琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
<< 「アフターコロナの文化活動要望書」が新聞に掲載されました | 一覧へ戻る | アマビエ大正琴バージョン待受けが新聞に掲載されました。 >>
大正琴協会第8回通常総会が終了しました
6月18日(木)にオンラインにより「公益社団法人大正琴協会第8回通常総会」が開催されました。
今年は新型コロナウイルスが文化活動に長期に亘って影響を及ぼすことが予想されることから、少しでも大正琴の普及に携わる方々の負担軽減を図るため、令和2年度の正会員会費の免除に関する議案も諮られ、賛成多数で可決されました。
また、2年に一度の役員改選も行われ、琴伝流会長北林篤が副理事長に就任しました。
平成5年に4,500名の正会員で発足した大正琴協会は、愛好者の高齢化等により正会員が3,300名に減少し、活動の原資である年会費も減少しています。
これに今回の年会費免除が加わり、当面は活動もままならない厳しい状況での門出となりますが、大正琴音楽文化の発展を第一に、協会加盟非加盟に関わらず全ての大正琴愛好者が笑顔で充実した人生を過ごすため、公益社団法人副理事長としての役割を果たして参ります。
2年間よろしくお願いいたします。
2020.06.29 Monday | 琴伝流ニュース | -

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ