琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
<< 大正琴誕生100周年記念「琴伝流大正琴第26回全国大会」(その4) | 一覧へ戻る | 大正琴誕生100周年記念「琴伝流大正琴第26回全国大会」(その6) >>
大正琴誕生100周年記念「琴伝流大正琴第26回全国大会」(その5)
最終日の17日(土)は、最も様々な特別企画が用意されていました。
まず、琴伝流名物「男性グループ演奏」です。
合同グループ同様に楽屋での短時間の練習で舞台に立つ男性グループには、今年は大正琴誕生100周年に合わせて100人をお迎えしたかったのですが、出演日が合わないなどの理由で若干マイナスとなり約80名の出演者が参加。
今年は揃いの衣装を身に纏い、演奏後に「エイ、エイ、オー」の掛け声とともに拳を挙げると、会場も大盛り上がり。
男性グループには、昨年の琴伝流シニアコンサートのアトラクションで出演してくれたカンカラ王子こと岡大介さんも参加し、お得意のカンカラ三味線も披露してくれました。
昼過ぎには「22世紀の大正浪漫ファッションショー」。
昨年名古屋市のオアシス21で催されたコンテストの感動が華麗に再現されました。
観客からは「ファッションショーはなかなか見る機会がないので、華やかでウキウキした気分になった」との声が聞かれ、珍しいアトラクションに満足されたようでした。
そして、今年デビューの大正琴新ユニットT-centuryの登場です。
「T-century月姫」と「T-century姫侍」がそれぞれ「トイレの神様」と「ありがとう」を演奏し、有名歌手でもなかなか経験できない日本武道館の大舞台の感動を味わいました。

琴伝流大正琴全国大会男性グループ

琴伝流大正琴全国大会岡大介さん

琴伝流大正琴全国大会大正浪漫ファッションショー

琴伝流大正琴全国大会T-century月姫

琴伝流大正琴全国大会T-century姫侍
2011.10.18 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://info.kindenryu.co.jp/trackback/1327869
トラックバック

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ