琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
<< 第26回全国大会特別企画のご紹介(その2) | 一覧へ戻る | 第26回全国大会特別企画のご紹介(その3) >>
おめでとう!大正琴誕生100周年
本日9月9日は、大正琴の誕生日です。
大正元年に生まれた大正琴は、本日で100周年を迎えました。
琴伝流が約30年前に考案した4音域の大正琴による大正琴アンサンブルが今日では大正琴を楽しむスタイルの標準となり、大正琴は音楽大学を卒業した方から、音楽を勉強したことのない方までが一緒になって楽しめる楽器となりました。
発明者の森田吾郎氏が望んだ「音楽をもっと身近にする手軽な楽器」の実現に、琴伝流が大きな役割を果たせたことに誇りと自負を持って、次の100年に向け大正琴音楽文化を広めてまいります。
なお、この節目を皆様に祝っていただきたいと願い、昨日は文化放送、本日は文化放送と中部日本放送のラジオ出演のほか、文化放送前では本日9日18時から大正琴ユニット「T-century」がライブコンサートを行います。
この様子は改めてご紹介します。
2011.09.09 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://info.kindenryu.co.jp/trackback/1327842
トラックバック

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ