琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
<< 愛知行政書士会昭和支部総会で演奏して | 一覧へ戻る | エムウェーブでの「大人の文化祭」に参加 >>
第25回全国大会に寄す
4月11日、新潟県能生から谷浜、直江津、長野で全員揃う。
桜花の眺望のこの時期、全国大会出演は楽しみの年中行事だ。
野沢菜やナスが薄い小麦粉の皮に包まれた信州名物のおやきが賑やかな車内に配られる。
かつて全国大会参加時に車内で配り大変好評だったことから、それなら今年もと、いつしか私たちの会「余絃社」の朝食に定着している。
参加した仲間が作られた句を紹介します。
春風に 琴音響けり 伊勢の空
春宵の ほのかに鳥羽の 海匂う
桜貝 耳をすませば 波の音
さくら鯛 志摩におどるや 波にのり
春灯り 陽気やわらかき 琴の旅(天照)
春夕照 沖に琴音ぞ 値千金
うららかに 八十路杖ゆく 五十鈴川
                たかこ
(H22.06、長野県・篠原先生のお便り)
2010.07.08 Thursday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ