琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
<< オノ・ヨーコさんも出席「日比谷公会堂開設80周年事業報告会」 | 一覧へ戻る | 2011 大正100年 大正琴誕生100周年 >>
国際会議COP10の舞台で大正琴演奏
10月11日から29日まで、名古屋市で「国際会議COP10」が開催されました。
多様な生き物や生息環境を守り、その恵みを将来にわたり利用するため結ばれた条約「生物多様性条約」の10回目の締約国際会議です。
「愛知県国際交流はなのき会」の会員として18日(月)に国際交流フェアのステージの部で、日本伝統文化研究会の生花パフォーマンスと共演させていただきました。
桐やスプルースの天然素材でできている大正琴で、植物、動物、山里等にちなんだ曲「紅葉」「故郷」「月の沙漠」「にっぽん昔ばなし(生物多様性のナレーション入り)」「小さい秋みつけた」を演奏しました。
このような国際交流の大舞台で琴伝流大正琴として参加できたことが、大正琴誕生100周年を迎える前祝いとしてお役に立てたら幸いです。
(H22.10、愛知・佐治先生のお便り)

琴伝流大正琴、愛知県・佐治先生
2010.12.27 Monday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ