琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
本日より今年の営業を始めます
本日より一部の本部を除き本年の営業を始めます。
年末以降、メールや留守番電話でいただいたご注文の発送は本日行いますので、今しばらくお待ちください。
また、昨日の熊本県を震源とする地震の被害に遭われた皆様に対し、心からお見舞い申し上げます。
この地震の影響が少しでも小さく済むことを願っています。
2019.01.04 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
明けましておめでとうございます
皆様、明けましておめでとうございます。
本年も引き続きよろしくお願いいたします。
今年一年間、皆様が穏やかに過ごされますことを心から願っています。

2019元日の中央アルプスと中央アルプス大橋
2019元日の中央アルプスと中央アルプス大橋
2019.01.01 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
今年も一年間お世話になりました
本日27日をもちまして平成30年の営業を終了します。
12月28日(金)から1月3日(木)の年末年始休業中はメールの受付業務も休止し、お返事は、全て1月4日(金)となりますのでご了承ください。
2月の平昌冬季オリンピックでの演奏に始まり、4月の神戸で開催した全国大会、9月の長野で開催した大正琴協会主催の定期演奏会等々、琴伝流のたくさんの皆様のご協力により今年も充実した一年になりました。
皆様のお力添えに心から感謝いたします。
それでは、良いお年をお迎えください。
2018.12.27 Thursday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
「東京五輪音頭2020」を弾いて2020年を盛り上げましょう
「2020東京オリンピック・パラリンピック」を文化の力で盛り上げたいと、11月に「東京五輪音頭2020」の楽譜を発売しました。
原曲の「東京五輪音頭」は1964年の東京オリンピックの際に作られ、三波春夫さんほか多くの歌手が歌って大会を盛り上げました。
その曲を現代風にアレンジし、歌に合わせて様々な人が踊れるよう3種類の振り付けたのが「東京五輪音頭2020」です。
来年は東京オリンピック・パラリンピックを盛り上げるイベントが全国で催されると思います。
「東京五輪音頭2020」を大正琴で演奏し、踊り手の地域の皆さんと一緒になって楽しみましょう。

◆シングルピース4「東京五輪音頭2020」
  3部合奏(ソプラノ・アルト・ベース)、難易度3
  税込価格 500円

「東京五輪音頭2020」ピース
2018.12.26 Wednesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
年末年始の商品の発送について
既にご案内のとおり、28日(金)から1月3日(木)まで、年末年始休業となります。
これに伴い、年内の商品の発送は27日(木)の午前ご注文分までとさせていただきます。
27日午後のご注文分は、休業明けの1月4日(金)になりますのでご了承ください。
また、年末は配送業者が込み合うため、日程に余裕をもってご注文願います。
2018.12.21 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
年末年始休業のお知らせ
琴伝流大正琴の年末年始休業をお知らせします。

 本社・本部とも 12月28日(金)〜1月3日(木)
2018.12.18 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
琴伝流本社で平成30年秋の免状授与式開催
11月15日(木)に琴伝流本社で「平成30年秋の免状授与式」が開催され、昇格対象者の中から上位免状の14名が出席して式典が執り行われました。
当日は天候に恵まれ、本社2階の式典会場からは昇格を祝うかのように本社東に中央アルプス、西に中央アルプスの絶景が広がっていました。
式典では、会長から琴伝流と大正琴業界の現状と今後の方針が語られた後、出席者全員に免状が手渡されました。
次の「春の免状授与式」は、八王子市の琴伝流関東本部にて来年5月30日(木)に開催予定です。

平成30年秋の免状授与式
2018.12.12 Wednesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
大分県で国民文化祭「大正琴の祭典」開催
公益社団法人大正琴協会主催「第33回国民文化祭・おおいた2018・大正琴の祭典」が、11月11日(日)に大分県宇佐市の宇佐文化会館で開催されました。
大人の部の14団体(琴伝流4団体)に加え、全国子供大正琴コンクールを兼ねる子供の部には、8月の一次審査に52団体(琴伝流28団体※)、248名(琴伝流137名※)の応募があり、この審査を通過した13団体(琴伝流6団体※)が本選の演奏を披露しました。
コンクールは今年も琴伝流の指導者が教える子供達が半数以上を占め、本選の成績も4部門中2部門で最高賞の文部科学大臣賞を受賞したほか、一次審査を含め優秀な成績の子供達が多くいました。
これもひとえにボランティアでありながら熱心に子供たちを指導していただいている指導者の皆様のお蔭です。
来年は11月10日(日)に新潟県長岡市で「大正琴の祭典」が行われます。
開催要項は年明けには公表されると思います。
琴伝流の指導者で一般の部または子供の部に興味のある方は、琴伝流本社へお問い合わせください。
(※は琴伝流の認定指導者が教える人数・団体を表します。)

第33回国民文化祭「大正琴の祭典」1

第33回国民文化祭「大正琴の祭典」2
2018.12.10 Monday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
ソフトケーステナー用の仕様変更について
ソフトケースのテナー用が仕様変更となりました。
外生地が従来より丈夫で厚手となった一方、これまであったポケットがなくなっています。
価格は税込9,000円で変更ありません。
2018.12.07 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
中央アルプス大橋開通式典で大正琴を演奏しました
先日開通イベントをご紹介した国道153号線伊南バイパスの中央アルプス大橋が、11月17日(土)に正式開通し、ここでも琴伝流が大正琴を演奏しました。
開通式では、大正琴の音色で来賓をお迎えしたほか、長野県の「アルクマ」と、橋のかかる駒ケ根市の「こまかっぱ」、飯島町の「いいちゃん」のゆるキャラが渡り初めの車を見送る際も、大正琴の演奏で盛り上げました。

中央アルプス大橋開通式
2018.12.06 Thursday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ