琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
<< ホームページを更新!大正琴の弾き方のページも新設 | 一覧へ戻る | 大正琴・周辺商品 >>
認知症に音楽療法が効果的と新聞に掲載されました
12月3日の中日新聞で、認知症の人たちに思い入れのある音楽を聴かせるドキュメント映画「パーソナル・ソング」の紹介が掲載されました。
認知症のため施設で毎日ふさぎ込んで生活をしていたヘンリーさんが、お気に入りの音楽で魂が身体に戻ったように表情を輝かせる姿に、音楽の持つ力を感じたと紹介されています。
更に、音楽は脳の広い領域を刺激し、聴覚、視覚のほか認知症によるダメージが少ない感情や運動の領域も活性化させ、記憶をよみがえらせるとも書かれています。
大正琴は80歳以上の愛好者も多く、大正琴に接しているときはどなたも生き生きとしています。
大正琴愛好者は、知らず知らずのうちにこうした音楽の恩恵も受けているのかもしれません。

中日新聞(WEB版)関連ページ http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2014120302000001.html
(一定期間を経過するとリンク切れとなる場合があります)
2014.12.11 Thursday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ