琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
<< 谷村新司が歌う大正琴誕生100年記念歌「さようならば」発売 | 一覧へ戻る | 平成22年度関東地区昇格者免状授与式が行われました >>
第23回国際交流in西安に参加して
昨年11月に中国西安で開催されたNHK文化センター主催の国際交流祭に6名で参加しました。
西安に着いた翌日の朝に団結式があり、夜には歓迎レセプションが行われ、在中国日本国大公使や現地関係者からご挨拶をいただき、その後の歓談では日本語を学ぶ学生を交えての楽しいひと時でした。
翌日、いよいよ本番です。
午前中にオープニングセレモニーがあり、公演は16時20分から始まりました。
28団体による芸術文化の発表が行われ、私たち琴伝流大正琴も「北国の春」「みちづれ」「四季の歌」を演奏しました。
中国の方からリクエストがあった「北国の春」では、全員が手拍子と流暢な日本語での合唱で大変盛り上がりました。
現地の方からは、大正琴の音色はとても素晴らしく魅了されて聴き入ってしまったとのお言葉をいただき、音楽に国境はないとしみじみ思いました。
翌日夜に行われたフェアウェルパーティーには、演奏を終えほっとした気持ちで参加することができ、2日間に1,000名を超える観客が来場されたと聞き、嬉しさと感激でいっぱいになりました。
私たちにとって初めての海外公演ということもあり、大きな不安でいっぱいでしたがとても良い経験となり、これからも大正琴でいろいろな方々と交流できたら素晴らしいことと切に思いました。
(H22.04、茨城県・高橋先生、窪木先生のお便り)

茨城県・窪木先生
2010.06.26 Saturday | 会員からのお便り | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ