琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
<< 文化放送第8回ラジオCMコンテストにエントリー | 一覧へ戻る | 大正琴展示販売会のご案内 >>
3種類の大正琴用ミキサー(集結器)の特徴
大正琴は演奏会などではマイクコードを通してアンプで音を増幅しています。
しかし、1台1台を直接アンプに繋いでいたのでは大勢で演奏するときにはアンプの差込口が足りません。
そこで琴伝流が考案したのが、この大正琴用ミキサー(集結器)です。
琴伝流のミキサーには3種類あり、今回はその特徴をご紹介します。
◆細口ミキサー(小型)
差込口がミニジャック専用の角形9V電池1本で動作する小型で軽いミキサーです。
小型軽量化優先のため、電池の保ちは20〜40時間とやや短くなっています。
◆細口ミキサー(L型)
差込口がミニジャック専用の単2電池を6本使って動作させるミキサーで、電池寿命が200時間以上と長く経済的です。
稀に不意な衝撃で電池が外れることがあるので、心配な方はガムテープなどで電池を固定すると安心です。
◆太口ミキサー
細口ミキサー(L型)と同等で差込口が標準ジャック専用のミキサーです。
複数のテナーやベース大正琴を集結したり、太細コード(標準・ミニ)を使えばソプラノやアルト大正琴の集結にも使えるほか、集結器同士の連結にも使えます。
【注意点】
 1.長期間使用しないときは、液漏れ防止のため電池を抜いてください。
 2.本番は新しい電池を使用しましょう。
 3.電池は新旧が混ざらないように管理し、電池チェッカーで確認をお勧めします。

3種類の大正琴用ミキサー(集結器)
写真上から
・細口ミキサー(小型)… 幅20cm、高さ4.5cm、奥行7cm、重さ0.5kg(電池含む)
・細口ミキサー(L型)… 幅20cm、高さ4.5cm、奥行15cm、重さ1.2kg(電池含む)
・太口ミキサー … 幅20cm、高さ4.5cm、奥行15cm、重さ1.2kg(電池含む)
2014.08.19 Tuesday | 耳寄り情報PickUp | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://info.kindenryu.co.jp/trackback/1328551
トラックバック

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ