琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
<< 「22世紀の大正琴」がラジオで紹介されます | 一覧へ戻る | 大正琴誕生100周年記念「琴伝流大正琴第26回全国大会」(その4) >>
大正琴誕生100周年記念「琴伝流大正琴第26回全国大会」(その3)
全国大会2日目の16日(金)からは、司会が宮本隆治さんとラジオ番組「大正琴こころのメロディー」でお馴染みの中部日本放送の渡辺美香さんが担当。
例年は合同練習は当日の楽屋での約20分間だけという、1名からでも参加できる合同グループに参加していた渡辺さんですが、今回は司会で頑張っていただいたので一回お休みとなりました。
その、合同グループには3日間合計で7グループ、700名以上が参加し、わずかな時間のうちに心を合わせて素晴らしい演奏を披露してくれました。
また、大会期間中、アリーナ席後方の「大正100年館」と称した展示コーナーでは、大正時代の大正琴から3年前に作成したギネス大正琴のほか、古い雑誌や生活用品が所狭しと並べられました。
100年後の愛好者へのメッセージとして公募で選考した、ソプラノからテナーまでが一体となった4オクターブが奏でられる「22世紀の大正琴」も展示され、演奏に合わせてライトが光る夢一杯の大正琴に見学された方も興味津々でした。
展示コーナーには昨年名古屋で行なった「22世紀の大正浪漫ファッションコンテスト」入賞作品も展示されたほか、全国の教室から寄せられたメッセージもボードに各地の県大会の写真とともに貼り出され、自分の出したメッセージを探す光景も見られました。

琴伝流大正琴全国大会(司会の宮本隆治さんと渡辺美香さん)

琴伝流大正琴全国大会(合同グループ)

琴伝流大正琴全国大会(展示コーナー「大正100年館」)
2011.10.04 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://info.kindenryu.co.jp/trackback/1327858
トラックバック

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ