琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
<< 今年もネジバナが咲き始めました | 一覧へ戻る | 「知っておきたい長野県の日本一」に琴伝流が掲載 >>
今月の耳寄り情報 〜Pick up〜 17
琴伝流発祥の地、長野県飯島町から仰ぎ見る中央アルプスの明峰「越百山」からネーミングされた大正琴がアルト大正琴「越百」です。
一番の魅力は何と言っても軽量で持ち運びが楽なこと。
桐材を使っているので「山桜」や「もみじ」より300グラムほど軽くなっています。
音色は明るく抜けが良いのが特徴で、引き心地の良さが際立ちます。
百歳を超えて大正琴を楽しみ続けてもらいたいという願いと、大正琴の音色がコスモ(宇宙)まで届く・・・、そんな夢とロマンがアルト大正琴「越百」には込められています。
2013.07.19 Friday | 耳寄り情報PickUp | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ