琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
<< ボランティア演奏に参加して | 一覧へ戻る | 山梨県大会にお越しください >>
大正琴で台湾と国際交流
私達の住む小松市の国際交流事業の一つとして、台湾との交流がありました。
香澄会は、台湾の伝統楽器古筝(こそう)を演奏する明心(めいしん)筝楽団と共演しました。
古筝は26弦もあるとても古い筝で日本の筝とはまた違う音色でした。
台湾のメンバー25人は若い人が多く、艶やかな民族衣装がとても素敵でした。
明心筝楽団は台湾の伝統曲を弾き、私達は「花は咲く」「瀬戸の花嫁」ほか数曲を弾きました。
最後に「荒城の月」「さくらさくら」を交互に弾き、古筝と大正琴の音色の違いを楽しんでもらいました。
とても貴重な体験でした。

石川県・高野先生H28
(北陸中日新聞)
(石川県・高野先生のお便り)
2017.03.17 Friday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://info.kindenryu.co.jp/trackback/1329152
トラックバック

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ