琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
<< 「第31回琴伝流コンサート」応募締切は2月23日です | 一覧へ戻る | 地域交流会「砂川楽」に参加して >>
平昌冬季オリンピック文化交流事業報告 その3
11日(日)は、平昌冬季オリンピック開会前日の8日に北朝鮮の三池淵(サムジヨン)管弦楽団が大ホールで公演を行った江陵アートセンターの小ホールで演奏です。
この会場の向かいには、平昌オリンピックのカーリングと各種スケート会場があるオリンピックパークがあり、各競技の入場券を持っていたい人でも2,000ウォンの入場料を払えば誰でもパーク内を散策しフードコートや土産店に入ることができます。
午前中のリハーサルを1番に終えた私達は、本番までの待ち時間を利用してパーク内に入り、各施設を外から見学したり土産店で買い物を楽しみました。
せっかくなのでオリンピックの雰囲気を少しだけお伝えします。

平昌オリンピック演奏(オリンピックパーク1)
オリンピックパーク内のスケート靴をイメージしたオブジェ

平昌オリンピック演奏(オリンピックパーク)
入場者を出迎えるオリンピックマスコットの「スホラン」を囲んで
2018.02.21 Wednesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://info.kindenryu.co.jp/trackback/1329373
トラックバック

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ