琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
<< 琴伝流各本部教室休業のお知らせ | 一覧へ戻る | 第8回「大正琴の響き」を終えて >>
琴伝流本社から見える中央アルプス「寝釈迦(涅槃仏)」
琴伝流本社のある駒ヶ根市は、市のキャッチコピー「アルプスがふたつ映えるまち」のとおり、東に南アルプス、西に中央アルプスが連なります。
山が近いため、同じ市内でも場所によりその見え方は様々で、琴伝流本社付近から西を望むと中央アルプス最高峰の駒ヶ岳は少し北に見え、西の正面には空木岳、南駒ケ岳、仙涯嶺(せんがいれい)が綺麗に見えます。
この山並みが仙涯嶺が頭、南駒ケ岳が胸と腕、空木岳が腹と足のように見えることから「中央アルプスの寝釈迦(涅槃仏)」と言う人もいます。
雪の残った山に朝日があたり、ほんのり赤く染まった山並みは思わず手を合わせたくなります。

中央アルプス寝釈迦(涅槃仏)
左から仙涯嶺(頭)、南駒ケ岳(胸と腕)、空木岳(腹と足)
2020.04.21 Tuesday | 琴伝流ニュース | -

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ