琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
<< 曲集・歌集・ピース譜面 | 一覧へ戻る | 長野県芸術文化総合フェスティバル開催 >>
発表会前はマイクの点検をお忘れなく
3月に入ると大正琴の発表会が増えてきます。
最近は置き琴の県大会が増え、生徒さんの大正琴の不具合を社員が見つけにくくなっています。
発表会での大正琴トラブルの大半はマイクの不具合。
マイクは同じ音量・音色で使いつづけると、接点以外が酸化し(サビ)、僅かでも目盛りが動くと接触不良となります。
軽度の酸化であればツマミを何回か動かすことで回復しますが、何度動かしてもガリガリと音が出る場合はマイクの交換をお勧めします。

大正琴マイク
2019.02.19 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://info.kindenryu.co.jp/trackback/1329606
トラックバック

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ