琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
<< 「社団法人大正琴協会第35回通常総会」が開催されました | 一覧へ戻る | 愛知行政書士会昭和支部総会で演奏して >>
「2010年度指導者研修会」大阪からスタート
間もなく大正琴誕生100周年を迎えることを期に、琴伝流では今年から「琴伝流の明日を見据えて」と題した研修会を、全国をいくつかのブロックに分けて開催します。
そのスタートを告げる研修会が、6月17日(木)に大阪市の新阪急ホテルで開催され、琴伝流会長の北林豊と音楽療法士の朝川都先生の講演を行いました。
講演会後の懇親会は、日頃なかなかお話をする機会のない皆様と、お互いの人柄を身近に感じ合う良い機会となったほか、ちょっとしたゲームの楽しい時間では、親先生も子先生もなく盛り上がることができました。
今後開催される研修会は、地区により追加参加が可能なところもあります。
詳しくは琴伝流本社までお問い合せください。

2010年度指導者研修会大阪1

2010年度指導者研修会大阪2
2010.07.06 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ