽しく琴の練習をさせていただいています。
(埼玉県・川島先生のお便り)

埼玉県・川島先生H30
2018.10.23 Tuesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
「表彰状」をいただいて
先日、山形県新庄市の新庄市民会館で県民福祉大会が行われ、ボランティアとして表彰状をいただきました。
平成12年から現在まで18年間、主に老人施設出の演奏ですが、幼稚園では子供達の知っている曲を演奏に合わせて歌ってもらい、「また来てけろな!」と元気な声に励まされました。
小学校からも依頼があり、生徒達も目を輝かし真剣に「さくらさくら」を練習し、最後に私達の大正琴の演奏に合わせ全員で校歌を歌いました。
数日後、生徒全員の感想文を冊子にして送ってくださり、こちらも感動と勇気をいただきました。
他にも大きな会社のイベント会場へ出かけ、大正琴でこんな奥行きのある演奏ができるということを伝えています。
これからも琴伝流大正琴の良さを伝えるために演奏活動を続けたいと思います。
(山形県・寺西先生のお便り)

山形県・寺西先生H29
2018.06.28 Thursday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
小学校の学習発表会がありました
熊本市の杉上小学校で11月22日に学習発表会があり、大正琴を習った児童15人と先生1人の計16名で練習した4曲を弾きました。
短い曲を中心に選曲したのですが、「荒城の月」が一番好きと言われました。
2年目の4,5年生の子供達は音の出し方がとっても上手です。
また来年もみんなで演奏したいと思います。
(熊本県・日永先生のお便り)

熊本県・日永先生H29
2018.06.13 Wednesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
第19回岩手県大会に参加して
先日、岩手県大会に参加させていただきました。
所変わればなんとやらと申しますが、この大会では歯医者さんのグループが元気に楽しく「東京ラプソディー」を演奏し、会場の皆さんを巻き込み一体となり盛り上げたほか、初めて聴く岩手県の先生が作った「琴伝流大正琴音頭」では太鼓も入り、北林会長もとまどい(?)ながら鐘を担当して参加しました。
歌手も2人登場し、出番待ちの舞台の袖ではその音頭に合わせて日舞をたしなむ友人が手踊りを私たちに見せてくれました。
また、中学生グループは「交響曲第九・歓喜の歌」を演奏、大正琴で奏でるその音は圧巻でした。
このバラエティーに富んだ暖かい大会に参加して良かったなと思いました。
(福島県・佐藤先生のお便り)
2018.04.10 Tuesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
第6回「大正琴の響き」を終えて
私達は1年間の練習の成果の発表と、今年は中国国交正常化45周年を記念して、中国の二胡奏者をお迎えして、中国と馴染みのある曲「蘇州夜曲」と「北国の春」を共演しました。
クラリネットとの共演や、会場の皆さんと楽しく歌いましょうと盛りだくさんのプログラムでした。
「素晴らしかったよ」「毎年楽しみにしているよ」と、ご来場の方々に声をかけていただきました。
後日、励ましのお手紙や地元の新聞に感想を投稿してくださった人もあり、来年の演奏会に向けて頑張っていこうと思いました。
(岡山県・立岡先生のお便り)

岡山県・立岡先生H29
2018.03.15 Thursday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
神奈川県から表彰されました
大正琴でのボランティア活動を初めて15年になります。
泉区社会福祉協議会を通して依頼を受け、月に20か所ほど訪問するので、ほとんど毎日、誰かが何処かの施設で大正琴を弾いています。
演奏を聴いていただくだけでなく、季節に合った曲を選び、大きな歌詞カードを作り、お一人ずつに配って皆さんで歌っていただきます。
曲は主に童謡や昭和歌謡なので、「この曲大好き」とか「この映画見ました」など、思い出話で盛り上がったりします。
このような活動が認められ、平成21年に泉区表彰、平成26年に横浜市長表彰を受けて、この度は神奈川県社会福祉協議会から表彰状が届きました。
色々な分野でたくさんのボランティア団体が活動していることを知りました。
神奈川県全地域の中から、泉大正琴サークルを選んでいただき、活動を続けていく大きな励みになります。
この小さな楽器が社会福祉つなげてくれたのです。
本当に「大正琴万歳!!」です。
(神奈川県・小山先生のお便り)

神奈川県・小山先生H29
2018.03.06 Tuesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ