琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
<< 今月の大正琴川柳 | 一覧へ戻る | 「第3回大正琴まつり」は予定通り行います >>
水戸市芸術祭市民音楽会に出演しました
江戸時代から文化の中心として発展を遂げる水戸市は、中心部に千波湖を抱え、日本三公園のひとつ「偕楽園」を始め、歴史文化遺産が数多くあります。
水戸から世界へ芸術文化の創造を発信し続けている水戸芸術館のシンボルタワーは、水戸市政100周年を記念して高さ100m。
初代館長に音楽評論家で文化勲章を受章した、故吉田秀和さんが22年館務め、二代目後任として館専属の室内管弦楽団の音楽顧問をしている、世界的指揮者の小澤征爾さんが今年の4月に就任しました。
この芸術館で、7月21日、市民の芸術文化活動の拠点として開催している「水戸市芸術祭市民音楽会」に出演しました。
水を打ったような静けさの中、アコースティック演奏で「真夜中のギター」と「百万本のバラ」を演奏し、大きな拍手に包まれ、また指揮者がいないのに良く一つにまとまった音でしたという講評も得ました。
各自がしっかりと音を出しきって弾けたのは、日々の練習の成果の賜物と思います。
今後も、大正琴の素晴らしい音色を数多く人に知っていただけるよう、精進して参ります。
(茨城県・藤枝先生のお便り)

茨城県・藤枝先生
2013.10.25 Friday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ