琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
<< 各地区発表会 | 一覧へ戻る | 全国大会・県大会 >>
アルプス中央信金で昔の大正琴と生活雑貨を展示中
駒ヶ根市にあるアルプス中央信用金庫福岡支店のロビーで、「100年前の大正琴と昔の生活雑貨展」を開催中です。
福岡支店ではギネス世界記録認定の「世界最大の大正琴」を展示したことがあり、琴伝流として2度目のロビー展となりました。
発明者の森田吾郎氏が思いついた組み合わせが分かるように、発明当初の大正琴と並べて二弦琴やタイプライターも展示したほか、現代の大正琴も置いてあり構造の変化も比較できます。
一緒に展示している大正から昭和30年代までの電化製品や生活雑貨も、中高年の方にとっては昔懐かしい品々と思います。
展示期間は3月30日(金)までです。
展示の見学だけのお越しも大歓迎とのことですので、お近くの方は是非ご覧ください。

アルプス中央信用金庫福岡支店ロビー展
2018.03.13 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://info.kindenryu.co.jp/trackback/1329387
トラックバック

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ