琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
<< 中央アルプス大橋開通プレイベントで演奏しました | 一覧へ戻る | ベース弦・菊花弦の仕様変更について >>
大正琴協会主催「平成30年度大正琴定期演奏会」開催
9月29日(土)に、公益社団法人大正琴協会主催「平成30年度大正琴定期演奏会」が、長野市のホクト文化ホールで開催され、一般16グループ、指導者3グループの19グループが参加し、琴伝流からは半数近い8グループが出演しました。
自動伴奏を入れる他流派のグループが多い中、琴伝流はその特徴である4音域の大正琴による大正琴アンサンブルで観客を魅了し、「さすが琴伝流の地元」との声も多くいただきました。
協会設立以来継続してきたこの定期演奏会は今年が最後となり、来年から協会主催の演奏会は国民文化祭の「大正琴の祭典」のみになります。
定期演奏会の歴史が幕を閉じるのは寂しくもありますが、多くの琴伝流の仲間が出演して他流派の皆さんをお迎えできて良かったと思います。

平成30年度大正琴定期演奏会
2018.11.19 Monday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://info.kindenryu.co.jp/trackback/1329548
トラックバック

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ