琴伝流からのお知らせ | 琴伝流大正琴

大正琴(たいしょうこと)の琴伝流(きんでんりゅう)。製造、販売、教室指導と全国規模で安心のフルサポート。身近な話題からギネス世界記録やマスコミ関連まで情報満載。

琴伝流は、アルト・テナー・ベース大正琴を開発し、従来の大正琴(ソプラノ大正琴)とのアンサンブルという新境地を切り開きました。


琴伝流からのお知らせ
第34回国民文化祭「大正琴の祭典」開催
11月10日(日)に、新潟県長岡市の長岡リリックホールで「天皇陛下御即位記念第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会」の「大正琴の祭典」が開催されました。
前半は「令和元年全国子供大正琴コンクール」の最終審査が行われ、全41個人・団体から一次審査を通過した16個人・団体による演奏が行われ、琴伝流の指導者が教える子供達が4部門中3部門で最高賞の文部科学大臣賞を受賞することができました。
子供コンクールを立ち上げた琴伝流の大正琴音楽文化を次世代へ継承する活動が実を結び、応募総数、最終審査出場数とも、琴伝流の指導者が教える個人・団体が半数前後を占めたことを嬉しく思います。
後半の大人の部には14団体が出演し、琴伝流からは地元新潟県のほか群馬県からも合わせて5団体が出演し、ソプラノ・アルト・テナー・ベースの4つの音域の大正琴アンサンブルの魅力を改めて示してくれました。
来年の国民文化祭「大正琴の祭典」は、11月8日(日)に宮崎県の宮崎市民会館で開催されます。
募集要項の詳細は宮崎県国民文化祭実行委員会または公益社団法人大正琴協会のホームページをご覧ください。

第34回国民文化祭「大正琴の祭典」1
大人顔負けの素晴らしい演奏を次々に披露した子供の部
第34回国民文化祭「大正琴の祭典」2
子供の部(全国子供大正琴コンクール)表彰式の様子
第34回国民文化祭「大正琴の祭典」3
一般の部で大正琴アンサンブルを奏でる琴伝流のグループ
2019.12.06 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
飯島中学校2年3組が少年警察ボラ研修で大正琴演奏
11月15日(金)に、少年警察補導員や少年指導員として活躍する民間ボランティア「長野県少年警察ボランティア協会」の研修会が、駒ヶ根市総合文化センターで開催されました。
この冒頭に飯島中学校2年3組の生徒が大正琴の演奏で華を添え、研修会が和やかな雰囲気でスタートしました。
飯島中学校2年3組は1年生の時からクラスで大正琴の演奏に取り組み、11月10日に新潟県で行われた国民文化祭「大正琴の祭典」の文部科学大臣賞の最終選考会にも予選を通過して出場しています。
琴伝流発祥の地・飯島町の中学生が大正琴で地域の注目を集めていることを嬉しく思います。

飯島中少年警察ボラ研修会演奏(中日新聞R1.11.20)
(中日新聞R1.11.20)
2019.12.03 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
兵庫県大会へお越しください
12月6日(金)に、姫路市の姫路市市民会館で「琴伝流大正琴第16回兵庫県大会」が開催されます。
この大会には、兵庫県と周辺の府県から今年の県大会最多となる76グループが出演し、賑やかな演奏会で令和元年を締めくくります。
平成の時代に出会った仲間と、令和の時代も大正琴で幸せな時間を過ごせるよう願いながら、心を込めてアンサンブルを奏でます。

「琴伝流大正琴第16回兵庫県大会」
  日時:令和元年12月6日(金)開演9:15、終演予定16:45頃
  会場:姫路市市民会館(姫路市総社本町112)
  入場料:無料

琴伝流大正琴第16回兵庫県大会プログラム表紙

琴伝流大正琴第16回兵庫県大会プログラム
2019.11.29 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
第13回琴伝流シニアコンサート開催
「第13回琴伝流シニアコンサート」が10月26日(土)に、奈良県斑鳩町のいかるがホールで開催され、事前審査を通過した35グループの熱演が繰り広げられました。
このコンサートでは9月と10月の台風15号・19号の被災地から参加のグループもあり、リハーサル時にほかのグループが様子を気遣う姿も見られたほか、ロビーで行った募金活動にも琴伝流大正琴の絆を感じました。
次回のシニアコンサートは令和2年11月18日(水)に鎌倉市の鎌倉芸術館で開催します。
初挑戦大歓迎。
「挑戦は元気の源」を合言葉に、多くの皆様のご応募をお待ちしています。

第13回琴伝流シニアコンサート1

第13回琴伝流シニアコンサート2
2019.11.26 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
伊那能会場で大正琴の体験と演奏風景上映
11月16日(土)に伊那文化会館で「第24回伊那能」が開催されました。
能面・装束の展示や抹茶席の接待が行われた開演前に、琴伝流がホワイエで大正琴体験と、食事コーナーで琴伝流の演奏風景の上映を行いました。
1月の東京にある国立能楽堂での演奏会を前に、地元で伝統文化とのコラボができたことを嬉しく思います。

第24回伊那能
2019.11.25 Monday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
長野県大会の義援金をお届けしました
10月19日に開催した「第40回長野県大会」会場で、ご来場の皆様から台風19号被害の義援金をお寄せいただきました。
会場で「長野県大会の義援金は長野県の被災者の支援に役立ててもらいたい」との声が多く寄せられたことから、11月6日に伊那市にある長野県伊那合同庁舎にお届けしました。
その他の大会等でお預かりした義援金は、12月6日の兵庫県大会終了後にまとめて日本赤十字社を通じて被災地支援にお送りします。

台風19号長野県大会義援金贈呈
2019.11.21 Thursday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
古い大正琴を寄贈していただきました
三重県の西川先生から、大正初期の発明間もない頃の古い大正琴を寄贈していただきました。
森田吾郎が発明した大正琴は天板に「大正琴」の文字がありますが、こちらは「大嘗琴」と書かれています。
胴の中ラベルに「考案者 三…(以下不明)」と森田吾郎でない名前があり、キー板を折り返して弦を押さえるほかに見ない構造となっていることから、初期ブームの後続メーカーの貴重な大正琴と思われます。
琴伝流では大正から昭和初期の大正琴を数多く保有し、大正琴の研究においても大きな貢献をしています。
今後も糸巻きが鉄芯構造の古い大正琴や古い楽譜がありましたら、ご寄贈いただければ幸いです。

大嘗琴1

大嘗琴2

大嘗琴3
2019.11.19 Tuesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
「第33回琴伝流コンサート」出場グループ募集
「第33回琴伝流コンサート」の出場グループを募集します。

 ◇期日・場所
  【in浅草】 令和2年6月24日(水)、浅草公会堂(東京都台東区)
  【in鹿児島】令和2年7月8日(水)、かごしま県民交流センター(鹿児島市)
 ◇応募締切 令和2年2月21日(金)必着
※その他詳細は琴伝流本社へお問い合わせください。
2019.11.18 Monday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
「らくらくレコーダー」は停電時にも活躍
この秋の台風災害では、一部の地域で停電が続き日常生活に大きな支障が出ました。
災害時の情報源としてAM放送と同じ番組が聞けるワイドFM搭載の「らくらくレコーダーDP401」は強い味方になります。
日常的に使っているものがそのまま使える点は大事なポイントです。
普段は大正琴のお稽古に、いざとなったら防災グッズとして「らくらくレコーダー」をお勧めください。

オリンパス「らくらくレコーダーDP-401」
「らくらくレコーダーDP401」 税込10,000円
2019.11.15 Friday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)
「第9回大正琴まつり」開催
「第9回大正琴まつり」が9月28日(土)に琴伝流本社で開催され、遠くは沖縄県のグループを含む過去最高の25グループ、約300名が出演して賑やかな一日を過ごしました。
演奏には大人の演奏に加えて地元赤穂南小学校大正琴クラブも参加して、文化ホールとは違う手作り感満載の舞台に普段とは違った緊張感があったようです。
演奏会場以外では、賞品が当たるクイズ、アウトレットコーナー、お土産コーナー、飲食コーナーと、人が絶えることなく過ごしていました。
特に社員が作った豚汁と、地元のローカルフード「五平餅」を焼く香ばしい香りが食欲をそそる飲食コーナーは、遠足にでも来たようなくつろぐ姿が見られました。
最後は恒例のじゃんけん大会で盛り上がって閉会。
次回の開催日は未定ですが、来年もふれあいを大切に、手作りで皆様をお迎えしたいと考えています。
演奏に参加しない方もぜひ遊びにお越しください。

琴伝流第9回大正琴まつり1

琴伝流第9回大正琴まつり2

琴伝流第9回大正琴まつり3
2019.11.13 Wednesday | 琴伝流ニュース | trackbacks(0)

最近のお知らせ
月別アーカイブ
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ