琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
<< 今月の大正琴川柳 | 一覧へ戻る | 関西から東北へ 第2弾 >>
平昌冬季オリンピック文化交流事業報告 その4
1時間半ほどのオリンピックパーク散策を終え演奏会場に戻り、暖かい弁当を食べた後、13時から「Art on stage」と題された私達の公演がスタート。
出演者の覚えたての韓国語による自己紹介に暖かい拍手をいただいて気持ちよく演奏を始め、前日と同じ7曲を演奏し終えると、今度は大きな拍手に送られて舞台を降りました。
この演奏が最後ということで、衣装の法被に付けた琴伝流のピンバッヂを舞台裏で出番を待つ各国の公演団の方にプレゼントしたところ、ラオスの公演団の方からはお返しにキーホルダーをいただくなど、公演団間の交流も図ることができました。

平昌オリンピック演奏(江陵アートセンターパンフレット)
「Art on stage」パンフレットには各国の公演団の紹介も掲載

平昌オリンピック演奏(江陵アートセンター)
「アンニョンハセヨ」と韓国語の自己紹介に一気に会場が和む
2018.02.26 Monday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://info.kindenryu.co.jp/trackback/1329376
トラックバック

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ