琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
<< 男性グループがんばってます! | 一覧へ戻る | 琴伝流創始者、北林源一郎永眠す >>
小学校3年生の孫のミニコンサート
6月初め、小学校3年生の孫(男児)が学校から帰るなり、「僕は今度大正琴をやる。」と言い出してビックリしました。
小さい頃から私たちの練習に付いて来ていたので、いつか自分もやってみたいと思っていたのでしょうか。
「誰か他にもやる人がいるの?」と聞くと、「一人でやる。」と言い、またビックリしました。
ミニコンサートは、6月23日で二週間後だとのことで、とても心配でした。
私の古い大正琴を学校へ持って行き、休み時間に一人で練習していました。
校長先生も関心を持たれたようで、「練習の様子を見に来てくれたよ。」と言っていました。
受け持ちの先生も感心していたようです。
一本指で一生懸命練習をしていました。
曲は「カエルのうた」「さくらさくら」「夕やけこやけ」でした。
急所急所は少し見てやりましたが、子供なりにやるのだからと思いあまり口出しはしませんでした。
当日、マイク付きの大正琴に変え取り付けの面倒を見てやりました。
先生方始め児童達もとても感心し好評でした。
一本指でしたが、延ばすところ、間の置き方もでき、一度も間違えずしっかりやれて安心しました。
私達の大正琴への情熱が子ども達に伝わっていたことをつくづくと感じました。
私達も楽しみながらこんなに長く続けていられることに本当に感謝しています。
(H22.08、静岡県・山口先生のお便り)

琴伝流大正琴、静岡県・山口先生
2010.09.22 Wednesday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ