琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
<< 関西から東北へ 第2弾 | 一覧へ戻る | 平昌冬季オリンピック文化交流事業報告 その5 >>
台湾大正琴コンサート
昨年台湾での大正琴コンサートに行って参りました。
海外演奏も10回を重ね年齢も重ねてきましたので、これが最後かもしれないと思い参加しました。
インターネット等でPRした効果で、開演前からお客様が行列を作って並んでくださる姿に私達は胸が熱くなり、リハーサルを途中で止めて会場内にご案内しました。
あっという間に会場は満席となり、保安宮のご挨拶の後、一緒に口ずさめる曲等を15曲演奏しました。
16年前、日本に留学に来ていて私の教室で大正琴を習っていた2人も加わり、認定講師の資格を取得した腕前は変わらずでした。
演奏の後、50人位の人達がステージに上がり琴に触れ、「ゆうやけこやけ」を弾いたり、94歳のおばあちゃんが日本の教育勅語を最後まで暗唱したり、舞台は大賑わいでした。
食べ物も美味しく、とても楽しい演奏旅行でした。
(東京都・矢野先生のお便り)

東京都・矢野先生H29
2018.02.28 Wednesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://info.kindenryu.co.jp/trackback/1329378
トラックバック

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ