琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
<< 「秘密のケンミンSHOW」で「ソースかつ丼」バトル | 一覧へ戻る | 宅幼老所の利用者が飯島ふれあい広場で大正琴を演奏 >>
大正琴は繊細な楽器です
「ボタンの動きが悪い」と行った修理依頼がありますが、ボタンの間隔の狭い3と4や、7と高い方の1の両方に滑り止めをはめたり、テナーやベースの低音部の指が届きにくいからと、ボタンの付いている金属の板(キー板)を曲げてしまったことが原因というケースが多いようです。
滑り止めは間隔の狭いボタンには無理にはめないようにしてください。
特にキー板を曲げることは、メーカーとしてあまりお勧めできません。
理由は、キー板を曲げることにより垂直に狂いが出て、キー板が行き来する木の溝に引っかかり易くなるだけでなく、曲げた箇所の強度が落ちるため、正しくボタンを押せなかったときなどに大きく変形してしまう可能性があるからです。
それでもキー板を曲げないと演奏に支障がある方は、ペンチなどを使ってキー板の木の溝を行き来する部分が動かないよう固定し、できる限りボタンの近くを曲げるようにしてください。

キー板を曲げた状態の大正琴
2014.10.17 Friday | 耳寄り情報PickUp | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://info.kindenryu.co.jp/trackback/1328590
トラックバック

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ