琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
大正琴川柳平成29年優秀作品決定
平成29年の大正琴川柳優秀作品が決まりました。
優秀作品の選考は、会報やホームページ未掲載の川柳も含め、過去に受賞されたことのない方を中心に候補作品を絞って入賞作品を決定しています。
大正琴愛好者だけでなく、家族の視点で作っていただくのも良いと思います。
思わずそうそうと頷いてしまう作品を今年もお待ちしています。

◎最優秀作品
  元気過ぎ これは別れの 曲なのよ   茨城県  松下邦子様
○優秀作品
  初雪の 教室にひろがる 夏メロディー 新潟県  江口玲子様
  野良の間の 一服休みの 琴練習    岩手県  澤口ユキ子様
  コラーゲン 服んで来ました 初舞台  滋賀県  簸川角麗子様
  琴仲間 全員楽しい 幸齢者      福島県  斎藤譽子様
  琴の日は 足腰の痛み 忘れさせ    北海道  寺島チヱ子様
2018.01.29 Monday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
平昌オリンピック長野県招聘が新聞に掲載
2月9日に始まる平昌オリンピックに長野県が招聘され阿部守一長野県知事が開会式に出席することが、1月20日付の中日新聞の長野県版に掲載されました。
記事の中で長野県の文化団体を代表し、琴伝流が公演を行うことも紹介されています。
韓国との文化交流の詳細な打合せが進むにつれ、この公演を琴伝流が務めることの責任の重さを感じています。
インフルエンザの流行もニュースになっている時期だけに、体調管理にも十分注意して皆様の期待に応えたいと思います。

平昌オリンピック長野県招聘(中日新聞H30.1.20)
中日新聞・長野県版(H30.1.20)
2018.01.26 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
信濃毎日新聞社新春パーティーに出席
1月19日(金)に松本市のホテルブエナビスタで長野県の信濃毎日新聞社主催の「平成30年長野県文化・芸術・スポーツ団体新春パーティー」が開催され、琴伝流会長の北林篤が出席しました。
平昌オリンピックに向け、小平奈緒選手を始めカーリング男子のSC軽井沢クラブなど、長野県の選手に期待が高まるほか、昨年末の高校駅伝で男子優勝、女子準優勝、先日の都道府県対抗駅伝で男子準優勝など、長野県のスポーツは盛り上がっています。
芸術・文化もスポーツに負けない盛り上がりを示すため、先ずは琴伝流として平昌オリンピックの文化交流イベント演奏の大役を果たしてきたいと思います。

信濃毎日新聞社2018新春パーティー
2018.01.24 Wednesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
大正琴音楽大賞・吉幾三さん「酒よ」に決定
平成29年度の第12回大正琴音楽大賞に、吉幾三さんの「酒よ」が決定しました。
この曲は心にしみるメロディーと力強いサビの聴かせどころが魅力で、ピース発売直後の平成28年も上位を伺う位置にいましたが、発売2年目に全国大会県大会等で最多の演奏回数となる30回を記録しました。
授与式の様子は改めてご紹介します。
2018.01.23 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
琴伝流が平昌オリンピック公式行事に招待されました
平昌冬季オリンピックが2月9日に迫りました。
これに合わせ開催地の韓国江原道では、日本(長野県、富山県、鳥取県)のほか、中国、ロシア、モンゴル、ベトナム、カナダの、世界6か国14地方政府から代表団と文化公演団を招聘しオリンピックに華を添えます。
琴伝流は、阿部守一長野県知事始め県関係者とともに長野県の文化団体を代表して参加し、2月10日、11日の2日にわたってオリンピックフェスティバルパーク特設舞台と江陵五輪アートセンターで大正琴の演奏を披露します。
平成10年の長野冬季オリンピックにおいても選手村で大正琴を演奏した時と同様に、同じアジア圏で開催される平昌冬季オリンピックの成功と日本選手団の活躍の願いを込めて精一杯演奏してきます。

平昌冬季オリンピック公式ホームページ 

日本選手団の情報等はこちら
公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)公式ホームページ
2018.01.22 Monday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
横浜西洋館「世界のクリスマス」で大正琴演奏
昨年に続き、横浜市の山手234番館の「世界のクリスマス」で、琴伝流が演奏を行いました。
今年はメリーゴーラウンドの皆さんが出演しまし、演奏会場は立ち見を含めて満員の盛況ぶりでした。
横浜西洋館との縁は、昨年のアルメニア共和国大使館から声をかけていただいたことに始まり、館長にも琴伝流の大正琴の音色を気に入っていただけたことでお声掛けをいただいています。
全国の先生方にも様々な縁で演奏依頼を受け、その後も継続している例がたくさんあると思います。
琴伝流の強みはたくさんの先生や生徒さんが様々な縁をもたらしてくれることです。
これからも人の縁を大切に琴伝流のファンを増やしていただけますようお願いします。

山手234番館「世界のクリスマス」大正琴演奏1

山手234番館「世界のクリスマス」大正琴演奏1
2018.01.18 Thursday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
ouTube「大正琴ミュージアム」再生100万回突破
琴伝流の専用動画チャンネルYouTube「大正琴ミュージアム」の再生が、昨日100万回を突破しました。
YouTubeには、数え切れないほどの大正琴の演奏動画が流派を問わずアップロードされていますが、100万回に到達したチャンネルは琴伝流がもちろん初めてです。
この圧倒的な再生回数は、日本の大正琴音楽文化に琴伝流の大正琴アンサンブルが大きな影響を与えていることを物語っています。
これからも質の良い録画で皆様に大正琴の魅力をお伝えして参ります。
2018.01.17 Wednesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
「学士会館ノスタルジックコンサート開催
12月4日(月)に、「学士会館ノスタルジックコンサート」を開催しました。
会場となった東京都千代田区にある学士会館は、旧帝国大学校友の集いの場としてその前身となる木造の建物が大正2年に創建されましたが、関東大震災で焼失し、昭和3年に現在の重厚な建物の学士会館が完成しました。
通常の演奏会とは異なる企画にしようと、今回はランチもセットにして総料理長に歓迎の挨拶もいただきました。
演奏会は映画やドラマの舞台にも度々使われている201号室を会場に行われ、時代をタイムスリップしたかのような趣のある空気を出演者も楽しんでいただけたようです。
毎年開催している県大会等に継続して参加していただくとともに、新鮮な感動をお届けできるような発表の場を今後も提供していきたいと思います。

学士会館ノスタルジックコンサート1
食事会場の210号室の趣ある扉       演奏会場の201号室前の重厚なエントランス

学士会館ノスタルジックコンサート2
演奏前のビュッフェ形式の食事会

学士会館ノスタルジックコンサート3
学士会館の歴史を説明する学士会館職員

学士会館ノスタルジックコンサート4
異空間に繰り広げられた大正琴コンサート
2018.01.12 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
YouTube「大正琴ミュージアム」が間もなく再生100万回
琴伝流がYouTubeに設けた大正琴専用チャンネル「大正琴ミュージアム」が間もなく再生100万回を突破します。
平成26年に立ち上げたチャンネルも、現在は動画本数550以上、チャンネル登録1,000名超となり、最新の動画をいち早く楽しんでいただいています。
来週には再生100万回突破が見込まれるため、ここ数日は目を離さずにチェックしていきたいと思います。
2018.01.11 Thursday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
赤穂南小学校からお礼の手紙が届きました
昨年11月にご紹介した琴伝流の地元の赤穂南小学校の3年生の皆さんから、社会見学のお礼の手紙が届きました。
季節の挨拶に始まる手紙からは、小さな子供達が一生懸命書いた様子が伝わり微笑ましく読ませていただきました。

赤穂南小学校3年生社会見学礼状
2018.01.09 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ