琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
ご心配をいただき有難うございました
昨日の大雨では、長野県も一部で大雨特別警報が出されたため、多くの方から琴伝流本社の様子を心配するお電話をいただきました。
今回の大雨は各地で被害が発生しており、こちらより深刻な状況にもかかわらず琴伝流を心配してくださった方もいらっしゃいます。
被害が報道されるたびにその地域にお住いの先生や生徒さんを琴伝流として心配しつつも、様子を伺えていない方が多く申し訳ありません。
琴伝流の全国の仲間は同じ趣味の他人ではなく、大正琴でつながった親戚と思っています。
教室の仲間はもちろん、県大会で会った仲間、全国大会やコンサートで会った仲間のことをお互いに心配する気持ちと、そうした仲間に心配をかけないために先ず自身を守る気持ちを持って備えていきましょう。
2020.07.09 Thursday | 琴伝流ニュース | -
大雨による商品の配達遅れについて
連日の大雨により、一部の地域で運送業者の集荷・配達に支障が出ています。
これに伴い商品のお届けが遅れる場合や、日の迫った指定日配達をお受けできない場合がありますのでご了承ください。
2020.07.08 Wednesday | 琴伝流ニュース | -
暫く用心してお過ごしください
7月3日から断続的に続く大雨により、九州地方だけでなく東海甲信地方でも気象庁から大雨特別警報が発令されました。
琴伝流本社のある駒ヶ根市も朝は非常に強い雨が降り、一部地域に避難指示が出ました。
本社周辺は危険が差し迫った状況ではありませんでしたが、身近で避難指示が出たことで避難するか自宅に残るかを一人で決めて行動することはとても難しいと感じました。
警報は市町村単位で発令されますが、対象地域内でも地形等により危険度は大きく異なります。
特別警報、警報、注意報に関わらず、ご自身のお住いの状況に応じて早めにご近所の方と声を掛け合って、できる限り明るい時間帯の行動を心掛けましょう。
2020.07.08 Wednesday | 琴伝流ニュース | -
公益社団法人大正琴協会新役員のご紹介
先日の「第8回通常総会」で承認された公益社団法人大正琴協会の新役員のうち琴伝流関係者をご紹介します。

 <協会役職> <氏名>  <琴伝流内役職>
  副理事長  北林 篤  琴伝流 会長
  常務理事  藤澤賢治  琴伝流 総本部長
  理事    山照登  琴伝流 上席本部師範
  理事    米山千秋  日本バイオリン研究所 工場長
(池田眞一が退任し、代わって米山千秋が就任しました。)
2020.07.07 Tuesday | 琴伝流ニュース | -
九州地方の大雨災害被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます
停滞した梅雨前線の活動が活発になり、7月3日以降の3日間の総雨量が九州南部で500mmを超えた地域もあり、今後も雨が降るとの予報も出ています。
特に熊本県では球磨川の氾濫や土砂崩れなどにより多くの方が命を落とされたほか、行方不明の方の捜索も続いています。
犠牲者ならびにご遺族の方には心よりお悔やみを申し上げます。
新型コロナウイルス感染対策を行いながらの避難、復旧という難しい状況ではありますが、身体と心の健康を崩さず日常生活を取り戻せることを切に願っています。
2020.07.06 Monday | 琴伝流ニュース | -
7月のレジ袋有料化で琴伝流エコバッグはいかがですか
環境対策として7月から全国一斉にレジ袋が有料化されました。
琴伝流ではキャラクターがプリントされた折りたたんで持ち歩けるエコバッグと、これからの季節に食品の持ち歩きに重宝する保冷バッグをご用意しています。
このほかにもちょっとした物の持ち運びに便利な不織布バッグや、キャンパス生地で丈夫なレッスンバッグもあります。
日常生活で持ち歩いて琴伝流大正琴をさりげなく宣伝していただけると嬉しいです。

(殞筌丱奪亜塀29cm×横29cm×マチ19cm) 税込価格600円
不織布バッグ(縦34cm×横28cm)マチなし 税込価格300円
エコバッグ(縦39cm×横34cm×マチ12cm) 税込価格500円
ぅ譽奪好鵐丱奪亜塀35cm×横28cm×マチ11cm) 税込価格1,000円

琴伝流オリジナルバッグ
2020.07.03 Friday | 琴伝流ニュース | -
7月の琴伝流の営業について
7月の琴伝流本社の営業は、6月同様に営業予定だった第2、第4土曜日を休業とするほかは通常営業します。
各本部教室も、引き続き感染予防対策を行って通常営業を行います。
ただし、本部は都合により不定期で臨時休業とする場合がありますので、本部にお越しの際は事前に営業をご確認ください。
先月から全国のほとんどの教室が再開し、琴伝流にも活気が戻りつつあります。
新型コロナウイルスの感染者が暫く発生していない地域も、油断せず感染予防の基本を実行して大正琴を楽しみましょう。
2020.07.01 Wednesday | 琴伝流ニュース | -
アマビエ大正琴バージョン待受けが新聞に掲載されました。
大正琴愛好者のお守り「アマビエ大正琴バージョン」の待受け画面の話題が新聞で紹介されました。
「アマビエ大正琴バージョン」の可愛いイラストが、多くの方の気持ちを前向きにしてくれることを願っています。

左:中日新聞(R2.6.21)、右:長野日報(R2.6.22)
アマビエ待受け(中日新聞・長野日報)
2020.06.30 Tuesday | 琴伝流ニュース | -
大正琴協会第8回通常総会が終了しました
6月18日(木)にオンラインにより「公益社団法人大正琴協会第8回通常総会」が開催されました。
今年は新型コロナウイルスが文化活動に長期に亘って影響を及ぼすことが予想されることから、少しでも大正琴の普及に携わる方々の負担軽減を図るため、令和2年度の正会員会費の免除に関する議案も諮られ、賛成多数で可決されました。
また、2年に一度の役員改選も行われ、琴伝流会長北林篤が副理事長に就任しました。
平成5年に4,500名の正会員で発足した大正琴協会は、愛好者の高齢化等により正会員が3,300名に減少し、活動の原資である年会費も減少しています。
これに今回の年会費免除が加わり、当面は活動もままならない厳しい状況での門出となりますが、大正琴音楽文化の発展を第一に、協会加盟非加盟に関わらず全ての大正琴愛好者が笑顔で充実した人生を過ごすため、公益社団法人副理事長としての役割を果たして参ります。
2年間よろしくお願いいたします。
2020.06.29 Monday | 琴伝流ニュース | -
「アフターコロナの文化活動要望書」が新聞に掲載されました
6月8日に駒ヶ根市に提出した「アフターコロナの文化活動要望書」が新聞に掲載されましたのでご紹介します。

アフターコロナ要望書(中日新聞R2.6.11)
中日新聞(R2.6.11)

アフターコロナ要望書(長野日報R2.6.9)
長野日報(R2.6.9)
2020.06.26 Friday | 琴伝流ニュース | -

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ