琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
ベテラン指導者にこそ「大正琴レッスンDVD」
4月に発売となった「大正琴レッスンDVD」は、初心者の方が一人でも自宅で練習できると好評です。
もちろん、このDVDは大正琴の経験が浅い人向けに、琴伝流の教本(初級編)に沿って作られていますが、実は指導者の方にこそ、教え方の見本としてじっくり見ていただきたいのです。
プロ野球の選手が同じ投げ方や打ち方をしないように、大正琴も絶対こうでなければいけないという演奏スタイルはありません。
自分はDVDの見本のように弾いていないというところがあっても、それこそが経験により到達した自身の演奏スタイルなので、これを否定するものではありません。
しかし、初心者にはひとまず合理的な基本を学ぶことが上達の近道です。
指導者や上級者も演奏の壁にぶつかったときに見れば、解決の糸口が見つかるかも知れません。
生徒のため、自分のために、まさに指導者必携のレッスンDVDです。

琴伝流大正琴レッスンDVD
大正琴レッスンDVD 税込価格3,000円
2015.08.31 Monday | 耳寄り情報PickUp | trackbacks(0)
「こんな本が欲しかった」の声を続々いただいています
大反響をいただいている新曲集「まるごとイイ曲」は、何といっても気負わず楽に演奏できるのが魅力。
複雑なリズムをなくし、難しい前奏や間奏も省いてメロディーのみをシンプルに楽しめます大きく見やすい楽譜も中高年には嬉しいポイント。
多くの方は仲間とアンサンブル演奏を楽しんでいると思いますが、自宅でピースを練習していると、メロディーを弾いていたと思ったら途中から伴奏に移ったりと、好きな歌を口ずさみながらというわけにはいきません。
そんな時はこの本を開いてお馴染みのメロディーで気分転換。
教本の副教材としてもピッタリの「まるごとイイ曲」を是非ご活用ください。

初級から弾ける「まるごとイイ曲」step24
「まるごとイイ曲」 税込価格1,900円
2015.02.18 Wednesday | 耳寄り情報PickUp | trackbacks(0)
コードで音は変わります
コードは大正琴の音をアンプに伝える大切な役割があり、普通タイプと高級タイプには大きな性能の違いがあります。
高級タイプは接触不良の原因となる腐食に強い金メッキが施され、導通性に優れた太い芯線が使われています。
ノイズの遮断性能(シールド構造)も高く、大正琴の音色が大きく豊かになります。
特にテナー、ベース、10口ミキサー(集結器)とアンプを繋ぐコードの不具合は演奏会を台無しにしてしまいますので、高級タイプのコードをお勧めします。
琴伝流の高級コードにプリントされている「KIN-DEN-RYU」の金文字は信頼性の証です。
価格以上の価値がある琴伝流の高級コードに切替えトラブルを防ぎ、良い音質で気持ち良く練習や演奏会を行いましょう。

琴伝流高級コード
2015.01.29 Thursday | 耳寄り情報PickUp | trackbacks(0)
大正琴は繊細な楽器です その2
大正琴の音色と音程は、ボタンを押さえたときにキー板の力が全て均等にかかるかどうかによって決まります。
そのためには、キー板が当たる角度を調整する天板の取付けが重要になりますが、天板に肘をつくなど重みを加えると角度が狂い均等に力がかからなり、ビリビリした音になってしまいます。
ケースにしまう際に、タオルなど厚いものを天板の上にかけて蓋をすると、ケースで天板が押されてしまいますのでご注意ください。
丁寧に扱っていても木製品である大正琴は時間の経過と共に調子が変わりますので、大会などの点検の機会を有効利用してください。

天板の角度がくるった例
天板の角度が狂い均等に弦が押さえられない例
(分かりやすくするため天板を外し極端に角度を変えて撮影しています)
2014.11.13 Thursday | 耳寄り情報PickUp | trackbacks(0)
大正琴は繊細な楽器です
「ボタンの動きが悪い」と行った修理依頼がありますが、ボタンの間隔の狭い3と4や、7と高い方の1の両方に滑り止めをはめたり、テナーやベースの低音部の指が届きにくいからと、ボタンの付いている金属の板(キー板)を曲げてしまったことが原因というケースが多いようです。
滑り止めは間隔の狭いボタンには無理にはめないようにしてください。
特にキー板を曲げることは、メーカーとしてあまりお勧めできません。
理由は、キー板を曲げることにより垂直に狂いが出て、キー板が行き来する木の溝に引っかかり易くなるだけでなく、曲げた箇所の強度が落ちるため、正しくボタンを押せなかったときなどに大きく変形してしまう可能性があるからです。
それでもキー板を曲げないと演奏に支障がある方は、ペンチなどを使ってキー板の木の溝を行き来する部分が動かないよう固定し、できる限りボタンの近くを曲げるようにしてください。

キー板を曲げた状態の大正琴
2014.10.17 Friday | 耳寄り情報PickUp | trackbacks(0)
隠れた名品!演奏用座布団
全国大会などで舞台の椅子に用意している座布団。
実は大正琴演奏用に様々な材質を試してできあがった究極の一品で、驚くことに、琴伝流の本社で製作している正真正銘のメイドinジャパンなんです。
一般的な机と椅子の高さは、机上で文字を書くのに適した位置関係になっています。
大正琴は5cmほどの高さがあるので、自然な体勢で演奏するには椅子も5cmほど高くなくてはなりません。
更に、静かに弾く人、身体で大きくリズムを取る人と様々な人がいるので、芯に入れてあるウレタンも絶妙な堅さが求められます。
大正琴の演奏にプラスとなるものは何でも手がける琴伝流が、どこにもないのなら作ればいいという素朴な発想で、試作に試作を重ねて完成したこの座布団を心を込めて製作し、皆様の演奏をお尻の下から支えているのです。
今では、大正琴の演奏用としてだけでなく、自宅の食卓で使われている方も案外多くいらっしゃいます。
ご自分用だけでなく、プレゼントとしても喜ばれますよ。

演奏用座布団
演奏用座布団  税込価格 2,000円
2014.09.11 Thursday | 耳寄り情報PickUp | trackbacks(0)
3種類の大正琴用ミキサー(集結器)の特徴
大正琴は演奏会などではマイクコードを通してアンプで音を増幅しています。
しかし、1台1台を直接アンプに繋いでいたのでは大勢で演奏するときにはアンプの差込口が足りません。
そこで琴伝流が考案したのが、この大正琴用ミキサー(集結器)です。
琴伝流のミキサーには3種類あり、今回はその特徴をご紹介します。
◆細口ミキサー(小型)
差込口がミニジャック専用の角形9V電池1本で動作する小型で軽いミキサーです。
小型軽量化優先のため、電池の保ちは20〜40時間とやや短くなっています。
◆細口ミキサー(L型)
差込口がミニジャック専用の単2電池を6本使って動作させるミキサーで、電池寿命が200時間以上と長く経済的です。
稀に不意な衝撃で電池が外れることがあるので、心配な方はガムテープなどで電池を固定すると安心です。
◆太口ミキサー
細口ミキサー(L型)と同等で差込口が標準ジャック専用のミキサーです。
複数のテナーやベース大正琴を集結したり、太細コード(標準・ミニ)を使えばソプラノやアルト大正琴の集結にも使えるほか、集結器同士の連結にも使えます。
【注意点】
 1.長期間使用しないときは、液漏れ防止のため電池を抜いてください。
 2.本番は新しい電池を使用しましょう。
 3.電池は新旧が混ざらないように管理し、電池チェッカーで確認をお勧めします。

3種類の大正琴用ミキサー(集結器)
写真上から
・細口ミキサー(小型)… 幅20cm、高さ4.5cm、奥行7cm、重さ0.5kg(電池含む)
・細口ミキサー(L型)… 幅20cm、高さ4.5cm、奥行15cm、重さ1.2kg(電池含む)
・太口ミキサー … 幅20cm、高さ4.5cm、奥行15cm、重さ1.2kg(電池含む)
2014.08.19 Tuesday | 耳寄り情報PickUp | trackbacks(0)
今月の耳寄り情報 「日本もコピー天国?」
「弾こう!歌おう!大正琴!」の譜面右上に、楽譜をモチーフにしたマークが載っていのをご存じですか。
このマークは、日本音楽作家団体協議会、日本楽譜出版協会、日本著作権協会(JASRAC)が連携して平成16年に発足した楽譜コピー問題協議会(CARS)が、楽譜の無断コピー防止を訴える活動の一環として制作したもので、これに賛同する琴伝流も楽譜に掲載することとしました。
楽譜は音楽を演奏するのになくてはならないものです。
安易なコピーが蔓延し楽譜の販売が減ると新たな発行が難しくなり、音楽愛好家が希望の楽譜を入手できなくなるという悪循環に陥ってしまいます。
琴伝流はもちろん、良識ある大正琴愛好者は「LOVE THE ORIGINAL」でいきましょう。

楽譜無断コピー防止ロゴマーク
2014.06.13 Friday | 耳寄り情報PickUp | trackbacks(0)
今月の耳寄り情報 「テナー・ベース大正琴の進化」
大正琴の合奏では、テナー大正琴とベース大正琴の役割が大きく、本番で音が出ないと大変です。
テナー大正琴のコード差込口は、当初ソプラノやアルト大正琴と同じミニジャック(細口)を採用していましたが、現在は確実な接続を優先し標準ジャック(太口)となっています。
風格があり根強い人気のベース大正琴「松風」も発売当初から細かな改良を加えてきましたが、一目で分かる改良としては、糸巻きを従来の2個から1個に減らし、全長を短く軽量化を図っています。
これに伴いケースも短くなっていますので、従来の「松風」用のケースを必要な方は、ベースの大ケースとご用命ください。
最近は県大会などで長年使ったテナー大正琴やベース大正琴に、ジャックやマイクの不具合がある場合が増えています。
安心して気持ち良く演奏をするために買い換えもご検討ください。
2014.05.28 Wednesday | 耳寄り情報PickUp | trackbacks(0)
今月の耳寄り情報 「大正琴演奏に便利なローランドCM-30」
今月は琴伝流でも取り扱いを始めたアンプ「ローランドCM-30」についてのお話しです。
もともと大正琴専用のアンプとして発売されたものではありませんが、琴伝流では大正琴の講習や小規模の演奏会で便利な使い方を提案しています。
大正琴を繋ぐだけでなく、メトロノームや音楽プレイヤーの接続、CM-30を2台使って本格的な音響を実現したり、その大きさや価格をはるかに超えた使い勝手の良さが魅力です。
琴伝流だけの誰でも使える簡単な説明書が付くのも売りのひとつです。
ついでに商品名「CM-30」の由来もご紹介しましょう。
<CM-30の「C」>
「C」はキューブを表します。
ツマミ類をへこみに納めコンパクトで扱い易い四角い設計となっています。
<CM-30の「M」>
「M」はモニターを表します。
低音用・高音用の2つのスピーカーが全ての音域でのクリアな音質を実現し、大正琴の各パートの音も鮮明に聴こえます。
<CM-30の「30」>
「30」は出力の30Wを表します。
自宅や教室での練習から小規模演奏会、舞台のモニターとしても大活躍。
ボリュームを上げても音が歪みません。
2014.04.18 Friday | 耳寄り情報PickUp | trackbacks(0)

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ