琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
<< 今月の大正琴川柳 | 一覧へ戻る | 「第14回琴伝流シニアコンサート」の応募について >>
オリンピック事前キャンプ覚書調印式に参加して
2020東京オリンピック・パラリンピック開催に伴い、旭市がザンビア共和国の事前キャンプ地に選ばれました。
去る1月15日、ザンビア共和国のンディオイ・ムリワナ・ムティティ全権大使が旭市総合体育館を訪れ、事前キャンプ実施を市と合意する覚書調印式が行われました。
ザンビア共和国からはムティティ大使、ヨダム・ムカラ一等書記官等、旭市からは市長を始め、市議会議員、JA専務らが出席し、皆様を「さくらさくら」の演奏で出迎えました。
大使は挨拶の中で「温かく迎え入れていただき心から感謝する。スポーツを通して、人と経済・文化の交流を継続的に進めたい」との意欲を示されました。
また、市長は「ザンビアは1964年東京オリンピックの閉会式当日に独立国名が変わった」というエピソードを話されました。
署名調印した後、お二人は笑顔で握手を交わされ、続いての記念品の交換、記念撮影も和やかに行われました。
最後は「また逢う日まで」の演奏で送り出しが行われ、大きな拍手をいただきました。
部員一同思い出に残る素晴らしい一日となりました。
今後も大正琴クラブの仲間との絆を大切に、地域に根ざした活動を心掛けて参りたいと思います。
(千葉県・堀川先生のお便り)

千葉県・堀川先生R01
2020.08.20 Thursday | 会員からのお便り | -

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ