琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
<< アルプス中央信用金庫ロビー展が新聞に掲載されました | 一覧へ戻る | 群馬県大会にお越しください >>
第19回岩手県大会に参加して
先日、岩手県大会に参加させていただきました。
所変わればなんとやらと申しますが、この大会では歯医者さんのグループが元気に楽しく「東京ラプソディー」を演奏し、会場の皆さんを巻き込み一体となり盛り上げたほか、初めて聴く岩手県の先生が作った「琴伝流大正琴音頭」では太鼓も入り、北林会長もとまどい(?)ながら鐘を担当して参加しました。
歌手も2人登場し、出番待ちの舞台の袖ではその音頭に合わせて日舞をたしなむ友人が手踊りを私たちに見せてくれました。
また、中学生グループは「交響曲第九・歓喜の歌」を演奏、大正琴で奏でるその音は圧巻でした。
このバラエティーに富んだ暖かい大会に参加して良かったなと思いました。
(福島県・佐藤先生のお便り)
2018.04.10 Tuesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://info.kindenryu.co.jp/trackback/1329406
トラックバック

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ